楽器買取
Nutube

デジマガ製品レビュー

製品レビュー一覧

  • Kigoshi / KT-001

     KIGOSHI Guitar'sは家具職人としても活躍されている木越孝之氏が、こだわりまくって仕上げるハンド...

  • KUROSAWA SOUND TOKYO / 焔-HOMURA-

     本場仕込みの確かなプレイが評判を呼び、数々のセッションやサポートで活躍する百戦錬磨の気鋭、後藤克臣。現場主義...

  • E-Ⅱ / M-Ⅱ SEVEN

     E-ⅡブランドはUSA ESPを中心に展開しているワールド・スタンダードなラインです。USA市場ではESPの...

9mm Parabellum Bullet Playing Rocksmith 2014

ギター上達への最短距離!音楽ソフト『ロックスミス2014』で腕を磨け!【後編】

9mm Parabellum Bulletによる音楽ソフト『ロックスミス2014』レビュー後編!

 普段、自分が愛用しているギターを使い、楽しみながらギターをプレイすることができる注目のゲーム・ソフト『ロックスミス』(PlayStation3/Xbox360/PC)の最新タイトルが登場!付属のリアルトーン・ケーブルをゲーム機やパソコンと接続するだけで、本格的なギター演奏を楽しむことができる画期的なソフトだ。さらなるパワーアップを果たした最新タイトル『ロックスミス 2014』を9mm Parabellum Bulletの滝 善充(g)、中村和彦(b)、かみじょうちひろ(d)が体験レポート!先月に引き続きその魅力を紹介していこう。今回はゲーム内に収録されたミニ・ゲームやシミュレーター・サウンドにスポットを当ててみた。

Guitarcade
〜効率よくスキルアップできる充実のミニ・ゲーム

 ギターを始めたばかりの初心者から、レベルアップを図りたい中級者などにオススメなのが、充実のラインナップを誇るミニ・ゲーム“ギターケード”だ。メインとなる“テクニック・ゲーム”モードには、音の強弱を弾き分けて障害物を避ける“Gone Wailin’!”、狙った弦をしっかりとピッキングすることで盗賊を倒す“String Skip Sallon”、敵のいるノートを順番に弾くことでスケールについて学ぶことができる“Scale Warriors”、画面に表示されたコードを正しく弾いてゾンビを倒していく“Return to Castle Chordead”など、11のミニ・ゲームを収録。どのゲームも弾き手を飽きさせないユニークな内容となっているので、退屈になりがちな基礎練習も楽しみながらプレイすることができるだろう。レトロなアーケード・スタイルが斬新! 自分のプレイ・テクニックに応じた得点も表示されるので、上級者はハイスコアを狙って腕を磨いてほしい!

  • ギターケード:Gone Wailin’!

  • ギターケード:String Skip Sallon

  • ギターケード:Scale Warriors

  • ギターケード:Return to Castle Chordead

Tone Designer
〜自分の好みにサウンドをカスタマイズ!

 ゲーム内に収録された高品位なシミュレーター・サウンドも大きな魅力のひとつ。ラーン・ア・ソング・モードでは、楽曲をセレクトするだけで実際の音源で聴けるギター・サウンドに類似した音色を自動で作ってくれるのもテンションが上がるうれしいポイントだ。
 さらに、トーンデザイナー・モードでは、マーシャルやオレンジ、ギブソンを始めとするさまざまなアンプや、歪み/空間/モジュレーションといった各種エフェクト・ペダルなどのリアルなサウンドを収録!ヘッドとキャビネットを自分の好みで組み合わせたり、さまざまなエフェクターを試しながら、オリジナルのトーンを作ることが可能なのだ。作った音は、セッション・モードなどに反映することもできるので、心ゆくまでたっぷりとサウンドメイクを楽しめる。

  • トーンデザイナー・モード:アンプ

  • トーンデザイナー・モード:エフェクト・ペダル

滝、中村、かみじょうのプレイング・インプレッション!

 前編に引き続き、滝、中村、かみじょうに『ロックスミス2014』をプレイしてもらった感想を語ってもらった。前編で公開中のインプレッション動画もぜひチェックしてほしい。

試奏を終えて

──いろんなテクニックを楽しみながら練習できるギターケードを遊んでみた感想は?
:すごくおもしろかったですね。今回、みんなでワーワー言いながら楽しんでやっていましたけど、かみじょうくんのやったペンタトニックの運指を練習するミニ・ゲーム(Scale Warriors)も、ただ弾いているだけで左手のフィンガリングの動きが整ってきて、目に見えて上達しているのがわかりましたからね。たったの5分くらいで露骨にうまくなっていったので“これはすごいな”と思いました。なのでビギナーの人はいろんなミニ・ゲームで腕を磨くのがオススメですね。
中村:ゲームの内容もシンプルでわかりやすかったですね。初めて楽器をやる人にもすごく親切だと思いました。
かみじょう:スーパーファミコンみたいなプレイ画面なので、大人から見たらレトロで懐かしいし、若い子たちには新しく見えると思うから、老若男女問わない、全天候型の名作ですね!
:そこはちゃんと屋内でやってください(笑)
中村:屋内でやるから全天候型と言えばある意味そうなんだけどね(笑)。

  • 指を狙ったフレット・ポジションにスライドさせることで忍者を走らせる“Ninja Slide N”に挑戦する滝(g)。さすがのテクニックで高得点をマーク!

入り口はすごく広いけど深くやり込めるので飽きない。───滝 善充

──音質はいかがでしたか?
:前作同様さすがに音はすごく良いですね。ゲーム内のプラグインでアンプやエフェクターを選んで細かく音作りができるんですけど、かなりいろいろいじれるから、機材が好きな人には最高のキットだと思う。
かみじょう:いろんなエフェクターを試してみたい人は、楽器屋に行かなくてもいろいろ試せますよね。で気に入ったのがあれば実際に買えばいいわけだからすごく便利。
中村:もうUBIさんが普通にエフェクターを作れば良いんじゃないか?って言うくらいすごくちゃんとしていますよね(笑)。
:本当に素晴らしい技術をお持ちなゲーム会社だと思います(笑)。

“楽器を弾く”ことの新しい楽しみ方だと思います。───中村和彦

──ちなみにロックスミスはどんな人にオススメですか?
:かみじょうくんのような“自称ビギナー”(笑)の方にはすごくオススメですね。エキスパートの人は、ハイスコアを目指すか、ひたすら爆音で弾きまくるといいんじゃないでしょうか(笑)。あとアンプ・シミュレーターをいじったり……。入り口はすごく広いけど、深くやり込める要素がかなりあるので、飽きないと思います。
中村:ゲームも好きで、バンドも好きで、楽器も好きならば、いろんな人に引っかかるんじゃないかなと思います。
かみじょう:ふたりモードだったら友達とやっても良いし、カップルで楽しむこともできるし……ひとりの人はセッション・モードを弾いていてもおもしろいと思いますね。

  • “Scale Racer”は、スケールを正確に弾けないと車がクラッシュしてしまうスリリングなゲーム。大きな盛り上がりをみせ、中村(b)は何度もコンテニューしながらプレイを楽しんでいた。

能書きはいい!やればわかるッ!───かみじょうちひろ

──改めてロックスミスの魅力を読者にひと言お願いします。
:ギターを楽しむための新たな可能性のひとつだと思います。モデリングで入っている音や機材も市販されているマルチエフェクター・レベルで充実してたし、やり込める部分がすごい多い。友達みんなで集まってわいわいやったらすごく楽しいと思います。しかも本物のギターやベースを使うので、ワイワイやっている間にうまくなったり、自然と普段は聴かないようないろんな音楽に触れたりできるのは大変素晴らしいと思いました。もしパソコン版をやるんだったら周辺機器にもこだわれますしね。ツアー先に持って行っても楽しめそう。
中村:やっぱ楽器を弾くということの新しい楽しみ方だと思うんですよね。僕らはバンドをやっていて、自分たちのやりたいことをやっているんですけど、それでもこの『ロックスミス』にはすごく新鮮な要素があって楽しめたので、楽器を弾くことの喜びを違う角度から見れるように感じました。なのでいろんな人が楽しめるゲームなんじゃないかと思います。
かみじょう:これはもう……ギター魂の起爆剤ですよ! 能書きはいい!やればわかる!そう“ドラマーが”断言します!(笑)本当におもしろかったです。

  • “Scale Warriors”に挑戦するかみじょう(d)。最初は指板を見ながらゆっくり弾いていたのが、数分でかなりスムーズなフィンガリングになっていったことに一同驚いていた。

製品情報

『ロックスミス2014』
■価格:8,880円(PlayStation3:リアルトーンケーブル同梱版/写真)
■価格:6,980円(通常版:PlayStation3/Xbox360/PC)
■発売日:発売中
■商品詳細:http://www.ubisoft.co.jp/rocksmith2014/
デジマートで『ロックスミス2014』を検索!


「ロックスミス2014」で商品を探す

アーティスト情報

■9mm Parabellum Bulletの結成10周年記念武道館ライブが開催!!!
国内屈指のライブ・アクトである9mm Parabellum Bulletが2014年2月7日(金)、8日(土)の2日間にわたり日本武道館で10周年記念ライブを敢行!!!大きな熱狂を生み出すパフォーマンスで素晴らしいライブ空間を作り出すことだろう。来場者には当日初披露される新曲のライブ音源CDもプレゼントされるそうなので、ぜひ会場へ足を運んでみよう!
【日本武道館ライブ公演日程】
2月7日(金):10th Anniversary Live「O」/ 2月8日(土):10th Anniversary Live「E」

問ディスクガレージ☎050-5533-0888

■9mm Parabellum Bullet 最新作
5th Album『Dawning

EMI Records Japan TOCT-29169