楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • e☆イヤホンの広報部長たっくんが“耳”に素敵な製品を紹介!

究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう 〜モデル選び&オーダー編

カスタムIEM(インイヤーモニター)

  • 文:岡田卓也(e☆イヤホン)
  • 写真提供:e☆イヤホン

イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」の広報部長・たっくんこと岡田卓也が話題のイヤホン・ヘッドホン製品を選りすぐって紹介する本連載コラム。前回に引き続き、カスタムIEMのオーダー手順をご紹介していきます。今回はインプレッション(耳型)採取後のモデル選びと実際のオーダーについてです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回記事の「究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう 〜インプレッション(耳型)採取編」ではカスタムIEMの耳型採取の様子をお伝えしました。引き続き今回は、カスタムIEMのモデル選びとオーダーの様子をご紹介したいと思います。その前にカスタムIEMについてもう一度簡単におさらいしておきましょう。

 数あるイヤホンの中でも、“究極のイヤホン”と言える『カスタムIEM(インイヤーモニター)』。アーティストがステージで使っている“イヤモニ”と言えばピンとくる方も多いと思います。ステージでのモニターでは従来からのモニター・スピーカー(コロガシ)を使用する場合がありますが、この方法だとスピーカーの前から離れられないなどのウィーク・ポイントがあります。それと比較して、カスタムIEMはワイヤレス・レシーバーを介して、ステージ上のどこでもモニタリングが可能であり、演出・移動の自由度を大幅に高めてくれます。

 最近ではカスタムIEMのブランドも増え、一般ユーザーのリスニングに向けたモデルも登場しており、益々盛り上がりを見せています。今月7/16(土)〜17(日)にはポータブル・オーディオの祭典「ポタフェス2016」が東京・ベルサール秋葉原で開催されます。カスタムIEMメーカーの出展はもちろん、e☆イヤホン・カスタムIEM専門店のブースではインプレッション採取会も実施予定。是非この機会にカスタムIEMの魅力に触れてみてください!

カスタムIEMをオーダーしよう! ~モデル選び&オーダー編

 前回記事で紹介したインプレッション(耳型)を採取できたら、いよいよイヤホン本体をオーダーします。e☆イヤホン・カスタムIEM専門店には、各ブランド全商品のサンプルが揃っていますので、まずは試聴して自分好みのモデルを選びましょう。2016年7月現在では、下記19ブランドのカスタムIEMのオーダーが可能となっています。

e☆イヤホン・カスタムIEM専門店には19ブランド全商品のモデルが揃っています。

気になるブランド/モデルがあればどんどん試聴してお気に入りを見つけてください!

モデル選び 〜e☆イヤホン・カスタムIEM取り扱いブランド一覧

※各ブランド/モデルの詳細はe☆イヤホン・ウェブサイトでご確認ください。
e☆イヤホン・カスタムIEM取り扱いブランド一覧

e☆イヤホンで購入

シェル&フェイスプレート選び

 オーダーしたいモデルが決まったら、続いてシェルとフェイスプレートを選びます。カスタムIEMではほとんどのメーカーが、シェルと呼ばれる耳の中に入る部分と、フェイスプレートという耳の外側の蓋の部分のカラー/デザインを自由に選ぶ事が出来ます。

 まずはシェルから選びます。シェルは耳の中に入る部分なので、装着してしまうとあまり見えなくなってしまいます。しかし、本体の中で最も面積が広い部分なので、仕上がりの印象に大きく関わる部分です。中のドライバー・ユニットが透けて見えるトランスルーセントのものや、ラメの入ったものなどなど、沢山の種類から選ぶことが出来ます。

ドライバーユニットが透けて見えるトランスルーセントのシェルも。仕上がりの印象を大きく左右する部分です。

 シェルが決まったら、続いてフェイスプレートを選びます。フェイスプレートにもかなり多くの種類があり、メーカー・ロゴはもちろん、独自のロゴや写真、デザインなども一部のブランドを除いて刻印・印刷することが可能です。耳に装着した際、外側に見える部分なので、慎重に選びましょう。

 オーダーシートに注文内容を記入し、採取したインプレッションと一緒に出せばオーダー完了です。後は完成を待つばかり! メーカーにもよりますが、1~3カ月程度で注文した製品が仕上がってきます。

モデル、シェルカラーを選択、名入れの刻印内容など必要事項を記入します。

ケーブルも音質を大きく左右する部分。わからないことはスタッフにどんどんご質問ください!

 このように様々な仕様とデザインを組み合わて、まさに自分だけの“1点モノ”をカスタム・オーダーできる究極のイヤホンがカスタムIEMです。そのフィット感と音を一度味わってしまうと、この世界から抜け出せなくなってしまうかも! とにかく一度は試聴して、カスタムIEMの世界に触れて欲しいと思います。次回は実際にオーダーしたカスタムIEMを使って、各ブランドの特徴をご紹介していきますのでお楽しみに!


究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう Pt.1 〜インプレッション(耳型)採取編


★こちらの記事もご参考ください!
クラムボンがカスタムIEMを製作体験!〜前編 @ e☆イヤホン[FitEar編]
クラムボンがカスタムIEMを製作体験!〜後編 @ e☆イヤホン[FitEar編]

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

カスタムIEM各種

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

岡田卓也(おかだ・たくや)
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」CS推進部課長。帰省時にイヤホンが断線し、たまたま購入したSHURE E2cでイヤホンにハマる。これまでに試聴したイヤホン・ヘッドホンの数は数千機種に及ぶ。日本人で初めて(おそらく)beats本社やUltimateEarsのラボ見学をしたことが自慢。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS