楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • e☆イヤホンの広報部長たっくんが“耳”に素敵な製品を紹介!

イヤホン・ブームの火付け役!SHUREの一番人気モデルSE215を聴いてみた!

SHURE / SE215シリーズ

  • 文:岡田卓也(e☆イヤホン)

今回のイヤホン☆王子の耳ログ!は、昨今のイヤホン・ブームに火を付けたと言っても過言ではない、イヤホンのド定番モデルSHURE SE215シリーズをフィーチャー。2011年の発売以降、常に売り上げ上位にランクインするSE215ですが、今月末には待望の新製品も登場! 本機の魅力を、我らがイヤホン☆王子ことたっくんがあらためてご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今さら聞けない!? イヤホンのド定番SHURE SE215とは?

イヤホンのド定番、SHUREイヤホン史上ベストセラーとなるSE215シリーズ。

 今回の耳ログ!では、イヤホン・ブームの火付け役となったと言っても過言ではない、SHUREで最も人気の高いイヤホンSE215シリーズをご紹介します! その前に、デジマート・マガジン読者にはすでに馴染み深いとは思いますが、SHUREというブランドをあらためてご紹介しておきましょう。

 SHUREは1925年に創業したアメリカに本社を持つ音響機器メーカー。特にマイクでは、今年で発売から50周年(!)となる名機、SM58などの音楽業界スタンダードとなる製品を持ち、多くのエンジニア、オーディオ・ユーザーに愛されるブランドとして有名です。イヤホンではEシリーズを皮切りに、iPodなどのデジタル・オーディオプレイヤーの普及と共に、今日のイヤホン・ブームの礎となったブランドの一つです。また、いわゆる「シュア掛け」と呼ばれるイヤホンの装着方法を世に広めたのもSHUREと言われています。今ではお馴染みとなった、ケーブルを耳の後ろに通して装着する方法ですが、イヤーパッドを正しくフィットさせることで遮音性と音質を高め、ステージでの激しいパフォーマンスでも外れにくいといったメリットがあります。

 さて、そんなSHUREが2011年4月にリリースしたSE215は、発売以降SHUREのイヤホン史上ベストセラーとなったイヤホン。発売当初は約1万円の価格ながら、MMCXコネクターを採用しケーブル着脱を可能とし、上位機種と同じ機能を兼ね備え、SHUREらしいサウンドを楽しめる機種として高い注目を集めてきました。現在までのシリーズ・ラインナップとしては、SE215 Special Editionの他、今月末(2016年9月末)にはリモコンマイクを備えた新モデルがバリエーションに加わり、合計3モデルとなります。

イヤホン・ブームの産みの親! SE215

SHURE / SE215(クリア)

e☆イヤホンで購入

 2011年4月の発売以降、イヤホンのトップ・ランナーの一つとして人気を集める、ラインナップの中で一番スタンダードなモデル。通常のイヤホン・ケーブルの長さが120cmなのに対し、本機は162cmのケブラー素材で強化された断線しにくいケーブルを採用。ミュージシャンのライブでの使用や、機材に繋げても丁度良い長さとなっています。カラーはクリアとトランスルーセント・ブラックの2色が展開されています。

 モニタリングにも使用できる高い解像度と、バランスの良い音が特徴です。違和感のない素直なサウンドで、高域から低域にかけて少し大人しい印象。長時間使用しても聴き疲れせず、音の輪郭が少し柔らかめです。幅広いジャンルに対応し、万能に使用できるイヤホンです。

 e☆イヤホン90秒商品紹介動画もご参考にどうぞ!

SHUREイヤホンの人気を後押しした限定モデル! SE215 Special Edition

SHURE / SE215 Special Edition

e☆イヤホンで購入

 2012年11月に登場したトランスルーセント・ブルーのボディ・カラーが鮮やかなアジア限定モデルです。標準モデルと比較して46cm短い116cmのケーブルが採用されているため、普段使いに最適な長さで、ポケットに入れて使用するのに適しています。

 通常のSE215と比較して低域が強化され、標準モデルよりもリスニングに振ったモデルとなっています。SE215よりも音ヌケが少し良くなり、より空間の広がりを感じることができるイヤホンです。ベースやドラムなど低域を求める方、EDMやロックなどとの相性が良いです。

 e☆イヤホン90秒商品紹介動画もご参考にどうぞ!

待望のリモコンマイクを搭載して新登場! SE215m+ Special Edition

SHURE / SE215m+ Special Edition

e☆イヤホンで購入

 iPhoneやiPod touchなどiOS機器を使用するユーザーに向けてデザインされた新色ホワイトのSE215m+ Special Editionは、2016年9月末発売予定のシリーズ最新機種です。127cmのケーブルには3ボタンのリモコンマイクが搭載されており、SE215シリーズの中で最も普段使いに適したモデルです。このモデルのみストレートプラグが採用されています。

 サウンドはSE215 Special Editionと同じチューニングが施されており、輪郭のはっきりとしたメリハリあるサウンドです。iPhoneなどのiOSでの使用が想定されていますが、十分高音質に音楽を楽しめるイヤホンです。

どんな耳にもピッタリ! 付属のイヤーパッドが充実

 SE215シリーズの付属品は各モデル共通で、ソフト・フレックス・イヤーパッド(S, M, L)、フォーム・イヤーパッド (S, M, L)、キャリングポーチまで付属する充実の内容です。特にフォーム・イヤーパッドは、低反発で密度の高いスポンジの様な素材でできたイヤーチップで、低反発のスポンジが耳の中で元の形に戻り、耳形にピッタリと合うことで最大37dBも周囲の音を遮音し、低域がより聴き取りやすくなります。

付属品のソフト・フレックス・イヤーパッド(左)とフォーム・イヤーパッドは好みに合わせて。

メッシュ素材のキャリングポーチも付属。

 また、全てのモデルにMMCXコネクターを採用し、ケーブル交換が可能となっている点も見逃せません。MMCXのコネクター部が360度回転するのでケーブルに負担がかかりにくく、ケブラーを使用しているためケーブルの耐久性が高く断線などのトラブルも非常に少ないのが特徴です。

全モデルMMCXコネクター採用で、ケーブルの交換も楽しめる。

 発売から5年が経過した今もマイナーチェンジを怠りません。イヤーピースにはワックスガードを採用し耳垢の本体への侵入を防いだり、接点面積の少ないMMCXコネクターに接触不良が起こらない様に、金属製のワッシャーを追加するなど、同価格帯のイヤホンの中でも抜群に高い完成度を誇ります。

自分だけのイヤーピースでカスタマイズもおすすめ!

 e☆イヤホンでは耳型から作るSHURE SEシリーズ対応のイヤーピース『eA-R38』も取り扱っています。イヤモニは高くて手が出せない!という方も、この『eA-R38』を使えばカスタム・イヤモニ同等の装着感に! さらに遮音性が上がり、定位感も良くなります。SE215の本体価格よりも高い¥15,000(税込)となりますが、¥30,000以内で自分にジャストフィットするイヤモニを作ることができます。是非お試しください!

自分だけのジャストフィットを求めるなら、e☆イヤホン・オリジナルのカスタムイヤーピース「eA-R38」もオススメ!

SE215 Special Editionへの装着例。本体と合わせても¥30,000以内で製作できます!

e☆イヤホンで購入

 今回SHUREのベストセラー・イヤホンSE215の3モデルを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。モニタリングにも最適な高い解像度と、バランスの良い音、充実のオプションで幅広いユーザーに人気のシリーズにリモコンマイク搭載の新製品が加わったことで、さらに幅広いニーズに対応可能となりました。どれを買おうか悩んでしまうかもしれませんが、モニタリング用として、ステージ上でミックス用として使用するのであればSE215を。リスニング用として使用するならSE215 Special Edition。そして通話も手軽なリモコンマイクが欲しいならSE215m+ Special Editionを選ぶのが良いと思います。ご自身の好みに合わせてSE215を選んでみてください!


☆関連記事:
【Shure/SE215m+ Special Edition】リモート+マイク・ケーブルを新装備した超人気定番イヤホン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

SHURE / SE215シリーズ

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

岡田卓也(おかだ・たくや)
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」CS推進部課長。帰省時にイヤホンが断線し、たまたま購入したSHURE E2cでイヤホンにハマる。これまでに試聴したイヤホン・ヘッドホンの数は数千機種に及ぶ。日本人で初めて(おそらく)beats本社やUltimateEarsのラボ見学をしたことが自慢。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS