楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 週刊ギブソン Weekly Gibson〜第133回

ギブソン最新仕様モデル、レス・ポール・スタンダード2017 HP

Gibson USA / Les Paul Standard 2017 HP

  • 実演・文:井戸沼尚也 動画撮影・編集:熊谷和樹 写真撮影:八島崇 録音協力:加藤和彦(オンキヨー) 取材協力:Gibson Brands Showroom TOKYO

ギブソンUSAは、2017年モデルとして各部をブラッシュアップしたトラディショナル・シリーズ/ハイ・パフォーマンス・シリーズのモデルを多数発表しました。2017年最初の週刊ギブソンでは、上記の中でも現在のギブソンの最新仕様レス・ポールと言えるハイ・パフォーマンス・シリーズの最高峰、Les Paul Standard 2017 HPを紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

使用アンプ:マッチレスSpitfire '15(ヘッド)+マーシャル1960A(キャビネット)
使用シールド:ギブソンInstrument Cable

最新型ハイ・パフォーマンスのフラッグシップ・モデル
Les Paul Standard 2017 HP

 レス・ポール・スタンダード2017 HPは、ギブソンUSAの最先端技術を導入したハイ・パフォーマンス・シリーズのフラッグシップ・モデルです。AAAAグレードのフレイム・メイプル・トップに、クローム・エスカッションとクローム・トップ・ハット・ノブを組み合わせた、ゴージャスかつモダンなルックスがHPの最高峰であることを示しています。

 本器は、話題となった2016年の同モデルからGフォース・チューナー、4プッシュ/プル(タップ、スプリット、フェイズ、コイル・セレクション)、コントロール内部の5ポジションDIPスイッチ(ネックPUのタップ/スプリット、ブリッジPUのタップ/スプリット、ネックPUのトレブル・ブリード・コントロール、ブリッジPUのトレブル・ブリード・コントロール、トランシェント・サプレッション)といった機能を受け継ぎつつ、次の点が変更されています。

◎軽快な鳴りとロング・サステインを生み出すアルミニウムTOMブリッジ(チタン・サドル、ロッキング・スタッド)、アルミニウム・ストップ・バー・テイルピース(ロッキング・スタッド)
◎新設計のウルトラ・モダン・ウェイト・リリーフ
◎最初から手に馴染むロールド・エッジ・バインディング
◎モダンな雰囲気を醸し出すクローム・パーツ

コントロール内部の5ポジションDIPスイッチ

ロッドカバー、ペグともにクローム・パーツを使用

アルミニウムTOM&ストップ・バー、クロームで統一されたエスカッション&コントロール・ノブ

ハイポジの演奏性を考慮したファスト・アクセス・ネックヒール

 その他、手軽に高さの調節が可能でより正確なイントネーションとロング・サステインに好影響を与えるチタン製ゼロ・フレット・アジャスタブル・ナット、ハイ・ポジションが弾きやすいファスト・アクセス・ヒール・ジョイントなどの仕様は、2016バージョンと同様です。また、好評だったアルミニウム・ハードケースが付属するのも嬉しいポイント。

最先端かつ実用的な機能が満載!

 レス・ポール・スタンダード2017 HPに搭載されている機能は、最先端であり、かつ実用的なものです。

 まずGフォース・チューナーは、チューニングの精度が高く、スピードも速いので全くストレスを感じません。常にチューニングが合ったギターで練習すると音感も鍛えられるので、その意味でも素晴らしい機能です。コイルタップ/スプリットのサウンドも非常に使える印象です。コイルタップはフィルターによるタップ・サウンド、コイルスプリットは文字どおりコイルを分割してシングルコイルのサウンドをアウトプットします。タップかスプリットかはボディ裏面・内部のDIPスイッチで選択でき、手元のノブではタップorスプリットのオン/オフを操作できます。例えばスプリットに設定して歯切れの良いカッティングでバッキングを行ない、ソロは手元の操作一発で図太いハムバッカー・サウンドを創出する──といった使い方で、特に威力を発揮しそうです。

 派手さはありませんが、DIPスイッチの3、4のトレブル・ブリード・コントロールも嬉しい機能です。これはフロント、リアそれぞれのボリュームにハイパス・フィルターを増設できるものと考えてください。例えば、バッキングで少しボリュームを落とすと高域が削れ、ギターの音が埋もれてしまう場合があります。そんな場合に、事前にこのスイッチを入れておけば、ボリュームを絞っても高域が落ちないため、バッキングの音が埋もれません。その他にもたくさんの機能がありますが、どれもプレイヤー視点からの実用的なものだという点が特徴です。

圧倒的な弾きやすさも本器の魅力

 本器の魅力は機能面だけにとどまりません。本器を手にすれば、誰でもその圧倒的な弾きやすさを実感できるはずです。握りやすい非対称のスリム・ネックに、指板はコンパウンド・ラジアスで仕上げられ、さらにファスト・アクセス・ヒール・ジョイントの効果も相まって、ロー〜ハイ・ポジションまで実に楽に弾けます。さらに2017年モデルから取り入れられたロールド・エッジ・バインディングの効果で最初から手に馴染むのですから、その弾きやすさにはさすが2017年HPの最高峰と唸らされます。

 サウンドについては、モダン・テイストのハムバッカー・サウンドから、クリアでブライトなスプリット・サウンドまで非常に幅広く、演奏者が望む音を作り出せます。どの音も機能面解説で述べたように“使える音”で、特に1本でライブを通して演奏しなければならないような場合には、最高のギターだと思います。

 ハイ・パフォーマンス・シリーズの新しいフラッグシップ・モデル──その実力を、ぜひご自身の手で確かめてみてください。


※次回の週刊ギブソン〜Weekly Gibsonは2017年1月13日(金)更新を予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Gibson USA / Les Paul Standard 2017 HP

価格:¥434,000 (税別)

【スペック】
■ボディ:AAAAフレイム・メイプル・トップ/マホガニー・バック(ウルトラ・モダン・ウェイトリリーフ) ■ネック:マホガニー ■指板:ローズウッド ■フレット:22 ■ピックアップ:バーストバッカー・リズム・プロ(フロント)、バーストバッカー・リード・プロ+(リア) ■コントロール:ボリューム×2(w.コイルタップ/スプリット)、トーン×2(w.フェイズ/バイパス)、3ウェイ・ピックアップ・セレクター ■フィニッシュ:ヘリテイジ・チェリー・サンバースト(写真)、バーボン・バースト、ハニー・バースト、ブルーベリー・バースト
【問い合わせ】
ギブソン・ジャパン http://www.gibson.com/
デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS