楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • BOSS コンパクト・エフェクター40周年記念企画

「教科書どおりのハイ落ちしない良質なバッファーです」by 和嶋 慎治

BOSS / CE-2W(Chorus)〜技 WAZA CRAFT〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

購入キャンペーン「JC-01」を10名様にプレゼント!(2017/4/13まで)

 初めてBOSSを買ったのは高校1年生。1981年くらい。フェイザーですね。もちろん、その後OD-2やMT-2などの歪み系なども買いましたよ。僕はエフェクターの自作を中学生の頃からしているんですけど、MT-2の登場は革命的でした。回路にアクティブ・トーン・サーキットを、EQにフリケンシー・ツマミを搭載していて、中域をすごくいじれるようになっているんですよね。それからほかのメーカーが同じような仕様の歪みエフェクターを出し始めたんです(笑)。僕もMT-2をアレンジしたものを作ったことがありましたけど、すごく難しかった。それまでのディストーションの常識を打ち破るような豪華な回路を、あの小さな筐体に収めるのが大変でしたね。でも、かなり参考になりました。

所有エフェクター「CE-2W(Chorus)〜技 WAZA CRAFT〜」

BOSS CE-2W(Chorus)〜技 WAZA CRAFT〜/ギター・マガジン本誌の新製品を紹介するコーナーの“ニュー・プロダクツ”で試奏し、あまりのクオリティの高さに購入した1台。CE-1のビブラート・モードで使用。 > デジマートでこの商品を探す

BOSS CE-2W(Chorus)〜技 WAZA CRAFT〜セッティング/クリーン気味の音色で、幻想的なアルペジオを弾く際にオンにする。

 僕は以前CE-1を持っていたんですけど、CE-2WのCE-1モードのコーラスは実機と同じ音がしましたね。それと、CE-1のビブラート・モードがものすごく良いんですよ。ユニ・ヴァイブ系のビブラートよりももっと気持ち悪く、なおかつ音楽的なサウンドなんです。とてもアナログらしい太い音で、“これは今までのコンパクト・エフェクターとは違う”と思いましたね。普段はビブラート・モードにして、クリーン気味のアルペジオを弾く時に使います。最近手に入れたので、今後はレコーディングでも使おうかなと思っていますね。

■所有エフェクター「PSM-5(Power Supply&Master Switch)」

BOSS PSM-5(Power Supply&Master Switch)/パワーサプライ&マスター・スイッチ。和嶋はセンド/リターンにボード内のエフェクターをつなぎ、一瞬でアンプ直の音と切り替えられるようにしている。  > デジマートでこの商品を探す

 一番好きなのはPSM-5。僕はボードの中のエフェクターをすべてループさせて、アンプ直の音と一瞬で切り替えられるようにループ・スイッチャーとして使っています。それと、これはバッファーが良いんですよ。僕はいくつもエフェクターを自作してきたからわかりますけど、BOSSは本当に教科書どおりのハイ落ちしない良質なバッファーだと思っています。

 BOSSはハズレがないんですよ。音が破綻していないから、どのエフェクターも必ず使いどころがある。それは手に取るミュージシャン次第でオーソドックスにも、過激なサウンドにもできるし、その振り幅の広さが魅力ですね。僕的には、BOSSは決して無難でもないし、こぢんまりともしていないメーカーだと思っています。要は懐が深いんですよ。だから誰でも扱える音が出せる。なので、僕はこれからもBOSSのお世話になっていきたいと思っております(笑)。




40人のプロ・ギタリストが語るBOSSコンパクト・エフェクター愛[記事一覧]
このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

プロフィール

和嶋 慎治(人間椅子)
わじま・しんじ。1965年生まれ。青森県出身。87年に人間椅子を結成。日本の近代文学から着想を得た歌詞とブラック・サバスやキング・クリムゾンを通過したハードなサウンドの融合が話題を呼び、90年にメジャー・デビュー。また、エフェクターにも造詣が深く、自作も手がける。2017年2月には初の自伝『屈折くん』(シンコーミュージック刊)が刊行された。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS