楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • 現代のギター&ボーカルにも最適な1930年代ルックスのお洒落なエレアコ

Rei meets Epiphone Masterbilt Century Collection

エピフォン・マスタービルト・センチュリー・コレクション

戦前から続くブルースを愛し、それらを現代の音楽に再配置していくReiと、1930年代に製作が始まったモデルを現代的な仕様で復刻した、エピフォン初のアーチトップ・エレクトリック・アコースティック・シリーズ=Masterbilt Century Collectionが出会った。30年代当時の音楽と現代の音楽の両方を奏でるReiが、双方の視点で各モデルを試奏する。ブルースやジャズを嗜む紳士淑女にも、弾き語りやバンド・スタイルで現代の音楽を奏でるプレイヤーにもオススメできる本シリーズは要チェックだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Rei × Epiphone Masterbilt Century Collection

Masterbilt Century
De Luxe Classic

Epiphoneフルアコの礎となった代表モデル

 1931年から始まったマスタービルト・アーチトップの代表器種、De LuxeはEpiphoneフルアコの礎を築いたモデルだ。当時のスタイルを踏襲した本器はポジション・マークやヘッド・インレイなど、クラシカルなデザインながら、ピックアップにナノフレックスHD、プリアンプにeソニックHDを採用した現代のエレクトリック・アコースティック・ギター。ソリッド・スプルースとフレイム・メイプルのボディは21インチという大きめのサイズで、がっしりとしたCシェイプの5Pラミネイテッド・ハード・メイプル/マホガニー・ネックも相まって、生音でも十分な音量と豊かな胴鳴りが得られる。

Masterbilt Century De Luxe Classic / 価格:127,000円

Masterbilt Century De Luxe Classic(バック)

Masterbilt Century De Luxe(ラウンド・サウンド・ホール・モデル)

ビンテージのピック・ギターらしい太めのCシェイプ・ネック。音の鳴りも太く、ほどよいグリップ感を演出している。

fホール内部に配置されたコントロール類。レトロな外観を損なわないことに加え、エレキ・ギターとも近い配置なので慣れれば使いやすいだろう。

[SPECIFICATIONS]
●ボディ:ソリッド・スプルース(トップ)/ラミネイテッド・フレイム・メイプル(バック&サイド)●ネック:5Pラミネイテッド・ハード・メイプル/マホガニー ●指板:エボニー ●フレット:20 ●スケール:25.5インチ ●ボディ・サイズ:12.6インチ(上幅)、10.25インチ(中幅)、17インチ(下幅)、21インチ(ボディ長)●エレクトロニクス:eソニックHD(プリアンプ)/シャドウ・ナノフレックスHD(ピックアップ)●コントロール:マスター・ボリューム×1、マスターEQ×1 ●ブリッジ:フローティング・アジャスタブル・エボノイド ●ペグ:ヒストリック・エピフォン・リイシュー・チューナー ●カラー:ビンテージ・サンバースト、ビンテージ・ナチュラル(写真) ●付属品:エピフォン・オリジナル・ギグバッグ
◎価格:127,000円

デジマートでこの商品を探す

Rei’s Comment

 女性が大きい車を乗りこなすのがカッコいいように、これくらい大きいボディのギターを弾く女性はカッコいいですよね。男性にはちょうどいいくらいだと思うんですが、エレキに慣れている女性には少しネックが太いかもしれません。でも、太いネックのギターって音の厚みが違うんですよ。これで慣れておくといろんなネックや音色のギターが弾けるようになるので、そういった意味でもこのギターを手に入れるのはオススメ。
 サウンドは音域の分離感があるので、ラグタイムのようなコードと主旋律が分かれたほうがきれいに響く音楽にはこれくらい大きいギターが合うんですよね。

Masterbilt Century
Zenith

どんなジャンルにも合うユーティリティ・モデル

 もっともスタンダードなボディ・サイズを持ち、1931年の登場から1970年頃まで後継機種が生産されていた息の長いモデルが本器のベースとなったZenithである。バック&サイドにウォルナットを採用していたモデルも存在したが、このZenith、Zenith Classicは発売当初と同様に、フレイム・メイプルを採用し、カラッとした香ばしいサウンドを演出してくれる。スノーフレイク(舞い落ちる雪)をイメージしたインレイもおしゃれで、レトロなクラウン・ボタンをあしらったペグなど、外観もグッド。老若男女問わず、弾きやすくステージ映えもする1本である。

Masterbilt Century Zenith / 価格:104,000円

Masterbilt Century Zenith(バック)

Masterbilt Century Zenith Classic(fホール・モデル)

指板上にあしらわれたインレイは“スノーフレイク(舞い落ちる雪)”と題され、シンプルながらクラシックな雰囲気を演出している。

こちらはラウンド・サウンド・ホール内に配置されたコントロール。ピックアップは全モデル統一でサドル下にマウントされている。

[SPECIFICATIONS]
●ボディ:ソリッド・スプルース(トップ)/ラミネイテッド・フレイム・メイプル(バック&サイド)●ネック:5Pラミネイテッド・ハード・メイプル/マホガニー ●指板:エボニー ●フレット:20 ●スケール:25.5インチ ●ボディ・サイズ:11.6インチ(上幅)、9.4インチ(中幅)、16インチ(下幅)、20.125インチ(ボディ長)●エレクトロニクス:eソニックHD(プリアンプ)/シャドウ・ナノフレックスHD(ピックアップ)●コントロール:マスター・ボリューム×1、マスターEQ×1 ●ブリッジ:フローティング・アジャスタブル・エボノイド ●ペグ:ヒストリック・エピフォン・リイシュー・チューナー ●カラー:ビンテージ・サンバースト(写真)、ビンテージ・ナチュラル ●付属品:ピックガード、エピフォン・オリジナル・ギグバッグ
◎価格:104,000円

デジマートでこの商品を探す

Rei’s Comment

 マスタービルト・センチュリー・コレクションの中では、一番バランスの取れた音という印象です。特にバー・コードでカッティングをした時に、すべての音域が均等に出ますね。今回弾いた3本の中で唯一のラウンド・サウンド・ホールだったので、音が前へ出ていく感じがありました。
 あと、ボディのサイズ感やネックの太さなど、楽器の総合的な形もバランスが良くて弾きやすかったです。どのレンジもカバーしているし、音も前にいくので野外やストリートで弾き語りする人にもオススメ。fホールの同Classicはこれよりもう少しスモーキーな印象ですね。

Masterbilt Century
Olympic

抜けの良いサウンドの小柄なアーチトップ・ギター

 エピフォンのOlympicと聞くと、エレクトリック・ギターを想像する人もいるかもしれないが、1931年から1949年まで生産されていたMasterbilt Century Olympicはシリーズ内でもっとも小柄なボディ・サイズを持つアーチトップ・ギターだ。こちらは、ほかの2モデルとは異なり、バック&サイドにマホガニーを採用した30年代当時と同様の材構成で、温かみがありながらも抜けの良いサウンドが得られる。全モデル共通だが、縦方向のブレーシング構造のソリッド・スプルース・トップのボディは弾き込むことで音のエイジングを楽しめるのもポイントだ。

Masterbilt Century Olympic / 価格:85,000円

Masterbilt Century Olympic(バック)

ヘッドの意匠は豪華で、本コレクションのために復刻されたヒストリック・リイシュー・ペグのクラウン・ボタンも印象的だ。

クラシカルな雰囲気を醸し出すトラピーズ・テイルピースとエボノイド製フローティング・アジャスタブル・ブリッジ。

[SPECIFICATIONS]
●ボディ:ソリッド・スプルース(トップ)/ラミネイテッド・マホガニー(バック&サイド)●ネック:5Pラミネイテッド・マホガニー ●指板:ローズウッド ●フレット:20 ●スケール:25.5インチ ●ボディ・サイズ:10.5インチ(上幅)、8.75インチ(中幅)、14.5インチ(下幅)、19.25インチ(ボディ長)●エレクトロニクス:eソニックHD(プリアンプ)/シャドウ・ナノフレックスHD(ピックアップ)●コントロール:マスター・ボリューム×1、マスターEQ×1 ●ブリッジ:フローティング・アジャスタブル・エボノイド ●ペグ:ヒストリック・エピフォン・リイシュー・チューナー ●カラー:ハニー・バースト、ヴァイオリン・バースト(写真)●付属品:エピフォン・オリジナル・ギグバッグ
◎価格:85,000円

デジマートでこの商品を探す

Rei’s Comment

 ボディが一番小さいというのもあって、今回弾いた3本の中では一番きらびやかな音がしました。ハイが美しく響くので、アンサンブルの中で弾くことに適していると思います。どうしてもDe Luxeのようなリッチさも欲しくなるのですが、バンドでアコギを弾く方にはこっちのキラッとした音のほうがオススメです。カッティングをしてもタイトで、ブラッシングの機微もきれいに響きますね。あと、男声やミッド/ローがリッチな声の方は、ハイを補うためにこのギターを選ぶのもいいと思います。ルックスもはっきりとした2トーンのサンバーストが、より渋い感じでカッコいい!

Rei's Total Impression

それぞれに相性の良い曲調があると思います

 今回試奏した3モデルはそれぞれ少しずつ音像が違うので、いろんなジャンルの音楽を聴いてきた方のニーズに応えられるラインナップだと思います。温故知新というか、古いものでもあまり知られていない素晴らしい音楽があるように、楽器も、世代によっては親しみがなくても知ってみれば素晴らしいと思えるものがあるんです。スタイルは1930年代のいわゆるアーチトップ・ギターなのですが、音やプレイアビリティは現代に落とし込まれている。そういう意味では“古くても良い音楽を伝えたい”という、私の音楽に対する姿勢と近い部分を感じました。ピックアップも純粋に音量だけを上げてくれて、楽器が持つ本来の個性を素直に増幅してくれるような印象でした。
 あと、見た目がかわいい。バーストでもバリエーションがあって、2トーンのものやナチュラルのもの、最初は好きな見た目のものを選ぶのもいいと思います。ファッションを重視している女性の方にもオススメです。もちろん音にこだわりを持っている、長く音楽を聴いてきた方にも、音色の幅が広いのでオススメです。シリーズの中でいろんなジャンルに対応できる音が網羅されていると思いました。なので、特に“○○世代にオススメ”っていうのは言えないですね。それぞれ得意な音域が違うので、相性のいい曲調があると思うんですよね。ぜひ店頭で自分が普段弾いている曲をそれぞれのシリーズで弾いてみて、一番相性がいいモデルを選ぶといいと思います。

Rei ライブ情報

3月24日(金)Reiny Friday -Rei & Friends- Vol.6

『雨が降る夜。せっかくの金曜日なのに外に遊びに行けない。
そんな時は友達を呼んでJAMするよ!君も遊びにおいでよ。』
Act:Rei
Friends:土岐麻子
Place:shibuya duo MUSIC EXCHANGE
Price:¥3,500(+1 Drink)https://goo.gl/PBuUjg
Information:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

ギター・マガジン2017年4月号発売中!

ギター・マガジン2017年4月号 本記事は、リットーミュージック刊『ギター・マガジン2017年4月号』の特集記事「Rei meets Epiphone Masterbilt Century Collection」を流用したものです。また本号では「恋する歌謡曲。」と題して、歌謡曲黄金期の70〜80年代歌謡曲を“ギター目線”で掘り下げるギタマガ初の歌謡曲大特集を掲載しています。40年ぶりに実現した野口五郎とCharの特別対談や、ギタリストが選ぶ“ギターがカッコいい”歌謡曲名選など、104ページ総力特集をお楽しみください。そして今年で誕生40周年を迎えるBOSSコンパクト・エフェクターへの愛を40人のプロ・ギタリストが語る特集記事など、必見の内容となっています。

ギター・マガジン2017年4月号の詳細はこちらから!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Epiphone / Masterbilt Century De Luxe & De Luxe Classic

価格:¥127,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:ソリッド・スプルース(トップ)/ラミネイテッド・フレイム・メイプル(バック&サイド)●ネック:5Pラミネイテッド・ハード・メイプル/マホガニー ●指板:エボニー ●フレット:20 ●スケール:25.5インチ ●ボディ・サイズ:12.6インチ(上幅)、10.25インチ(中幅)、17インチ(下幅)、21インチ(ボディ長)●エレクトロニクス:eソニックHD(プリアンプ)/シャドウ・ナノフレックスHD(ピックアップ)●コントロール:マスター・ボリューム×1、マスターEQ×1 ●ブリッジ:フローティング・アジャスタブル・エボノイド ●ペグ:ヒストリック・エピフォン・リイシュー・チューナー ●カラー:ビンテージ・サンバースト、ビンテージ・ナチュラル ●付属品:エピフォン・オリジナル・ギグバッグ
【問い合わせ】
ギブソンジャパン http://www.epiphone.jp/
デジマートでこの商品を探す

Epiphone / Masterbilt Century Zenith & Zenith Classic

価格:¥104,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:ソリッド・スプルース(トップ)/ラミネイテッド・フレイム・メイプル(バック&サイド)●ネック:5Pラミネイテッド・ハード・メイプル/マホガニー ●指板:エボニー ●フレット:20 ●スケール:25.5インチ ●ボディ・サイズ:11.6インチ(上幅)、9.4インチ(中幅)、16インチ(下幅)、20.125インチ(ボディ長)●エレクトロニクス:eソニックHD(プリアンプ)/シャドウ・ナノフレックスHD(ピックアップ)●コントロール:マスター・ボリューム×1、マスターEQ×1 ●ブリッジ:フローティング・アジャスタブル・エボノイド ●ペグ:ヒストリック・エピフォン・リイシュー・チューナー ●カラー:ビンテージ・サンバースト、ビンテージ・ナチュラル ●付属品:ピックガード、エピフォン・オリジナル・ギグバッグ
【問い合わせ】
ギブソンジャパン http://www.epiphone.jp/
デジマートでこの商品を探す

Epiphone / Masterbilt Century Olympic

価格:¥85,000

【スペック】
●ボディ:ソリッド・スプルース(トップ)/ラミネイテッド・マホガニー(バック&サイド)●ネック:5Pラミネイテッド・マホガニー ●指板:ローズウッド ●フレット:20 ●スケール:25.5インチ ●ボディ・サイズ:10.5インチ(上幅)、8.75インチ(中幅)、14.5インチ(下幅)、19.25インチ(ボディ長)●エレクトロニクス:eソニックHD(プリアンプ)/シャドウ・ナノフレックスHD(ピックアップ)●コントロール:マスター・ボリューム×1、マスターEQ×1 ●ブリッジ:フローティング・アジャスタブル・エボノイド ●ペグ:ヒストリック・エピフォン・リイシュー・チューナー ●カラー:ハニー・バースト、ヴァイオリン・バースト ●付属品:エピフォン・オリジナル・ギグバッグ
【問い合わせ】
ギブソンジャパン http://www.epiphone.jp/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

Rei
シンガー・ソングライター/ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシック・ギターをはじめ、5歳でブルーズに出会う。FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SXSW Music Festival、JAVA JAZZ Festivalなどの国内外のフェスに多数出演。2016年9月トリロジーの最終章となる3rd Mini Album『ORB』をリリース。

HP:http://guitarei.com/
Twitter:https://twitter.com/guita_rei
Instagram:http://instagram.com/guita_rei
Facebook:https://www.facebook.com/guitarei.official
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCSO-mZgVBijvtDoQd3HAthg

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS