楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 厳選された希少材を惜しげもなく使用し、ピッキングに全て追従してくる音楽的なギター

Kigoshi / KT-001

Kigoshi / KT-001

このエントリーをはてなブックマークに追加

 KIGOSHI Guitar'sは家具職人としても活躍されている木越孝之氏が、こだわりまくって仕上げるハンドメイド・ギター・ブランドです。タッピングをして厳選した木材を使用したり、ビンテージ配線やビンテージ・キャパシタを使用するなど、そのこだわり方は尋常ではありません。オール・ハンドメイドならではの細部まで作り込まれ、仕上げられた極上の1本となっています。今回、2016年の楽器フェアでも多くのギタリストから絶賛されたKT-001を試奏してみました。

◎基本構成
 セミホロウのボディにミディアム・スケールの22F、1ボリューム、1トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクターという非常にシンプルな構成です。余計なものは全て排除して、とことん音のクオリティにこだわった作りと言えるでしょう。ピックアップはフロントとリアの2つでバランスのとれたセッティングが魅力的でした。

◎こだわりポイント!
 タッピングをして厳選した1ピースのホンジュラス・マホガニー・ボディ、ハードメイプル・トップ、ハカランダ指板など、昨今では中々手に入らないような希少材を惜しげもなく使っています。また、アッセンブリーには1950年代のビンテージ配線や、Sprague Bumble-bee(0.022μF/400v)のキャパシタも使用されていて、通常ならギターを購入してから少しずつグレードアップしていくようなパーツが全て最初から装備されています。そしてピックアップはカスタム・オーダーのWIZZプレミアム・クローンP.A.F.が搭載されています。これもマニアなら納得のチョイスです。

Kigoshi KT-001

◎イチ押しポイント!
 弾いた時のレスポンスがとにかく良く、エッジ感のある立ち上がりの良いサウンドが特長です。ピッキングの反応が絶妙で、強弱を付けたピッキングに全て追従してくる音楽的なギターという印象でした。ボリュームを1〜3あたりに絞ってもニュアンスがしっかり出せますし、4〜6あたりの粘りのあるサウンドから、7〜10あたりの抜けの良いサウンドはリアルタイムに操作をするギタリストにとって非常に嬉しいところです。

◎全体的な試奏感
 まず、音の立ち上がる速度がとても速いと感じました。速いパッセージでもクリーンでも音が潰れたりヘタることなく、弾いたニュアンスがそのまま再現されるという驚きのギターです。また、ネックも握りやすいので弾き心地も良く、セミホロウのボディが良く鳴っていることが生鳴りからも充分に伝わってきました。指が弦に触れる音や、細かいピッキングのニュアンスなど、通常ではアウトプットされないような細かいサウンドも再現されるので、このギターの持つポテンシャルの高さに驚かされるでしょう。

3対3にペグを配置したヘッドストック。ヘッド角は17度に設定されている。

指板には希少なハカランダ材を使用している。

ジョイントはセットネック方式。ネック材も希少なホンジュラス・マホガニーの1ピース。


ピックアップはWIZZのプレミアム・クローンP.A.F.を前後に搭載。トップはカーリー杢(バーズアイも選択可能)のハードメイプル。

コントロールは1ボリューム、1トーン、ピックアップ・セレクターとシンプルだが、内部には1950年代のビンテージ線材やコンデンサーが使用されている。

タッピングで厳選された希少なホンジュラス・マホガニー1ピース・ボディ。内部はセミホロウ構造となっている。

※使用アンプ:Fender '68 Custom Deluxe Reverb

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Kigoshi / KT-001

価格:¥520,000 (税込)

【スペック】
●ボディ材:カーリー・メイプル(トップ)、1ピース・ホンジュラス・マホガニー(バック)●ボディ構造:セミホロウ ●ネック材:1ピース・ホンジュラス・マホガニー ●指板材:ハカランダ ●ネック・スケール:ミディアム ●フレット数:22 ●ネック・ジョイント:セットネック ●ピックアップ:WIZZ プレミアム・クローンP.A.F.(Front & Rear)●付属品:ハードケース
【問い合わせ】
Premium Guitar Square TEL:0120-444-342 http://guitar-square.com
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS