楽器買取

デジマガ製品レビュー

製品レビュー一覧

  • ビンテージ
  • 商品ID:DS05277873
  • 登録:2019/04/16
  • 更新:2019/04/21

FineGuitars Bare Soul No77 理想と忍耐のテレキャスター

  • 動画あり

¥0 税込

送料別

状態:A+ 1975年製
ナチュラル/木目系

売却済

遂に完成。もはや芸術品と言える。

ウォッチリストに追加

FineGuitars Bare Soul No77 理想と忍耐のテレキャスター

商品の説明

75年くらいの国産の最高のボディーを、僕の感性と技術で作りました。

僕は国産ヴィンテージが好きな訳じゃありません。ただ良い材が好きと言う事です。
この頃、いまでも、エポキシと言う膜厚がかなり有る目止め剤を使用している物が殆どです。

これは、メーカーとしては生産効率を上げるために避けて通れなかった歴史が有ります。
特に この様なアッシュ系は導管が深く、フラットにする事は大変な事です。
エポキシは安価で一発でフラットに材を出来ます。
しかし、その色は黄色みが強いし、膜厚が上がりますから、折角の材の美しさを損ねる。

後ネックは最悪、プレイヤーはゴム手袋をしてネックを触っているのと同じです。
感じませんか?材を持った気がしますか?
サブ画像をご覧ください、ワッカになっているエポキシの膜が有るでしょう。
塗料はポリとラッカーだけじゃないんですよ(笑)
だから美しい木目なんて出ない訳ですなぁ、、、、
そして使うトップコートクリヤーも外国製と日本のクリヤーの硬さは違うのです!

実際触ったら分かりますよ。日本の方は堅さが無いんですよ。
外国の最高級塗料は堅さが有り薄く保護してくれる。だからプレイヤーは快適にネックを触れるんですよ。
知らなかったでしょう?普通の人は知らないですが我々は見抜くんです。

私の材は全部ネック裏は剥いでコーティングします。そうではないと弾きたくありません。
ネックはボディより大事なフィール感覚を感じます。

だから剥ぐのですが、その作業は困難を極めます。ペーパーで剥ぐなんてやってはいけない行為です。
材が歪んでしまうし、一年掛かってやれるだけの根性が有りますか?

材を一度裸にして、僕なりの工法で着色、塗料は全てフランス製です。
オイルフィニッシュでは有りません。

僕は塗料メーカーの技術部にも居ましたから熟知しています。

2ピースジャパンアッシュ(セン)のブックマッチは一瞬見るとワンピースに見えます。
それ程当時の技術は素晴らしかった。

それをヨーロッパの美しいカラーで染めて行きます。スプレーガンは使いません(現時点では)
このブルーブラックは角度でも色味が変化します。赤味が帯びる時も有ります。黄色みを帯びる時も有ります。

そしてあくまでも透明感が有るトップコートを回数を分けて中研ぎを入れながら仕上げて行きました。
缶スプレーなどで出来る作業では有りません(シンナーぶっかけているだけですよ 少しは樹脂はいってるけど)
透明感の有る仕上がりは他のギターとは一目瞭然でしょう。

ネックも全て剥離して 指板、ネック裏はマットに仕上げる。当店のベイビースキンネックフィーリングは
タダの艶消しでは有りません。
マット仕上げでも、下がエポキシ処理してあるネックの感触がブヨブヨします。
人間の手は、この厚みも感じてしまいます。

このメイプルネックの強度は最高に堅い。全てに渡ってタイガーが出ています。
トラスも余裕の余裕です。

フレットはジェスカー#55090を打っています。

古い時代の材のクオリティは今の材を凌ぐものが数々ありますが、処理が悪い為に台無しにしている物が沢山有ると言う事です。

だから僕のギターは古い良い材を徹底的に現代の優れた材料を使い活かす。

そうすれば最高のギターが誕生します。それでも安いでしょうね。
このクオリティ、この仕上げでギターオーダーしてみて下さい。50万は行くでしょう。

高い?じゃあ、ご自分でやってごらんなさい。安いと思うでしょう。

基は自分用に作ってたんですがねぇ、、、出来上がったらおなかいっぱいなってしまいました。

昨日嬉しくってyoutubeLIVEでブンブン遊んで見ましたが
自分の子供を抱いてるような気分ですねぇ。

音はキレまくりの音はロイブキャナンかダニーガットンのヴィンテージサウンド
PUも細工していますが
歪ませすぎたら駄目ですよね。こいつはキレっキレっ音色のままの状態で弦を叩きましょうね(爆)

でも里子に出すと言うww でも良いかな、、、又作れるし。これが僕の生き方だし。

あなたがこのギターでステージに立ち、他のギタリストが見た時に質問してくるでしょう!
「何?このギター、高そう?、暴力団みたい?とか?」
それが嬉しいんですよね。ギター弾きはね。

ただねぇ、、今は横並び主義の人多いからなぁ、、、、目立つのも嫌かもねぇ(苦笑)
僕目立つ為にギター練習してきたけど、、、、

そう、それが存在感の有るギターなんですよ。僕はそんなギターを抱きたいと思っていますから。

人と同じ、平凡を拒否して生きていますし、実験してる。音が大好きだし。

最高のテレです。後世に残るギターはこう言うギターと信じています。そう思うでしょ?

しかし、画像じゃ美しさが伝わらないなぁ、、、今目の前に有るけど、水を打ったみたいな艶。
実機見たら感動すると思いますよ。






商品の動画

商品の詳細

FineGuitars/Bare Soul No77 理想と忍耐のテレキャスター

  • :ナチュラル/木目系
  • 状態:A+:新品同様。最高のコンディション
  • 製造年:1975年
  • ピックアップ:パッシブ
  • ピックアップ構成:2S
  • フレット数:21フレット
  • ネックスケール:ロング
  • 重量:3.80kg
  • ボディ材:アッシュ
  • トレモロ:なし
  • 指板材:メイプル
  • ネックジョイント:デタッチャブル(ボルトオン)
  • ネック材:メイプル

取扱店舗ファインギターズ 

ファインギターズ

住所 〒812-0018 福岡県福岡市中央区春吉1丁目6-7 花クラヤビル 3F
アクセス JR博多駅、西鉄天神駅より100円バス柳橋バス停下車徒歩1分
TEL/FAX TEL 092-726-0663 FAX 092-726-0663
営業時間 14:00~20:30
定休日 毎週木曜日
店頭のお支払い方法 【銀行振込】【代引き】【クレジットカード】【ローン】
送料 当店ホームページをご参照ください。
保証 当店ホームページをご参照ください。

この店舗のオススメ商品

すべての商品一覧はこちら