楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 週刊ギブソン Weekly Gibson〜第53回

TAKE-C(SHAKALABBITS)が弾く! Gibson Memphis ES-339

Gibson Memphis / ES-339

  • 文:井戸沼尚也
  • 動画撮影:編集部 写真撮影:八島崇 録音協力:加藤和彦(オンキヨー) 映像編集:熊谷和樹 取材協力:Gibson Brands Showroom TOKYO

ポップでパンクな楽曲が幅広い層からの人気を集めているSHAKALABBITSのギタリストTAKE-C氏をゲストに招き、ギブソン・メンフィスのスモール・サイズ・アーチトップ・モデルを試奏していただく特別企画! 3回に渡ってお届けする第1弾は、「ES-339」編です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Gibson Memphis ES-339 featuring TAKE-C

使用アンプ:マーシャルJVM205H(ヘッド)+1960A(キャビネット)
使用シールド:
ギブソン18' Purple Gibson Instrument Cable

Gibson Memphis ES-339

デジマートでこの商品を探す

スモール・サイズ・セミアコの逸品

 ES-339は、ギブソン・メンフィスが開発したスモール・サイズ・セミアコ・モデル。ボディ構造はセミアコの代名詞であるES-335と同様、ラミネイト・メイプルによる成型+センターブロックという仕様で、小型ながらセミアコらしい鳴りを楽しめる。この構造が、外観上は似ているがマホガニー・ボディをくりぬいたチェンバー構造のES-336と大きく違う点である(ES-336はよりソリッドに近い鳴り方)。本器の特徴は、なんといってもその小ぶりなボディにある。大きさはレス・ポールなどのソリッド・ギターに近く、取り回しの良さは抜群。それでいてスケールは24 3/4インチの標準的なギブソン・スケールを採用しているので、他のギターから持ち替えた際にも違和感がない。この2015年モデルでは、チューブレス・トラスロッドを採用し、より豊かな鳴りを実現。サステインの向上が見込めるロッキング・ストップバー・テイルピースを搭載、スムーズなフィンガリングを可能にするロープロファイル・フレットの採用など、数多くの改良がなされている。ピックアップはバーストバッカー×2。クリーンから歪みまで、ギブソンらしい太いトーンを生み出してくれる。

Interview

クリーンはもちろん歪みもいけちゃう、
取り回しの良いギターです!

──ES-339を使い始めたきっかけは?

 もともとレス・ポールを使っていたんですが、それよりもクリーンが良かったというのがポイントですね。特にピックアップをセンターで使った時に、スカ系のカッティングが太くはっきり出せるのが魅力でした。箱のギターはハウるかなと少し心配でしたが、かなり歪ませても全然問題ないですね。その意味では箱ギターの印象が変わりました。

──普段からES-339を使っているんですよね?

 はい、ビグスビーを付けたモデルをメインで使っています。

──本日試奏していただいたストップ・テイルピースのモデルと比較すると、どう違いますか?

 もともとビグスビーは“かっこいい!”という理由で付けたのですが、音も違いますね。ビグスビーが付いていると、音がよりはっきりするというか、ブライトになります。このモデルも、クリーンの太さや甘さが気持ちいいですね。キャラが違う印象です。若干テンションが違うので、少し弾き心地も違いますね。

──試奏では、センター・ポジションのプリッとした心地良いトーンが印象的でした。

 センターが気持ちいいんで、つい弾きたくなるんですよ。この感じは箱らしいところで、レス・ポールでは出せない音ですよね。

──ES-339ならではの扱いやすさについてはいかがですか?

 ES-335だとちょっと大きい感じがするんですが、このサイズ感はちょうどいいですね。ギターの持ち替えをしてもこの大きさなら違和感がないです。サウンド面でも扱いやすくて、曲によってはかなり深く歪ませるんですが、不安なくいけます。そしてフィードバックさせたい時にも制御しやすい。ギターによっては、フィードバックさせたい時に“こない”ヤツもあるんですよ。

──改めて、ES-339の魅力を教えてください。

 クリーンから目一杯歪ませるところまで、1本のギターで表現できるところですね。とてもバランスの良いギターだと思います。

──ES-339に興味を持っている人に、メッセージをお願いします。

 箱のギターってジャズのイメージが強いじゃないですか。そうじゃない使い方、すごく歪んだところまでカバーできる、オールマイティに近いギターです。そしてバンドの中で、すごく“馴染む”ギターです。家で弾いていても気持ちが良くて、手が伸びますね。生音が響いて気分が乗るので、曲を作ったり、フレーズを考えたりする時にもいいです。ぜひ、皆さんも試してみてほしいですね。


※次回の週刊ギブソン〜Weekly Gibsonは6月5日(金)を予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Gibson Memphis / ES-339

価格:¥349,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:3プライ(メイプル/ポプラ/メイプル) ●ネック:マホガニー ●指板:ローズウッド ●ピックアップ:バーストバッカー1(フロント)、バーストバッカー2(リア) ●コントロール:2ボリューム、2トーン、3ウェイ・トグル・スイッチ ●フィニッシュ:サンセット・バースト、フェイデッド・チェリー(写真) ●備品:オリジナル・ハードケース
【問い合わせ】
ギブソン・ジャパン http://www.gibson.com/
※サテン・フィニッシュのモデルは価格が異なり、287,000円(税別)となります。
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

「Climax」

TAKE-C
1979年、栃木県生まれ。SHAKALABBITSで活躍するギタリスト。2002年、サポート・ギタリストとして参加していたSHAKALABBITSに正式加入。どクリーンから激歪みまで幅広いサウンドを使いこなし、巧みに楽曲の質を高めるギター・スタイルに定評がある。SHAKALABBITSの最新音源は17枚目のシングルとなる「Climax」。9月からは全国ツアーも予定されている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS