楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • ロック/パンク/メタル etc... ラウド系ベーシストの大定番!!

Tech21 / SansAmp BASS DRIVER DI-LB

Tech21 / SansAmp BASS DRIVER DI-LB

  • 試奏/文:坂本 信 写真/動画撮影:伊藤 大輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンズアンプのベース・ドライバーは、ライブでもレコーディングでも便利な、バッテリーでも動作するコンパクトなアンプ・シミュレーター/オーバードライブ・ペダル/DIとして、発売以来20年の間に定番とも呼べるほどの人気を確立している。一方、このペダルの需要が最も高いロック系の世界では、ロー・チューニングを使用する音楽が定番となり、近年では4弦ベースのチューニングを2音下げたドロップCも珍しくなくなった。さらには、フュージョンやポップスの世界では80年代から普及していた、ローB弦を持つ5弦や6弦のベースも一般化し、ベースの音域がより低域に広がったばかりでなく、サウンド作りも、より重低音を強調する傾向が強くなっている。

 こうした時代の変化に合わせて、オリジナルのベース・ドライバーの豊富な機能はそのままに、得意のドライブ・サウンドを作った時にもローB弦までクリアに再現できるように再設計されたのがこのDI-LBである。再設計に際しては、重低音の押し出しをさらに強くするために、ゲインもより高く設定できるようになっている。

 操作部は、DRIVEが歪み具合、TREBLEとBASS、PRESENCEがトーン、BLENDがエフェクト音と原音の混ぜ具合、LEVELが全体の音量をそれぞれ調節する。PHANTOM & GROUND CONNECTは通常のDIに付いているグラウンド・リフトと同じで、ファンタム電源を使用する場合は右側に設定する。OUTPUTおよびXLRのスイッチは、接続機器に応じて出力インピーダンスを切り替えるためのものだ。フット・スイッチはアンプ・シミュレーション回路のオン/オフを切り替えるもので、オフにすると原音のみの信号が得られ、通常のクリーンなDIとして使用可能。また、本機は日本限定仕様で、デザインも白い文字やノブを採用した、アンプを思わせるものに変更されている。

TECH21 / SansAmp BASS DRIVER DI-LB

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Tech21 / SansAmp BASS DRIVER DI-LB

【スペック】
■コントロール:ドライブおよびベース、トレブル、プレゼンス、ブレンド、レベル(以上、ノブ)、ファンタム&グラウンド・コネクト、アウトプット、XLR(以上、スイッチ)■入出力端子:インプット、パラレル・アウトプット、アウトプット、XLRアウトプット■電源:9V乾電池または9VACアダプターまたはファンタム電源■外形寸法:95(W) x 50(D) x 120(H)■重量:360g
【問い合わせ】
株式会社オールアクセス TEL:03-5456-5032 http://allaccess.co.jp/sansamp/bassdriverdilb/
参考価格:28,000円前後
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS