楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • アコギならではのエア感やレゾナンスを簡単に得られる1台

t.c.electronic / BodyRez

t.c. electronic / BodyRez

  • 試奏・解説・文:村田善行 動画撮影:伊藤大輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

 アコースティック・ギターにとって、ギターの生鳴りはもっとも重要な要素だ。様々なシェイプやマテリアル、ブレイシング等の生み出す音のバリエーションは、エレクトリック・ギターには無い楽しみを与えてくれる。自宅でつま弾くならその音色を素直に楽しめば良いが、レコーディングやライブで使用するとなると話は変わってくる。

 例えばレコーディングであれば、マイクを立てれば生音・生鳴りは拾える。しかしながら、マイクの種類やマイクの立て方、さらにはマイクに対するプリアンプ等で録音されるサウンドは大きく変わってくる。つまり生鳴りとは別の次元で「サウンドをメイクする」必要が生まれてくるわけだ。さらにライブとなれば、他の楽器との「音被り」やフィードバック等の問題もあり、マイクのセットはさらに困難となるだろう。複数のバンドが出演するイベント等であれば、PAさんは「できればラインで信号を送ってくれないかな…」と言うのが本音ではないだろうか。

 昨今はそういった事も含めて、アコースティック・ギター用のピックアップは数多く発売されており、その質も年々良くなってきている。アンダー・ブリッジ用のシンプルなピエゾ・ピックアップから、ピエゾ+ボディ裏への貼り付けタイプのミックス、さらにはコンデンサー・マイク搭載モデル等、ピックアップに各社のこだわり製品が多数存在する。

 しかしそれらの高品質なピックアップを搭載したとしても、肝心なのはやはり「サウンド・メイク」だと言えるだろう。エレキ・ギターで言えばアンプの設定と同じ事で、EQやゲイン調整でサウンドは変化する。特にピエゾ・ピックアップに関しては鳴り感がダイレクトなのでアコースティック・ギターならではのエア感やレゾナンスを引き出すには微妙なEQやコンプレッション処理等も重要だ。

 このBodyRezはそう言ったピエゾ・ピックアップの「裸の音」に対して、プロ・エンジニアが「色づけ」「音処理」を施してくれた様な効果が、たった1つのノブをアジャストするだけで得られるというペダルだ。普段機械(エフェクト)関係を使用しないアコギ・プレイヤーにも、簡単に扱える様にデザインされているところに好感が持てる。そのサウンドは動画で確認して欲しい。派手な変化は無いものの、「裸の音」に対して心地良いコンプ感やミッドを中心としたEQ処理が施されているのがわかると思う。少しリバーブ感も足される印象で、簡単に言ってしまえば上質なアコースティック専用のプラグイン・ソフトがペダルに収まっており、その効果の度合いをノブで調整している、と捉えてもらえば良いだろう。

 ギターの種類を問わず使用でき、そのナチュラルなエンハンス効果は正にアコギ・プレイヤーの求める「プロっぽい」音の代名詞の様なサウンドだ。「音にはこだわりたいがエフェクトのサウンド・メイクは苦手」というアコギ・プレイヤーの皆さんは要チェックの1台。レコーディングでアコギを使用するエレキ・プレイヤーもぜひ導入を検討してみて欲しい。

※使用ギター:Crews Maniac Sound / CRJ 2015 PREMIUM

t.c. electronic / BodyRez

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

t.c. electronic / BodyRez

価格:¥15,000 (税別)

【スペック】
■コントロール:ボディ、オン/オフ・スイッチ(トゥルー・バイパス)、エフェクト・オン・インジケーター ■入出力端子:入力×1、出力×1 ■電源:DC9V ACアダプター付属 ■サイズ:48(W) x 93(D) x 48(H) mm ■重量:200g
【問い合わせ】
MUSICグループ・コマーシャルJP http://www.music-group.com/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

村田善行(むらた・よしゆき)
株式会社クルーズにてエフェクト・ペダル全般のデザイン担当、同経営の楽器店フーチーズ(東京都渋谷区)のマネージャーを兼任。ファズ関連・エフェクター全般へのこだわりから専門誌にてコラムを担当する他、覆面ネームにて機材の試奏レポ/製品レビュー多数。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS