楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 自宅からライブまで全方位をカバーするハイファイ・ベース・アンプ

PHIL JONES BASS / Suitcase Compact + Compact 4

PHIL JONES BASS / Suitcase Compact + Compact 4

  • 試奏/文:河辺 真 写真/動画撮影:伊藤 大輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、ますますベース・アンプ・メーカーとしての確固たる地位を築きつつあるPHIL JONES BASS(以下PJB)ですが、同社の代表的な機種である中型コンボ・アンプSuitcaseを小型化した、Suitcase Compactが新たに加わりました。Suitcase Compactと同じサイズのエクステンション・スピーカー・キャビネットCompact 4と併せて紹介していきましょう。

 まず、PJB製コンボ・アンプに共通して、そのサウンドの核となるのが自社開発のピラニア・スピーカーです。元々オーディオ・メーカーだったフィル・ジョーンズが設計しただけあって、これまでのベース・アンプに用いられてきたスピーカー・ユニットとは一線を画すほどの精度の高さと優れた動作特性を誇ります。加えて剛性が高くキチンとした音響設計がなされたキャビネット、これらなくしてPJB製コンボ・アンプ全てに共通する、信じられないような豊かな低音域と、高音域まで破綻しないスムーズでバランスの良いサウンドを得ることはできないでしょう。

 さて本題のSuitcase Compactですが、視覚的にはとてもコンパクト。赤い外装も可愛らしいですね。持ってみるととても頑丈な造りであることがわかりますが、サイズの割には意外と重量感があります。昨今のベース用キャビネットは軽量化のためネオジウム・マグネットのスピーカー・ユニットを採用するメーカーも多いのですが、Suitcase Compactは音質的な観点からあえて重量の重いフェライト・マグネットのスピーカー・ユニットを採用しているとのこと。PJBの拘りの一端が垣間見えますね。

 ヘッド部分は独立した3バンドのEQとHIGH/LOW入力切替、レベル・コントロールを持つプリアンプ・セクションを2チャンネルぶん備えています。ウッドとエレベ、フレットレスとフレッテッドなど、2本の楽器を持ち換えるベーシストにはとてもありがたい仕様ですね。今までのSuitcaseが5バンドのグラフィックEQだったことを踏まえると3バンドのトーン・コントロールへの変更はとても大胆な選択のように感じますが、実際に操作してみるとこれはこれで潔く、音決めもスパッと決めることができて使い勝手は悪くありません。3バンドEQのトレブルは比較的高め、ベースは比較的低めの音域に設定されていて、効果はとても自然でクリア。レンジの広い、現代的なベース・アンプという印象です。驚くのはスピーカーから出力される音が、その広い音域コントロールにしっかりとついてくること。弾き手のニュアンスと楽器の素性がそのまま再現されてしまうので、ある意味、誤魔化しのきかないベース・アンプと言えそうです。LIMITTERのスレッショルド・レベルはかなり高めに設定されている印象で、音作りの肝としてコンプのように使うよりも、大音量時の保護用に使うのが良さそうです。その他に外部入力、センド・リターン、DIアウト、ヘッドフォン・アウトなど、自宅練習用、小規模のライブ、リハーサルなど、あらゆるシチュエーションに対応できるだけの充分な機能を備えています。

Suitcase Compactのコントロール部

◎エクステンション・スピーカー・キャビネットCompact 4との組み合わせ
 ヘッド部分の出力は8Ωで300W、エクステンション・キャビネットを接続した4Ω時には500Wと非常にパワフル。Suitcaseと比較して外形が小さくなったSuitcase Compactですが、出力は逆に大きくなっています。体感音量は必要にして充分だし、外観からは想像できないほどの音量が出せます。エクステンション・キャビネットであるCompact 4を接続すると、音量というより音圧が上がる傾向ですね。重ねると高さも稼げるので操作性が良く、スタック・アンプのようなルックスも◎。これに慣れてしまうとSuitcase Compactだけでは物足りなく感じてしまいそうですが、自宅練習でそれほどの音圧を必要とすることはほとんどないでしょうし、Suitcase Compact + Compact4という組み合わせは、やはり小規模なリハーサルやライブ向きのセッティングと言えそうです。

 Suitcase Compactは、これまでのPJB製のコンボ・アンプ以上に情報量が多く、密度の濃い音が出せるハイファイなベース・アンプという印象です。ワイドレンジなベース・アンプというと、闇雲にレンジを広げるだけで音がまとまらず、芯のないスカスカな音色の機種も散見されますが、Suitcase Compactならばそういった心配はいりません。個人的な僕の経験則では電源セクションがしっかりしたアンプという印象で、底力があるので音がばらけずに遅れず太いままに出力されると感じました。一般的な小口径スピーカーにありがちなピーキーな高域は皆無。意図的に高域をプッシュすることで見せかけのワイドレンジを装うようなギミックもありません。ありのままの自然な音色です。

 最後に、プロ・ユースに耐えうるだけの非常に高いクオリティを持つベース・アンプであるにも関わらず、価格設定はとても良心的でコストパフォーマンスに大変優れているのも注目すべき点です。正直なところ、値段を知らずに試奏して予想した販売価格の半分以下だったので大変驚きました。同じくらいの大きさのベース・アンプなら1/10くらいの値段でも購入できるじゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、クオリティの差は歴然。ピッキングのニュアンスの違いが判らないようなアンプで練習してもなかなか上達しません。音の芯がないボケたアンプでライブをしても何も伝わりません。Suitcase Compactはベーシストのプレイやソウルをそのまま表現することのできる、数ランク上の小型コンボ・アンプなのです。

PHIL JONES BASS / Suitcase Compact

PHIL JONES BASS / Compact 4

PHIL JONES BASS / Suitcase Compact + Compact 4

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

PHIL JONES BASS / Suitcase Compact

価格:オープン

【スペック】
■出力:300W(RMS)、500W(RMS)/4Ω(エクステンション・スピーカー・キャビネット使用時)■スピーカー:5” PJB Piranha Type-B ×4■コントロール:[レベル・セレクター、ボリューム、3バンドEQ]×2、リミッター(On/Offスイッチ)、マスター・ボリューム、パワー・スイッチ■ジャック:インプット(1/4” Phone)×2、ヘッドフォン・アウト、D.I.アウト(Grnd Lift SW)、FXセンド/リターン、チューナー・アウト、プリアンプ・アウト、AUXイン(レベル)、エクステンション・スピーカー・アウト(8Ω/Speakon)、ACインプット■電源:100/240ボルトAC■本体サイズ:360(W) x 315(D) x 340(H) mm■重量:18.0Kg■カラー:ブラック、レッド
【問い合わせ】
JESインターナショナル TEL:0561-72-9801 http://pjbjapan.com/
市場実勢価格:¥110,000円前後(税別)
デジマートでこの商品を探す

PHIL JONES BASS / Compact 4

価格:オープン

【スペック】
■許容入力:400W■スピーカー:5" 8Ω 30Hz-15KHz ×4■本体サイズ:360(W) x 320(D) x 340(H) mm■重量:11.9kg■カラー:ブラック、レッド
【問い合わせ】
JESインターナショナル TEL:0561-72-9801 http://pjbjapan.com/
市場実勢価格:¥48,000前後(税別)
デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

    人気記事RANKING

    製品レビューREVIEW

    製品ニュースPROUCTS