楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 木材〜トーンウッドの知られざる世界 第23回

リンバこまっちゃう? 愛のコリーナ楽器をデジマートで探すの巻

コリーナ材楽器

  • 文・撮影:森 芳樹(FINEWOOD)

変形野郎のボディ材として楽器業界デビューからほぼ60年。当時のオリジナル・ギターは製作本数の少なさとも相まって、今や数千万の値がつく怪物くんに。その後は業界内を静かに浮遊してきたコリーナ嬢。“リンバ”とも呼ばれ、再びブームが訪れようとしています。ウワサを信じちゃいけませんが、これは真実です。どうにもとまらない年末コリーナ・スペシャルをお楽しみください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コリーナとは?

ESPミュージアムさんにて鎮座するオリジナル・コリーナV 写真:星野俊

 木材業界では“リンバウッド”として広く流通しているアフリカ材。主たる用途は家具、フローリング、内装建材、ベニア用材など。アフリカ産だけあって樹高は大きいもので50m、樹径は2m近いものまで産出されます。若草から黄味がかったクリーム色の“ホワイト”タイプ、緑がかったグレーから褐色のストライプを有する“ブラック”タイプなど、個体や部位によりそのキャラクターは異なります。 重さ的には、見た目通り軽量級が多いホワイト、一方、ブラックはずっしりと質量感のあるものが多いようです。無地のホワイトに比べて、ブラックにはおぼろ昆布のように霞がかったものから、くっきり鮮やか大胆にミネラル・フィギャードを描くものもあります。

 トーンウッドとしてのサウンド・キャラクターは、よく「マホガニー、アッシュ、アルダーなどの良い所どり」などと言われます。ソリッド材を撫でたり、コツいたりする限りにおいては、マホガニーに近い印象を持ちます。ハードウェア選択や製作工法いかんで幅広いサウンドメイクが可能な材であることは間違いありません。

ホワイト・リンバ

ブラック・リンバ(おぼろ昆布)

ブラック・フィギャード・リンバ

 この木、どこかで会ったなと思い起こせば、2014年夏の当コラムVol.8で丸太と戯れたアノ日を思い出しました。輸入業者曰く、丸太としては数年ぶりに入荷したということで港まで出向きました。現物は直径1mもある立派なものでした。現場ではホワイトかブラックか、まさに白黒決着をつけるために、彫刻刀様のピックで木口を削りながら見極めが行なわれていました。結果は思惑通り黒ちゃんで関係者ひとまず安堵にひたったことを思い出します。

昔日の筆者とブラック

ひと言、立派

樹皮を削ったくらいでは白黒付かず

コリーナ材ギターをデジマートで検索!

 さあ年末年始! 今すぐ決断できる、即決、即買いのコリーナ・ギターを集めてみました。ボディだけでなく、ネックにもこの材を使っているモデルが多いのは驚きです。皆様、ご遠慮なくどうぞ。※例によって、リンク切れ御免、早々にご確認ください。

写真:ESP渋谷 クラフトハウス

デジマートでこの商品を探す

Gibson Custom Shop/1992 Historic Collection Flying V Korina

 まずは敬意を表して御本家コリーナVから。1ピース・ネック、センター2ピース・バックはオリジナルを意識したナチュラルなホワイト材。表現しづらいほどシンプルな木味が、逆にこの形状を引き立たせています。貴重なヒストリック・コレクションですが中古でお買い得な1本です。

写真:クロサワ楽器 デジマート店

デジマートでこの商品を探す

DEAN/【USA】Korina V

 こちらはややシャープでモダンなV。クールなヘッドにも負けないコリーナのナチュラル・ビューティ感がよく出ています。せっかくですのでもう少し写真を掲載していただきたいところです。

写真:青江楽器 Music Inn Tom 立川北口

デジマートでこの商品を探す

momose/MEX・K-STD/NJ

 エクスプローラにもコリーナがお似合いです。というかこの形状には最も違和感がないカラーだと感じます。ややグレイッシュで木目がキレイなコリーナがふんだんに使用されています。国産ハイ・コストパフォーマンス・コリーナです。

写真:RISING GUITARS

デジマートでこの商品を探す

DEAN/USA Dave Mustaine Zero Korina / Limited 50

 限定生産のデイヴ・ムステイン・モデル。やはりこちらもナチュラル・フィニッシュで仕上げられています。ネックももちろんコリーナ。ボディとの一体感が魅力です。

写真:G’Seven Guitars

デジマートでこの商品を探す

Paul Reed Smith(PRS)/'08 Private Stock / Chris Henderson "1P Korina Back & Neck"

 ネックには珍しいカーリー材が使われています。ボディは1ピース。この材に限らず1ピース・ボディがとれるような幅広サイズの材は大変希少性が高まっています。お金を出してもモノがない時代がすぐ近くまできていることを痛感せざるをえません。このギターの魅力をさらに引き立たせているのがトップのカラーリング。グラッシャーブルー・スモークドバースト! 1回では覚えることができません。

写真:三木楽器 アメリカ村店 中古・ビンテージ・アウトレット専門店

デジマートでこの商品を探す

Reverend Guitars/THUNDERGUN 4 (Vintage Natural)

 このブランドは積極的にコリーナ材を採用しています。こちらはビンテージ・ナチュラルと銘打たれたキレイな色目のベースです。ネックはウォルナットとの5P積層。ショップ・コメントには「アルダーにも通じる小気味良い音の堅さ、芯のある音響特性を持つ」とレビューされています。この価格帯では貴重な素材スペックです。

写真:イシバシ楽器 デジマート店

デジマートでこの商品を探す

Paul Reed Smith(PRS)/Private Stock #5755 408 Semi-hollow with f-hole"Ziricote Top/Black Korina Back" 【新宿店】

 見事なブラックのお出ましです。これぞプライベート・ストックの名に相応しい素材ですね。絵画を見るようなドラマティックかつ優美な世界を味わわせてくれます。商品説明の中にブラックは日陰で育ったので……とありますが、まったく知りませんでした。PRS情報なら信憑性がありますね。

写真:イシバシ楽器 デジマート店

デジマートでこの商品を探す

Paul Reed Smith(PRS)/Private Stock #5752 Custom 24 Floyd with Piezo / Magma S/N:15 222046【新宿店】

 こちらはキレイなフィギャード・コリーナが使われています。アフリカ材を象徴するような野趣溢れるうしろ姿です。ちなみにトップにはワイドな杢を持つカーリー・メイプルが奢られていまして、このクラスのトップに相対するにはバック材もそれ相応のポテンシャルがないと厳しいはずです。このコリーナさんは、なんのてらいもなくどっしりと構えています。

写真:山野楽器 本店4Fギターフロア

デジマートでこの商品を探す

Bacchus/BSG-KORINA (NA) [アウトレット特価]

 90年代あたりには本家でもSGコリーナ・モデルがありましたが、この時代に改めて見ると実に新鮮です。マホガニーとは違うナチュラル&ウッディな存在感が際立っています。

写真:山野楽器 ロックイン難波

デジマートでこの商品を探す

Tokai/CTM LSS104 KORINA / SYW 【極少限定モデル】[DM500]

 4本限定のレス・ポール・スペシャル・モデル。ボディはコリーナ2ピース。「マホガニーに似てはいるもののカリっとしたクリスピーさも兼ね備えたサウンドが特徴」との商品説明文はオールド・トーカイ・ファンとしては非常に気になるところです。

写真:G’Seven Guitars

デジマートでこの商品を探す

b3/Metal XS "korina & Brazilian Rosewood"

 スルーネックのストラト・タイプは珍しいですね。ジーン・ベイカー・プロデュースならではの個性的な仕様です。委託品とのことですからオーナーさんの気が変わらないうちに早めにチェックしちゃいましょう。

写真:山野楽器 サウンドクルー吉祥寺

デジマートでこの商品を探す

Fender Custom Shop/Master Built Series Jason Smith Custom 1964 Telecaster N.O.S. (Natural)

 Fenderとしてはとても珍しいスペックじゃないでしょうか、オール・コリーナ・テレキャスター。現地オーダー品で、ジェイソン・スミスの手になるモデルのようです。実に草っぽい質感の上品なコリーナで、ぜひそのサウンドを味わってみたいですね。

写真:島村楽器 梅田ロフト店

デジマートでこの商品を探す

LSL INSTRUMENTS/Mongrel Peanuts/M

 ロサンゼルス発、LsL Instrumentsによるテレキャス・フレーバーのストラトといった体のハイブリッド・モデル。ボディに草っぽいホワイト系コリーナを採用していて、メイプル指板と相まって雰囲気満点ですね。

写真:イケベ楽器店 リボレ秋葉原店

デジマートでこの商品を探す

Suhr(正規輸入品)/The 2015 Collection DESIGN INSPIRED BY NATURE Graftec Pistachio 24fret Classic T [#27230]

 ボディにはかなりワイルドな色目のブラック・リンバを。ネックには馬のたてがみフィギャードを。おまけにトップはグラフテッド・ピスタチオが盛られています。個人的には、うなぎとステーキと寿司が一緒に出てきたような気分です。

写真:イケベ楽器店 リボレ秋葉原店

デジマートでこの商品を探す

Suhr(正規輸入品)/The 2015 Collection DESIGN INSPIRED BY NATURE Modern Lacewood/Black Limba [#27201]

 もういっちょ正規輸入のSuhrを。こちらも当然ボディ&ネックをリンバで構成。こちらはストライプ調の黒リンバを採用しています。かすれ流れるようなラインが日本の黒柿にも通じる侘び寂びを感じます。そして極上のココボロを細部パーツに用い、とどめは透け透けで目を覆いたくなるようなレースウッドのトップ。木フェチどストライクの1本です。

写真:ミュージックランドKEY 京都店 (新京極 詩の小路ビル3F/4F)

デジマートでこの商品を探す

K&T MODERN VINTAGE GUITARS /Teagur

 枯れ草のような渋い木肌はビンテージものにも通じる景色。「K&Tピックアップ製作者の高野氏から他部所の細かな指定とともに、中でも選定したコリーナをボディーに使用することが選択された」との商品説明のとおり、ビンテージを知り尽くす選材眼の指示による、木部はもちろん、ハードウェアに気がつかわれた貴重な国産コリーナ・モデルです。

写真:FINEWOOD

デジマートでこの商品を探す

FINEWOOD/ブラックリンバ・コリーナ・1Pボディ材#22B

 これからコリーナ・ボディのギターを作りたい方、安心してください。1ピースの極上ボディ材があります。なんでしたら、お揃いのネック材もこの店で揃いますよ。

編集あとがき

 今回お届けしましたコリーナ材は、カヤ(アフリカン・マホガニー)やブビンガとともに、もはやアフリカ産トーンウッドの代表格と言っても差し支えない勢いを感じます。来年はナチュラル&ウッディ志向(要するに木フェチさん)の楽器がさらに増えそうな予感ありです! 年明け第一弾は、1月26日(火)更新予定。2016年も木になる情報をお届けしてまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

コリーナ材楽器

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

森 芳樹(FINEWOOD)
1965年、京都府生まれ。趣味で木材を購入したのが運の尽き、すっかりその魅力に取り憑かれ、2009年にレア材のウェブ・ショップ、FINEWOODを始める。ウクレレ/アコースティック・ギター材を中心に、王道から逸れたレア・ウッドをセレクトすることから、“珍樹ハンター”との異名をとる。2012年からアマチュア・ウクレレ・ビルダーに向けた製作コンテスト“ウクレレ総選挙”を主催するなど、木材にまつわる仕掛け人としても知られる。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS