楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • いっちーのデジタル・デジマート 〜第13回〜

iOSデバイス(iPhone/iPad)で始める音楽制作

以前にも少し話題にしましたが、iOSの音楽アプリは本格的なものも多くなり無視できない存在になってきました。そこで今回はiOSデバイスを使った音楽制作で必要な機材についてまとめてみます。これから音楽制作を始めようという方だけでなく、モバイル用のセカンド機材としてもオススメですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

DAWアプリ

 当初、iOSの音楽アプリは、シンセサイザーやループ・シーケンサーなどガジェット的なものが多かったのですが、最近では本格的なDAWとして使用できるアプリが増えてきました。コンピューター・ソフトのDAWソフトに比べると制限はあるものの、1曲を完成するために必要な機能が十分に装備されています。使用するiOSデバイスは、iPadを強くオススメします。画面が大きくて操作しやすいですから!

DAWアプリの一例

左からAPPLE GarageBand(iPad/iPhone)、STEINBERG Cubasis(iPad)、IMAGE LINE FL Studio Mobile(iPad)

音楽アプリ間の連携について

 iOS7以降にはInter-App Audioという仕組みが用意されました。これに対応しているアプリだと、アプリ同士が互いに連携することができます。例えばKORG Gadgetや、ROLAND SOUND Canvas for iOSを、APPLE GarageBandSTEINBERG Cubasisの音源として使用することができます。

iOSデバイスにどうやってオーディオ・インターフェースとMIDIコントローラーを接続する?

 本コラム第6回で「iOSデバイスで使用できるオーディオ・インターフェース」について、そして第8回では「iOSデバイスで使用できるMIDIコントローラー」について紹介しました。しかし、Lightningコネクタが1つしか搭載されていないiOSデバイスに、オーディオ・インターフェースとMIDIコントローラーの両方を接続するにはどうすればよいでしょうか?
 ICONNECTIVITY ConnectAUDIO4+(下の写真左)やFOCUSRITE ITrack Dock(下の写真右)のような、USBタイプのMIDIコントローラーを接続できるiOS用オーディオ・インターフェースを用意するというのが1つの方法です。

IConnectAUDIO4+を使った場合の接続例

 また、iOS対応オーディオ兼MIDIインターフェースであれば、MIDI OUTが搭載されているキーボードを使うことができます。

STEINBERG UR-22MKIIを使った場合の接続例

 そして最近ではBluetooth MIDIという選択肢が増えました。KORG MicroKey Airシリーズや、ROLI Seaboard RISEシリーズなど使って、コントローラーをワイヤレス接続するのがとても簡単ですね!

TASCAM US-2x2を使った場合の接続例

ヘッドフォン、スピーカーは有線で!

 Blutooth MIDIを使う時はそれほど音の遅れを感じることなくアプリ内の楽器を演奏できますが、Bluetooth対応のヘッドフォンやスピーカーは音の遅延が大きいので、音楽制作の場合はそれらを有線接続することをオススメします。


 次回は、iOSデバイスで音楽制作を行っている方をゲストに迎え、具体的にどのようにアプリで音楽制作をしているかについてお伺いしてみたいと思います!それではまた!

<次回2016年6月7日(火)更新予定>

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

いっちー(市原 泰介)
サウンド&レコーディング・マガジン編集部WEBディレクター。学生のころから作曲やDJ活動、バンド活動などの経験を積む。某楽器販売店を経てリットーミュージックに入社。前職では楽天市場内の店長Blogを毎日10年以上更新し、2008年ブログ・オブ・ザ・イヤーを受賞。得意ジャンルはクラブ・ミュージック。日々試行錯誤中。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS