楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • “高音質”で音楽を聴く楽しみを!ハイレゾ入門〜第26回

ハイレゾ再生できるアプリ

スマホアプリ

  • 文:菊池真平

ハイレゾ市場の拡大とともにハイレゾ再生に対応したスマホアプリもさらに充実してきました。もはや定番といえるアプリから無料ながら充実した機能が手軽に楽しめるアプリまで、以前のコラムでも紹介したものも含め、あらためて紹介していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 この春から新入学や就職に合わせて、スマホを新たに購入した方も多いかと思います。私も使い慣れたiPhone 5sと同サイズの新モデル、SEが出たことで機種変更のタイミングを考えています。スマホは毎年のように新モデルが登場し、性能や使い勝手が上がり、とても便利になっていますね。ただ、使いこなすことがなかなか難しく、時間がかかってしまいます。それは歳のせいかもしれませんが……。

 もちろん音楽再生においてもアプリの充実などもあり、年々進化しています。あくまで噂ではありますが、近い将来iPhoneでは従来のイヤフォン・ジャックがなくなるという話も出ていますね。それを先取りしたようなライトニング・コネクター直結のイヤフォン“IC-Earphone(リンクス)”も登場しています。Android携帯では、スマホのみでハイレゾを再生できる機種もすでに登場しています。例えばハイレゾの普及に力を入れているソニーの“Xperia Z5”なども、そのひとつと言えます。iPhone/Android携帯とも近い将来は、ハイレゾ再生が標準になりそうな予感がします。

 しかし現状スマホのみでのハイレゾ再生は、Android携帯の一部機種に限られています。スマホでハイレゾ(PCMやDSD)を再生することは可能ですが、基本的には外部のDACを接続してD/Aを行なうことで、ハイレゾ本来の音質を楽しむことができます。その辺りは、コラムの第15回『iPhone/Androidスマホでハイレゾ音源を楽しんじゃおう!』をぜひ参考にして頂ければと思います。それほど難しくなく、スマホでハイレゾ再生を楽しめることがわかると思います。

 今回は、そんなスマホでハイレゾを楽しむ際に必須の再生アプリを厳選してご紹介します。既存のアプリでは再生不可能なファイル形式に対応できる心強いアプリもあり、中には無料で使える太っ腹なアプリもあります。またコラムの第18回『ハイレゾ再生できるWindows&Mac音楽再生ソフト集』でご紹介したソフトと同じように、スマホでも音楽再生アプリを変えると、ユーザーインターフェースの使い勝手だけではなく、音質そのものも変化します。さらに細かなEQセッティングができるなど、ギターの音作りに似た遊び心のある機能が盛り込まれたアプリなどもあります。ぜひ、自分好みの再生アプリをゲットしてスマホでの音楽ライフを充実させて下さい。

ハイレゾ再生可能なiPhone & Androidアプリ10選

 今回紹介するアプリは基本的にハイレゾ再生が可能なソフトです。ただしiOS、Androidのバージョンや再生環境(DAC等)などによっては、正しく再生できなかったり、ノイズが乗ってしまったりといった不具合が起きることもあります。また同一ソフトであってもiOS版、Android版では機能が違っていることもありますのでご了承頂ければ幸いです。有料のものであっても、それほど高価なアプリはないので、ぜひトライしてみて下さい。普段使っている再生アプリとの音の違いに、きっと気付くはずです。

radius NePLAYER

 ハイレゾ再生アプリとしてとても高い人気を誇るのが、スマホ用の周辺機器やデジタル・オーディオなどを手掛けるラディウスが開発した『NePLAYER』です。1,800円という価格ですが、それに見合うだけの音質、再生ファイルの豊富さが魅力のアプリです。iOS版ではDSDファイルも再生できるため、現在発売されているほとんどすべてのハイレゾ音源を出力することができます。Android版はDSDの再生には対応していませんが、24bit/192kHzまでのハイレゾ音源を再生可能です。

【ダウンロードURL】
■iOS版(¥1,800)
https://itunes.apple.com/jp/app/radius-ne-player/id970389374?mt=8
■Android版(¥1,800)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.radius.neplayer_ver2&hl=ja

ONKYO HF Player

 老舗のオーディオ・ブランド、オンキヨーが無償で提供している音楽再生アプリが『HF Player』です。DSDやハイレゾ音源(FLAC、WAV、24bit/192kHz)などを再生することができますが、無料バージョンの場合は外部DACに接続してもダウン・サウンプリングされて再生されます。ハイレゾの魅力を十分に味わうためには、アプリをダウンロード後にそれぞれのパッケージを購入する必要がありますが、iOS版でも1,200円と良心的な価格設定なので、ぜひ試してみて下さい。

【ダウンロードURL】
■ iOS版(無料/※HDプレーヤーパックは¥1,200)
https://itunes.apple.com/jp/app/onkyo-hf-player/id704139896?mt=8
■Android版(無料/※HF Player Unlockerは¥1,000)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.onkyo.jp.musicplayer&hl=ja

TEAC HR Audio Player

 ハイレゾ関連製品にも力を入れているTEACが無償で提供しているアプリが、この『TEAC HR Audio Player』です。このアプリは、TEACの対応製品(HA-P90SD、HA-P5、HA-P50SE、HA-P50)を接続すると、そのままハイレゾの再生が可能です。ただし接続機器が対応しているファイル形式に依存するためHA-P50SE、HA-P50では、一部ダウン・コンバートされて出力されます。またTEAC以外の外部DACを接続して使用する場合は、アプリ内のパッケージを購入する必要があります。

【ダウンロードURL】
■ iOS版(無料/※HRプレーヤーパックは¥1,200)
https://itunes.apple.com/jp/app/hr-audio-player-for-ios/id847103886?mt=8
■ Android版(無料/※HR Player Unlockerは¥1,000)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.teac.jp.musicplayer

Neutron Music Player

 有料ながら1,000円以下で楽しめる再生アプリが、この『Neutron Music Player』です。再生ファイルは、iOS/Androidで若干異なっていますが、かなり幅広いファイル(ハイレゾ含む)が再生可能です。このアプリの魅力は、細かな設定が可能なイコライザーを含め、音質をかなりマニアックに自分好みにセッティングできる点にもあります。音作りが好きなデジマート読者には、最適なアプリと言えるのではないでしょうか? 64bit処理も可能で、音質面でもアドバンテージがあります。

【ダウンロードURL】
■iOS版(¥720)
https://itunes.apple.com/jp/app/neutron-music-player/id766858884?mt=8
■Android版(¥669)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.neutroncode.mp&hl=ja

Radsone

 24bit/192kHzまでのファイルを再生可能ながら、基本的な音楽再生機能は無料で使うことができるアプリが『Radsone』です。原稿を書いている時点のバージョンは4.0.1と、常にバージョンアップもしています。それだけ成熟し、無料でありながらリスニング環境(ヘッドフォン/イヤフォン、車、スピーカー)に合わせて最適化されたサウンドが得られるなど、かなりの機能が付いています。さらにアプリ内で課金をすれば、デジタル・ノイズの除去処理機能のRSエンジン($2.99)、グライコのGEQ($1.99)の機能も使うことができ、さらに音質を高めることも可能です。

【ダウンロードURL】
■iOS版(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/radsone/id917903045?mt=8
■Android版(無料)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.radsone.dct&hl=ja

ELECOM Hi-Res Music Player

 ネットワーク機器やサプライ製品の開発、コストパフォーマンスに優れるイヤフォン等の販売などを手掛けるエレコム。同社が開発し、無償で提供しているアプリが『ELECOM Hi-Res Music Player』です。WAVやFLACなど24bit/192kHzまで再生することが可能です。操作も難しくなく、初めて使うハイレゾ対応アプリとしてもお薦めです。やや動作が不安定といった評価も散見されますが、無料なので気軽に試せるのも嬉しいですね。また、m-flo☆Taku Takahashi氏のオリジナル・サンプル・ハイレゾ音源も同梱されています。

【ダウンロードURL】
■iOS版(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/elecom-hi-res-music-player/id1024887652?l=ja&ls=1&mt=8
■Android版(無料)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.elecom.android.musicplayer

KaiserTone

 音質にこだわったサウンド・エンジン“AQS-VI”を搭載し、PCMでは32bit/768kHzの再生、DSDでは12MHz/1bitまでのPCM(※DSD信号をPCM信号に変換して再生)/DoP(※DSD信号をそのまま再生)再生にも対応する高性能の再生アプリが『KaiserTone』です。64bit高精度演算処理にも対応し、マニアも納得する音質を実現しています。残念ながらiOS版しかありませんが、様々なハイレゾ・ファイルをiOS搭載機器で再生し、音質を追求したい方にはお薦めです。操作性も良く、非常に使いやすい再生アプリです。

【ダウンロードURL】
■iOS版(¥1,200)
https://itunes.apple.com/jp/app/id725299207?mt=8

Hibiki

 DSDの再生専用アプリとして注目を集めたのが『Hibiki』です。DSDの再生は、PCM/DoP再生の両方が可能で、DSD256(11.2MHz/1bit)まで対応しています。フォーマットもDSF、DFF、WSD形式となっています。さらに一度に再生できる曲が3曲と限られますが、有料版と同じ機能が無料のアプリ『HibikiFree』でも使えます。音質面でも独自のアップコンバート技術“Hibikiエンジン”で、原音に近づけたより高音質な再生音が得られます。

【ダウンロードURL】
■iOS版(¥1,400)
https://itunes.apple.com/jp/app/hibiki/id592396897?mt=8

iAudioGate

 DSDの再生ソフトとしても人気の高い『AudioGate』シリーズを生み出したKORG。同社がiOS用に開発した音楽再生アプリが 『iAudioGate』です。有料で他のソフトに比べるとやや高価ですが、『AudioGate』と同じ高音質再生エンジンを使い、ワンランク上のサウンド・クオリティを狙えます。DSDはDSD256(11.2MHz/1bit)まで対応し、24bit/192kHzまでのWAV、FLACなどのPCM音源の再生も可能です。また独自のアップ・サンプリング技術で、CDからリッピングした音源も高音質で楽しめます。

【ダウンロードURL】
■iOS版(¥2,400)
https://itunes.apple.com/jp/app/iaudiogate-high-resolution/id997209451?l=ja&ls=1&mt=8

USB Audio Player PRO

 Androidのハイレゾ再生アプリとして人気が高いのが、この『USB Audio Player PRO』です。対応する外部DACを接続することで、幅広いPCM音源のファイル形式、DSDの再生が可能です。接続の対応が確認されている外部機器については、アプリの購入ページに掲載されていて便利です。対応DACを持っている方やこれから購入する予定で、Androidでのハイレゾ再生を考えている方にもお薦めです。ただし、このアプリはAndroid版のみになります。

【ダウンロードURL】
■Android版(¥975)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.extreamsd.usbaudioplayerpro&hl=ja

【番外編】McIntosh AP1 Audio Player

 オーディオ界の“Gibson”とも言える(※あくまで私見ですが、濃い音質はMartin系よりもGibsonらしさを感じるので)のが、マッキントッシュというブランドです。ギターで例えればギブソン、マーティン、フェンダーのようなものでしょうか、オーディオ・ファンであれば、“一度は使ってみたい”と思うアンプを長年製作しています。そのアンプに付けられているブルーに光るレベル・メーターのデザインが使われたクールな再生アプリが、この『McIntosh AP1 Audio Player』です。残念ながらハイレゾ再生には対応しておらず、機能は限られてしまいますが、憧れのアンプの雰囲気を感じながら音楽を聴くのも楽しいですね。

【ダウンロードURL】
■iOS版(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/mcintosh-ap1-audio-player/id411263894?mt=8


 今回はiPhone&Androidの音楽再生アプリをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? これ以外にもハイレゾ再生はできなくても、音そのものを加工するアプリやエイジングするアプリなど、日々のリスニング・ライフを楽しくしてくれるようなアプリが多くあります。ぜひ色々と試してみて下さい。再生アプリを変えるだけで、音質が変わるので楽しいはずです。ただし、自分が使っているiOS、Androidのバージョンによっては、正しく動作しないアプリも稀にありますので、各アプリページの説明を読み、評価なども事前にチェックしましょう。まずは無料で試せる再生アプリで、音質が変化することが実感できたら、有料のアプリにもチャレンジしてみて下さい。有料アプリは、とても工夫されて作られているものが多いと思います。好きな音楽を高音質で聴きながら通勤/通学ができれば、一日のテンションも上がりそうですね。くれぐれも音楽に没頭し過ぎて、乗り過ごさないように注意して下さい。それでは、また次回!

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

菊池真平(きくち・しんぺい)
音楽雑誌「Player」、オーディオ誌を発行するステレオサウンド社で「Beat Sound」、「Digi Fi」の編集に携わった後に独立。現在はフリーランスで、ビンテージ・ギター関連書籍/ギターに関する雑誌等に、編集/ライターとして携わる。国内外のミュージシャンへのインタビュー等も多数行っている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS