楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 自身のシグネチャー・ドライブ・ペダルをアレン・ハインズが試奏レビュー!

Xotic / Soul Driven AH feat. Allen Hinds

Xotic / Soul Driven AH

  • 試奏・解説:Allen Hinds 取材・文:坂本信 動画撮影:伊藤大輔 動画編集:瀬戸和幸(ノア・ノア) 録音:大屋努
このエントリーをはてなブックマークに追加

 艶やかなトーン、スライド・バーを織り交ぜた滑らかなフレージング、ピック弾きと指弾きの巧みな使い分けで絶妙にコントロールされたクランチ・サウンドが持ち味のギタリスト、アレン・ハインズ。彼の名を冠したオーバードライブ・ペダルSoul Driven AHが、Xoticから発売になった。もともと同社のAC Boosterを愛用していたアレンが、自分の理想により近いオーバードライブ・サウンドを得るために、サウンド作りに関するノウハウを生かし、Xoticと共に数年を費やして開発した自信作だ。

 XoticではRCやAC、BBといった使い勝手の良いブースターやプリアンプを発売しているが、これらのペダルとSoul Driven AHとの最大の違いは、アレン自身が動画でも述べているように、2つのトーン・コントロールが従来のBassとTrebleではなく、ToneとMid Boostの組み合わせになっているという点にある。これにより、ギターのサウンド作りの決め手となるミッドからトレブルにかけての周波数帯域を、より細かく的確に調節でき、バンドの中でも埋もれない抜けるトーンを生み出すことができるわけだ。

 一方、ベース・コントロールはフロント・パネルから省略されたが、裏蓋を開けると内部に2個1組のDIPスイッチがあり、これらの組み合わせで125Hzを中心とする低域のブースト量を4段階(フラット/+2.4dB/+3.6dB/+6.0dB)に設定できるようになっている。ちなみに、アレンはデフォルトのフラットに設定している。

Xotic / Soul Driven AH

 肝心のオーバードライブ・サウンドは、動画でもおわかりのとおり、いかにもアレンらしい滑らかなものだ。彼の使い方の特徴は、最も歪ませた時を想定してGainを高めに設定しながら、ギター本体のボリュームで歪みの量を常に細かく調節している点と、ピック弾きでも指弾きでも、基本的にごく軽くピッキングしている点にある。ピッキングが強すぎると弦振動がフレット/指板によって抑制され、生音、とりわけ低音域がつぶれてしまう。軽くピッキングすることによって、弦がより自然に振動し、高音弦はより太く、低音弦はより豊かに鳴ってくれるわけだ。

 ギターとペダルとアンプのセット全体を、1台のアコースティック楽器のように扱うことが、このSoul Driven AHの魅力を最大限に生かすコツだと言えるだろう。ピッキングの細やかなニュアンスを失わず、アンプのサウンドを保ってくれるナチュラルなオーバードライブを求めているプレイヤーは要チェックのペダルだ。


内部に設けられた2個のDIPスイッチ。この組み合わせで125Hzを中心とする低域のブースト量を4段階に設定できる。

筐体左サイドに貼られたアレン・ハインズのシグネチャー・プレート。全世界で1500台の限定生産だ。

同梱スペシャル・パッケージとして、アレンのニュー・アルバム『Fly South』のダウンロード・カードも。必聴!

※使用アンプ:Fender Twin ReverbFender '68 Custom Deluxe Reverb

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Xotic / Soul Driven AH

価格:¥25,000 (税別)

【スペック】
■コントロール:ゲイン、ボリューム、トーン、ミッド・ブースト、ディップ・スイッチ × 2(ボディ内部)、エフェクト・オン/オフ・スイッチ ■入出力端子:入力、出力 ■電源:9Vバッテリー、DC9V ACアダプター ■入力インピーダンス:500kΩ ■出力インピーダンス:10kΩ ■外形寸法:60(W)× 110(D)× 50(H)mm ■重量:270g
【問い合わせ】
PCI Japan http://www.pci-jpn.com
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

Allen Hinds『FLY SOUTH』

Allen Hinds(アレン・ハインズ)
ロサンゼルスを拠点に活動するジャズ/フュージョンのトップ・ギタリスト。1986年、米『Guitar Player Magazine』誌のコンテストでラリー・カールトン賞を受賞。その奨学金でMusicians Institutes(MI)へ入学し音楽活動をスタート。ボビー・コールドウェル、ロバータ・フラックなどのライブ・サポート経験も持ち、現在はジャズ/フュージョンのソロ活動をメインにMIの講師なども勤める。ピック弾きと指弾きの巧みな使い分けで絶妙にコントロールされたクランチ・サウンドと多彩な表現力は随一。最新アルバムは2016年にリリースされた『FLY SOUTH』

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS