楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • e☆イヤホンの広報部長たっくんが“耳”に素敵な製品を紹介!

いま大注目のTrueWirelessイヤホン3機種を比較してみた!

TrueWirelessイヤホン

  • 文:岡田卓也(e☆イヤホン)

そろそろケーブルの煩わしさから解き放たれたいイヤホン・ユーザーも多いと思いますが、今回の耳ログ!では今年益々盛り上がるであろうワイヤレス・イヤホンの進化形、完全ケーブル・フリーの「TrueWirelessイヤホン」の注目機種を我らがイヤホン王子が比べてみました。いま大注目のTrueWireless、まずはこの3機種からチェックしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の耳ログは人気の「TrueWirelessイヤホン」を比較したいと思います。TrueWirelessとは、Bluetoothイヤホンの進化形に当たるイヤホンで、これまでのBluetoothイヤホンは左右をケーブルで結んだ形が標準的でしたが、TrueWirelessでは左右を結ぶケーブルがなくなり、ケーブルの煩わしさを感じさせない最新のワイヤレス・イヤホンです。
 そこで今回はTrueWirelessの先駆け『EARIN M-1』、appleから発売となった『apple AirPods』、そして人気の新製品 『SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR』とTrueWirelessの大本命とも言える3機種を比較していきたいと思います!

まずは充電器にもなるケース・サイズをチェック!

 まずは本体を収納するケースのサイズから比較をしていきます。TrueWirelessイヤホンでは、ケースが充電器を兼ねており、収納すると自動的に本体が充電される仕組みになっています。

手前から時計回りにEARIN M-1、SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR、apple AirPods

  • EARIN M-1 直径21×長さ95mm / 重量:ケース42g、本体3.5g

 付属のケースは円柱型で、細長い形をしています。600mAhリチャージャブル・リチウムイオンを搭載し、満充電にかかる時間は75分となっています。本体の連続再生時間は最大約3時間、ケースに収納する事で自動で充電され、約3回分の充電が可能です。

  • apple AirPods 幅44.3×奥行21.3×高さ53.5mm / 重量:ケース38g、本体4g

 TicTacのケースの様なサイズ感で、今回比較する3機種の中では一番持ち運びやすいサイズのケースです。AirPods本体は最大5時間の再生、最大2時間の連続通話が可能となっています。最大の特徴は、充電ケースで15分充電すると約3時間の再生、または1時間以上の連続通話が可能というエネルギー効率の良いイヤホンということ。ケース自体の充電時間は記載がなく、届いたばかりで正確に測れていませんが、約1.5時間程度だと思います。

  • SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR 幅90×奥行47×高さ32mm / 重量:ケース117g、本体6g

 ケースのサイズは記載がなかったので実測ですが、一番大きなケースです。本体は3時間の連続再生が可能ですが、ケースには大型のバッテリーが積まれており、ケースから本体に約15回の充電が可能となっています。またモバイルバッテリーとしても使用でき、USB-Aの出力端子も付いています。スマホ1回分の充電が可能との事で、バッテリー容量はおそらく3,000mAh程度だと思います。

 ケースのサイズを単純に比較すると、一番小型で持ち運びやすいのはapple AirPodsでした。反対に一番大きいのはSOL REPUBLIC SOL AMPS AIR。ケースが大きいのは容量の大きいバッテリーを搭載しているからで、充電の回数を考えるとSOL AMPS AIRが少なく済みそうですね。

続いて本体サイズをチェック!

 続いては本体サイズを見てみましょう。それぞれケースに入れた際に、充電のための接点となる端子があります。接点が一番小さいのはSOL AMPS AIRですが、耳に触れる部分に端子があるので汗をかくと錆が出てきそうな印象です。その点、EARIN M-1やapple AirPodsは端子が耳に触れないデザインになっています。本体サイズはEARIN M-1が一番小型でした。

最後はサウンド&使い勝手をチェック!

EARIN M-1 / 価格:25,790円(税込)

EARIN M-1 / 価格:25,790円(税込)

e☆イヤホンで購入

 本体をケースに入れる時は、イヤーピース側を向かい合わせる様に収納し、イヤホン本体をはめ込むとランプが点灯し充電が始まります。イヤホン本体への充電が終わるとランプが消えます。イヤホン本体をはめ込む必要があり、左右それぞれがきちんとはまっているか分からないのが難点。ケースから取り出すと自動で電源がONになるので、Bluetoothの接続設定の画面で『EARIN L』を選択すればペアリングは完了です。

 使用感としては、ケースへの本体のはめ込みが煩わしく感じたり、ペアリング方法が分かりにくく感じます。
本体はかなり小型軽量で、装着している事を忘れてしまう程に快適な装着感ですが、プラスチック感があり、ケースに比べると少しチープな印象を受けてしまいます。
 サウンド面では、EARIN M-1のドライバーにはバランスド・アーマチュアが採用されていて、中高域が繊細でクリア、かつよく出るBA型らしい音が特徴。迫力のある音ではありませんが、繊細な音の表現を感じ取れるレベルの高いイヤホンです。Bluetoothでも本格的なサウンドを楽しみたい方にオススメです。

apple AirPods / apple直販価格:18,144円(税込)

apple AirPods / apple直販価格:18,144円(税込)

 本体を収納しても小型なケースや、一体感のあるデザインはさすがappleの製品と感じるところ。EARIN M-1のようにはめ込む必要が無く、ケースに落とすように入れるだけでチャージが始まります。ケースの中央にはランプが付いていて、蓋を開けると接続の状態などを表示してくれます。

 蓋の開閉が電源に連動していて、蓋を開けると自動でiPhoneに接続のポップアップが表示され一目で本体、ケースの電源の状態が分かります。最初の接続は、蓋を開けてイヤホンを取り出さずに、ポップアップの『接続』という文字をタップするだけで良く、環境設定のBluetoothで手動で設定する必要が無いのがとても楽ですね。実際に店頭に立っているとBluetoothの接続の仕方でお問合せを受ける事も多いので、iphoneユーザーの方で初めてBluetoothイヤホンを買おうと思っている方には、この手軽さはかなり魅力に感じると思います。

 装着感は、耳にそっと乗せる様な装着方法で良好。少し激しく動いてもイヤホンが外れる事はありません。形状はiPhoneに付属しているEarPodsにそっくりで、音質も基本的には同じだと思います。EarPodsに比べて少し中域が聴き取りやすい音にも感じますが、大幅な音質の向上はしておらず、EarPodsの価格を考えるとこの価格での音としてはコスパの悪い音に感じます。

 密閉しないタイプのイヤホンなので、外の音が入ってきますし、それと同じ様に音漏れもします。構造上、低域が抜けてしまうので、他の2機種と比較して低域は控えめで、迫力のあるサウンドという感じではありません。スッキリとしたサウンドで音ヌケのよいクリアなサウンドという印象です。
 片方のイヤホンを外すと音が止まるなど、使い勝手は3機種の中で一番良い印象ですが、音質に関していえば3機種の中では一番低いと感じました。
 iPhoneユーザーで、気軽にワイヤレスイヤホンを使いたい方や、付け外しの頻度が多い方にオススメのイヤホンです。

SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR / 価格:16,070円(税込)

SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR / 価格:16,070円(税込)

e☆イヤホンで購入

 ケースとは本体内側の端子が接する事でチャージをしています。 ケースにはL、Rどちらでも入れられる構造になっていて、左右を気にせずに収納できるのは好印象です。 USBの端子があるからか、イヤホン本体の収納場所がケースの左側に寄っていて、右側に空白があるのは気になります。

 ペアリング方法は説明書を見ないと分かりにくいかもしれませんが、ブロンズの部分がボタンになっていて、スマホ側のBluetooth設定で検索している最中に、左右のボタンを同時にダブルクリックするとAMPS AIRをペアリングできます。片耳だけボタンを押すと、片耳だけペアリングされるので、片耳イヤホンとしても使用できます。
 他2機種と比較すると、密閉度の高い装着感で、遮音性、音漏れ共に一番性能が良いイヤホンだと思います。また、耳に当たる部分がシリコンの様な少し柔らかい素材になっていて耳当たりが良く、耳が痛くなる事がなく長時間の使用にもオススメできます。
 音は低域を中心とした重心の低いサウンドで、ずっしりとした重みがあります。また、クリアさも十分で、ヌケ良く音の広がりも良好です。個人的には、3機種の中では一番好みな音です。中域は聴き取りやすく、高域は少し鋭い感じの音です。一点残念なのが、ほんの少し音割れがある事です。曲によっては気にならなかったりもしますが、ほんの少しだけの音割れが気になります。
 デザインも良く、使い勝手、装着感もパーフェクトに近いのに、このほんの少しの音割れが無ければ……。EDMなどをよく聴く方や、デザインにもこだわりたいという方にオススメのイヤホンです。


 という事でTrueWirelessイヤホン3機種を比較してみました。AirPodsの金額を考えると、個人的なオススメは『SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR』です! ぜひTrueWirelessイヤホンをご試聴してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岡田卓也(おかだ・たくや)
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」PR本部 本部長。帰省時にイヤホンが断線し、たまたま購入したSHURE E2cでイヤホンにハマる。これまでに試聴したイヤホン・ヘッドホンの数は数千機種に及ぶ。日本人で初めて(おそらく)beats本社やUltimateEarsのラボ見学をしたことが自慢。

オススメRECOMMEND

    人気記事RANKING

    製品レビューREVIEW

    製品ニュースPROUCTS