楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • 野村義男とクルーズマニアックサウンドのコラボで生まれたマルチ・エフェクター

ヨッちゃんが動画で解説! 野村義男シグネチャー・ペダル「To Be Do Good【飛道具】」

Crews Maniac Sound / To Be Do Good【飛道具】

リットーミュージックから“思わず検索したくなる”ギター・コレクション足の踏場もないエフェクターコレクションと、2冊のコレクション本を発刊するほどのギター&エフェクター・マニアとして知られる野村義男氏。次は何の本!? と思ったら、なんとペダル・エフェクターを作ってしまいました! しかもあの玄人好みの国産ハイクオリティ・ブランドCrews Maniac Soundとのコラボレーションで生まれたその名も「To Be Do Good」! とぅびーどぅーぐっど……とーびーどーぐっ……とびどうぐ! ……何はともあれ、ヨッちゃん自らの解説付き動画をたっぷりお楽しみください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨッちゃんが動画で解説!
野村義男シグネチャー・ペダル「To Be Do Good【飛道具】」

To Be Do Good【飛道具】はこうして生まれた!

 足の踏み場もないほどのエフェクターをコレクションする無類のエフェクター・マニア、野村義男氏がエフェクターを考案したらどうなるのか? 想像するだけでワクワクする話ですが、この度ヨッちゃんとクルーズマニアックサウンドとのコラボレーションでその想像が現実のものとなりました。本機の開発は、まず野村氏のエフェクター・コレクションの中から、お気に入りのペダル3種類を選ぶところから始まりました。そして選ばれたオクターバー、トレモロ、フランジャーの3機種をクルーズマニアックサウンドに持ち込み、各機種の使い勝手やトーンを検証、個性的な3機種をより使いやすく、トーンにも独自のチューニングを施すことで全く新しいエフェクターが仕上がりました。しかしそれで終わらないのがヨッちゃん流。3つのエフェクターを一つの筐体に入れてしまおう! ということでこの「To Be Do Good【飛道具」は生まれたのです。

Crews Maniac Sound / To Be Do Good【飛道具】/ 価格:オープン(市場実勢価格:税別42,000円)

デジマートでこの商品を探す

Crews Maniac Sound / To Be Do Good【飛道具】リア・パネル

限定生産モデルには野村義男氏直筆のシリアル・シグネチャーが入る(写真はプロト・モデル)

野村コレクションより選ばれた3種類のエフェクト

OCTAVER

オクターバー・セクション

 クリアーノブ部分。トラッキング・スピードの速いアナログ・オクターバー。コントロールは原音ボリュームと1オクターブ下のボリュームのみ。それぞれブースト気味の設定も可能なので、使い方次第で多彩な効果を期待できる。アナログならではのオクターバー・サウンドは太く、それでいてスピード感のあるチューニングが施されている。

TREMOLO

トレモロ・セクション

 シルバーノブとラバーカバー付きブラックノブ(慣れたら足でコントロール可)部分。波形シェイプの調整で60年代のブリティッシュ・サウンドを連想させるトレモロ効果から、超強烈なマシンガン・サウンドまでをカバー。揺れのスピードを確認できるLEDを搭載する。しかもトレモロ・セクションはフットスイッチを踏んでいる間だけエフェクトが掛かるという野村氏こだわりの設計。歪みとの相性も抜群な、サイケなトレモロ・サウンド。

FLANGER

フランジャー・セクション

 クリームノブ部分。80年代のアナログ・フランジャーをベースに、サウンドをチューニング。テープエコー的ワウフラッター・サウンドからコーラス、そしてジェット・サウンドまで振り幅の広いアナログ・フランジャー。揺れのスピードを確認できるLEDを搭載する。アナログBBDを使用した本格的なフランジング・サウンドはクルーズらしいワイドレンジ仕様となる。もちろんローノイズで、歪みと合わせればボーイングジェット・トーンも!

ヨッちゃんからひとこといただきました!

この「To Be Do Good」の決まった使い方はありません。
手にした人が好きな様にサウンド作りをして下さい。
エフェクターと言うより、楽器をいじる感じですよ。
楽し過ぎ〜♪
by 野村義男

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Crews Maniac Sound / To Be Do Good【飛道具】

価格:オープン

【スペック】
■コントロール:【フランジャー】フィードバック、FXミックス、デプス、スピード/【トレモロ】シェイプ、スピード/【オクターバー】ドライ・ボリューム、オクターバー・ボリューム ■入出力端子:インプット、アウトプット ■入力電圧:9VDC(センターマイナス、200mA以上推奨) ■付属品:9Vアダプター ■サイズ:140(W)×130(D)×65(H)mm ■重量:650g
【問い合わせ】
株式会社クルーズ TEL:03-6696-5920 http://www.crewsguitars.co.jp/tobedogood/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村義男(のむら・よしお)
1964年10月26日・東京都出身。1975年、姉の影響でフォーク・ギターを手にする。1979年芸能界デビュー。1983年『The Good-Bye』結成、 シングル「気まぐれONE WAY BOY」でデビュー(1990年The Good-Bye活動休止、2003年再開)。 その後、自身が中心となって『三喜屋野村モーター'S BAND』『三野姫』『Funk Rocket』『RIDER CHIPS』等を結成。1992年ソロアルバム「440Hz with 〈Band of Joy〉」をリリース。1995年自己のレーベル「PEGレーベル」を立ち上げる。現在は自身のBAND活動の他に、浜崎あゆみ、世良公則「GUILD 9」、音屋吉右衛門、宇都宮隆「U_WAVE」、ダイアモンド☆ユカイなど多くのアーティストのライブやレコーディングに参加している。

オススメRECOMMEND

    人気記事RANKING

    製品レビューREVIEW

    製品ニュースPROUCTS