楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 週刊ギブソン Weekly Gibson〜第144回

激レア黒フィニッシュ1959 Les Paul Juniorが“Collector's Choice”で登場!

Gibson Custom Shop / Collector’s Choice #19 1959 Les Paul Junior Double Cutaway

Collector's Choice(以下、CC)ファンの皆様、お待たせいたしました! 歴史的個体を完全再現するシリーズ、CCからついにレス・ポール・ジュニアが初登場しました(これまではすべてレス・ポール・スタンダードでした)。シンプル、かつ最高のロック・ギターであるジュニア、しかもウルトラ・レアなブラックの個体を再現しているとあれば、注目しないわけにはいきません。今回は、Gibson Custom Collector's Choice #19 1959 Les Paul Junior Double Cutawayをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

使用アンプ:マッチレスSpitfire '15(ヘッド)+マーシャル1960A(キャビネット)
使用シールド:ギブソンInstrument Cable

非常にレアなブラック・フィニッシュのジュニアを再現
Collector’s Choice #19 1959 Les Paul Junior Double Cutaway

 ギブソン・レス・ポール・ジュニアが初めてリリースされたのは、1954年のことです。レス・ポール・スタンダードとレス・ポール・カスタムから遅れること2年、それらの上位機種に対するエントリー・モデルという位置付けでリリースされました。トップにメイプルを貼らないフラットなマホガニー・ボディで、ピックアップはP-90を1発、コントロールは1ボリューム/1トーンというシンプルな仕様に徹して、価格を抑えていました。

 シンプルな作りとはいえ、上質なマホガニーを贅沢に奢り、ピックアップやコンデンサーなどは上位機種と同等のものを使い、組み込みにも一切の妥協はありませんから、その音色は素晴らしいものでした。そこにいち早く気づいたロックやブルースのプレイヤー、そしてパンクやオルタナ系のプレイヤーに、レス・ポール・ジュニアは愛され続けてきました。

59スタイルのネック・シェイプ

ドッグイヤー・タイプのP-90ピックアップとラップアラウンド・バー・ブリッジ

まさに入魂と言えるエイジド処理が施されたボディ・トップ

 時は流れ、今やビンテージ・ジュニアに対する評価は高まる一方で、価格も高騰しています。良いビンテージ・ジュニアを手に入れることは年々難しくなってきているのです。そんなタイミングで、ギブソン・カスタムは1本の非常にレアなオリジナルのジュニアに巡り合いました。それは1959年製のダブル・カッタウェイのモデルなのですが、なんとブラック・フィニッシュの個体です。ダブル・カッタウェイのジュニアのフィニッシュは通常はチェリーかTV(当時モノクロだったテレビで、映りが良いように塗られたといわれるイエロー系のフィニッシュ)で、著者も今回の復刻までブラックの個体が存在することすら知りませんでした。この非常にレアで、当然音も良い個体を、ジュニアが高騰し続けるタイミングで復刻することには意味がある──ギブソン・カスタムはそう判断し、シリアル932517の個体を徹底的に分析して、CCの#19として上限300本での生産を決定しました。

極太のミッドと尋常ではない粘りを持つギター

 ボディとネックは上質なマホガニーの1ピースで、指板はインディアン・ローズウッドの1ピース、ジョイントはハイドグルーで接着され、塗装は極薄のニトロセルロースラッカー、しかもエイジド処理が施されている──これで、余計な装飾は一切なしですから、鳴らないわけがないという感じです。実際に弾いてみると、とにかく音が太い! 特にミッドの太さは素晴らしいです。これは木部が貢献しているだけでなく、シンプルなコントロールが奏功し、無駄なく信号が通っていることも要因だと思います。

 個人的には、音が太いエレクトリックのソリッド・ギターと言えばレス・ポール・ジュニア以上のものはないと思っていますが、今回、その思いを新たにしました。スライド・バーを使って弾いても、音の粘りが尋常ではありません。もちろん、とてもシンプルなギターですから守備範囲が広いわけではありませんが、ハマれば最強のギターです。シンプルで音が太いギターが欲しい人には自信を持ってお薦めできます。しかも、このフィニッシュは買い逃したら後はありません。店頭にあるうちに、ぜひ一度手にとって試してみてください。

コレクターズ・チョイス・シリーズを再発見!

 歴史上重要な意味を持つ特定の個体を徹底的にプロファイルし、完全再現するコレクターズ・チョイスは、トゥルー・ヒストリックと並ぶギブソン・カスタムの最高峰シリーズ。今回は近年週刊ギブソンで紹介したコレクターズ・チョイスの一部をピックアップしてみました。再現に至った歴史的背景や、個体にまつわる物語を楽しんでみてください!

最も危ないバーストCollector’s Choice #45 1959 Les Paul“Danger 'Burst”

Collector’s Choice #45 1959 Les Paul“Danger 'Burst”

ビンテージ・ギターの権威が認めた最高のバースト
Collector’s Choice #35 Gruhn Burst

Les Paul Traditional 2017 T

164が弾く! Gibson Collector's Choice #24 1959 Les Paul Nicky

dEnkA(KNOCK OUT MONKEY)× Gibson & Epiphone Les Paul 2017


※次回の週刊ギブソン〜Weekly Gibsonは3月31日(金)更新を予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Gibson Custom Shop / Collector’s Choice #19 1959 Les Paul Junior Double Cutaway

価格:¥723,000 (税別)

【スペック】
■ボディ:マホガニー ■指板:インディアン・ローズウッド ■ネック:マホガニー ■ピックアップ:P-90 ■コントロール:1ボリューム/1トーン ■フィニッシュ:エボニー・ブラック
【問い合わせ】
ギブソン・ジャパン http://www.gibson.com/
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS