楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • アップデートされた、フェンダー定番ベース・シリーズのすべて

イガラシ(ヒトリエ) meets Fender American Professional BASS

Fender / American Professional BASS

フェンダー・アメリカン・スタンダードからバトンを受け2017年から同社の顔となる新ラインナップが、この“アメリカン・プロフェッショナル・シリーズ”である。プレイアビリティのキモとなるネック、サウンドの核となるピックアップ、ルックスの印象を大きく左右するカラーリングなど、新シリーズ化にあたりさまざまな部分がアップデートされた。今回その実力を探るべく、テクニカルなプレイから味のあるフレージングまで、幅広いアプローチを持つイガラシ(ヒトリエ)に登場願い、試奏チェックをしてもらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

イガラシ(ヒトリエ)が
Fender American Professional Bassを弾き倒す!

American Professional Precision Bass & Precision Bass V

安定したグリップ感が得られる
1963年タイプのネックを持つプレシジョンベース

 本シリーズの特色を前身であるアメリカン・スタンダード・シリーズと比較してみると、まず一番の違いはネック周りで、“1963 C”と名付けられたネック・グリップは、名前どおり1963年製プレシジョンベースに倣ったやや厚みのあるシェイプを採用している。一方で、ナット幅41.3mm、241アール指板、細く山の高いナロー・トール・フレットなどモダンなアレンジも施されており、フィンガリングも快適だ。
 5弦モデルも同様のスペックで、ナット幅は47.6mm。ともに34インチ・スケールだが、同社オリジナルの重量(ハイマス)ブリッジは弦の裏通しにも対応しているので、ダウン・チューニングなどでもしっかりとしたテンション感と鳴りを生み出してくれる。
 もう一点大きな変更点は新開発のV-MODピックアップで、これは低音弦側と高音弦側で異なるマグネットを組み合わせたもの。各弦ごとの出力差なども適正に解消されており扱いやすい。
 オリンピック・ホワイトや、写真モデルのアンティーク・オリーブなど、ポップなカラーも魅力だ。

American Professional Precision Bass

American Professional Precision Bass(Maple Fingerboard)/税抜価格:200,000円

American Professional Precision Bass(Rosewood Fingerboard)/税抜価格:200,000円【☆】

“1963年製タイプ C型グリップ”ネック。黒いガイドの形状からもわかるように、しっかりとした形状となっている。

マイケル・バンプが新たにデザインした“V-MODスプリット・シングルコイル・ピックアップ”。低音側と高音側のポールピースで、種類の違うマグネットが使われている。

SPECIFICATIONS
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODスプリット・シングルコイル ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト/ブラック/アンティーク・オリーブ(写真)

デジマートでこの商品を探す

American Professional Precision Bass V

American Professional Precision Bass V/税抜価格:220,000円

SPECIFICATIONS
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODスプリット・シングルコイル ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト(以上2色はローズウッド指板モデルのみ)、ブラック/アンティーク・オリーブ(以上2色はメイプル指板モデルのみ)

デジマートでこの商品を探す

IGARASHI'S Impression

ガツガツいきたくなるし、5弦も締まってコントロールしやすい

 ネックは持ったときのプレベっぽさがなくて、ジャズベに近い印象でした。特にローズウッド指板は、ジャズベに近い感触で握ったほうが気持ちよく鳴らせましたね。
 個人的な好みとしてはメイプル指板のほうが好きで、理想のトーンを出すための弾き方はローズウッド指板よりシビアだと思うんですけど、それを弾き切ったときのトーンがすごく気持ちよかったです。メイプル指板のほうがガツガツいきたくなりますし、ローズウッド指板はよりオールラウンドに使えそうで、もっとフレーズを歌わせたくなる。同じフレーズを弾いてもフレーズの意味合いが変わってくるぐらい違う2本ですね。

 5弦モデルは、もっとローB弦がブワッと広がるかと思ったんですけど、すごく締まっていてコントロールがしやすかったです。それでいて、それ以外の弦はしっかり暴れてくれる。全体のバランスが取れているので4弦より使いやすいかもしれないです。何より、“プレベの音で5弦を弾くとこうなるんだ”っていう驚きがありました。音楽的に新しい発明ができそうですし、その可能性を感じますね。パッシブなので、4弦から持ち替えても違和感はないですし、これまで5弦ベースに少なからずあったあきらめとか妥協がないんです。

American Professional Jazz Bass & Jazz Bass V

よりスリムなネックでプレイアビリティを高めたニュー・ジャズベース

 ジャズベースもアメリカン・スタンダード・シリーズからの大きな変更点はネック周り。本シリーズのジャズベースでは、アメスタで採用されていたモダンCよりエッジ部分のラウンドが薄めな“スリムCシェイプ”を採用しており、ネックを握り込んだときやハイ・ポジションでの運指がスムーズになっている。241アール指板や、ナロー・トール・フレットとの相乗効果もあり、チョーキングのやりやすさやピッチの確かさなども向上しているのがうれしい。
 5弦モデルも同様のスペックで、ナット幅は47.6mm。オリジナルの軽量ペグを採用しているのでバランス感も良好だ。またこのペグはポストの下部が上部より狭くなっており、自然と弦の巻き圧を下方向に向けるテーパー仕様になっているのがポイント。ナットへの角度も充分取れ、伸びやかなサステインや安定したチューニングを実現している。ピックアップは4弦&5弦ともに新開発のV-MODシングルコイルを採用。
 こちらはどこかノスタルジックな新色、ソニック・グレイが目を惹く。

American Professional Jazz Bass

American Professional Jazz Bass/税抜価格:200,000円

ジャズベースのネックには“スリムC型グリップ”という形状が採用された。より細身のシェイプになったことで、テクニカルな演奏から、握り込むフォームまでプレイの幅が広がる。

ジャズベースにも新たなV-MODシングルコイル・ピックアップをマウント。こちらも同様のコンセプトでマグネットが使い分けられ、音作りの幅もさらに広がった。

SPECIFICATIONS
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODシングルコイル×2 ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム×2、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト/ブラック/ソニック・グレイ(写真)

デジマートでこの商品を探す

American Professional Jazz Bass V

American Professional Jazz Bass V/税抜価格:220,000円

SPECIFICATIONS
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODシングルコイル×2 ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム×2、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト(以上2色はローズウッド指板モデルのみ)、ブラック/ソニック・グレイ(以上2色はメイプル指板モデルのみ)

デジマートでこの商品を探す

IGARASHI'S Impression

これを弾いてみると、ジャズベの特徴や良さがわかると思う

 きらびやかでハリのある音ですね。アタックが速いというのもあると思いますが、耳への飛び込み方、張りつき方が気持ちよかったです。この感じはEQなどでどうにかなる部分ではないので、すごくいいベースですよ。
 ネックはかなりスリムで、ロー・ポジションなら握り込むと親指が2弦ぐらいまで届きますし、自分のジャズベと比べてもめっちゃ弾きやすい。普段ジャズベを弾いていてプレベを持ったときの差より、同じジャズベでもこのベースのほうが新しいモノに触れている気がしましたね。よりオールマイティな楽器として特化していると感じましたし、いいジャズベが欲しいと思ったら、まずこれを弾いてみてほしい。ジャズベの特徴や良さがわかると思います。

 5弦は、4弦より柔らかい鳴りの印象です。キラッとした部分はあってレスポンスも速いんですけど、よりふくよかな感じがします。これはローB弦だけでなく、全弦のアタックの奥にふくよかさがある印象なんです。ピッチ感も正確ですし、4弦の音域でもローB弦で弾くとまた違った感じになるから、フレーズや表現したいトーンに合わせてポジションを選択できます。フレージングの可能性を広げてくれますね。

American Professional Jazz Bass Fretless

ローズウッド指板の王道フレットレス・モデル

 4弦ジャズベースにはフレットレス・モデルもラインナップ。仕様はフレッテッドと同じで、ネックはスリムCグリップだが、こちらはローズウッド指板のみとなる。指板アールは241mmで、ビンテージ系の184mmより幾分フラットなためピッチも取りやすいだろう。
 また、ネック裏の塗装はサラサラとしたサテン仕上げとなっており(フレッテッドも共通)、指板の横移動などもスムーズに行なえる。テーパード・ペグと重量ブリッジによる豊かなサステインも、フレットレスではさらに生きてくるポイントだ。ナットも、アメスタの人工牛骨から天然牛骨に変更されており、ナチュラルなアタック感を生み出してくれる。
 定番の3カラー・サンバーストやポップなソニック・グレイのほか、精悍なブラック・カラーもラインナップしている。

American Professional Jazz Bass Fretless/税抜価格:200,000円


SPECIFICATIONS
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:ローズウッド ●ピックアップ:V-MOD シングルコイル×2 ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム×2、トーン●カラー:3カラー・サンバースト/ブラック/ソニック・グレイ

デジマートでこの商品を探す

IGARASHI's Impression

フレッテッドと同じように使えて、
さらにスライドなどでニュアンスも出せる

 自分に任されているコントロールの幅が広い楽器で、弾き方でアタックもしっかり出せますし、フレッテッドならではのきらびやかさはないんですが、レスポンスの速さなど、フレッテッドで感じた核の部分はこれにも生きていると感じました。
 バンドに混じっても音抜けが良さそうですし、ニュアンスもしっかり伝わりそうです。ピッチは、もちろん自分でシビアに取らなくちゃいけないんですが、境目の曖昧さがないというか、押さえたところのピッチを正確に出してくれる印象です。フレッテッドと同じようにバンドでも使えて、さらにスライドなどでフレットレスらしいニュアンスが出せる、おもしろい武器になりそうな可能性を感じました。
 個人的には思いっきり歪ませて使ってみたいですし、今回はフラット・ワウンド弦でしたけど、ラウンド・ワウンド弦でも試してみたいですね。

Total Impression

今の時代のプレベ、ジャズベの指標になる音。
そういう存在だなと感じました。

 試奏してみて、めっちゃ欲しくなりました(笑)。やっぱり、普段僕が弾いているビンテージ志向のベースとは全然違っていて、すごく便利です。便利というと誤解されちゃうかもしれませんが、ビンテージのように取っつきづらい部分がないから弾いていて楽しくなるし、イメージがそのままわかりやすく音になってくれる。“なんでうまくいかないんだろう?”ってつまずくところがないし、もっと“うまくなるべきところ”をわかりやすく教えてもくれるんです。
 もちろん、入門者向けのシリーズではないですけど、本当にこれでベースを始めたかったですよ。確かに、自分のベースと比べて余りにも弾きやすかったので、ちょっと過保護かなと思う部分もありました。ただ、やっぱり弾きやすいほうがいいですよね。それに、フレーズの表情などが見えやすくなる分、自分の弱点などもはっきりわかる。甘やかすといってもそこを隠してくれるわけではないです。決して均一化される音ではないですし、強く弾けば強く鳴る。それがあるから、自分に対する“もっとこうしたほうがいい”っていう部分にも気づけるんだと思います。ビンテージが最終的に奥義は教えてくれるけど厳しい師匠だとしたら、このアメリカン・プロフェッショナル・シリーズは、もっと自分とのチーム感が感じられるし助けてもくれる“いい助手”というイメージです。

 シリーズ全体に共通しているのは、アタックが速くて強くピッキングしなくてもしっかり音が見えるので、タッチをコントロールしやすかったというところ。
 プレベのサウンドは野球で例えるとストレートがズバン!とミットに入るイメージなんですけど、これはさらに速くて、スラップでもそこが失われなかったですね。ただ単にシャープになっているというわけではなく、粘りやパワーなど全体が一緒に流れてくる感じがあり、ビンテージとモダンのハイブリッドという感がありました。ジャズベは、プレベと比べて同じストレートでもアタックに全体が含まれていて、コントロールがいいストレートというイメージです。
 フレットや弦の裏通し、しっかりテンションをかけてくれるペグなどもあってピッチ感も良く、速いフレーズでも正確でしたね。そういうフレーズは、ジャズベだと思いどおりにしやすいと思うんですけど、プレベでも遅れてくる感じはなくて弾きやすかったです。
 もうひとつ、アンティーク・オリーブやソニック・グレイといったカラーは、第一印象からカワイイなと思いました(笑)。マットな感じで色モノっぽくはないですし、昔の車の塗装をイメージしますね

 現行最新モデルのすごさという点で、例えばライブ会場によっては普段僕が使っているベースだと発音や音抜けが少し甘いっていうときも、このシリーズのベースだったら解決するかもしれないという可能性を感じました。
 正直、弾く前はもっとダイナミクスとかが押さえ込まれたりする部分もあるのかと思っていたんですが、そういった部分の改善を重ねてきて今ここに最新型としてあるわけですよね。だから、弾いていて本当にストレスがなかったですし、ハイグレードなベースを持っている人でも一度試してもらったら、フェンダーの最新型の良さっていうのが間違いなく伝わると思います。プレベの良さ、ジャズベの良さ、フレットレスの良さっていうのをしっかりアウトプットできているシリーズで、これが“今の時代のプレベ、ジャズベの音の指標になる存在”だなと感じました。
 楽器としてのクオリティとこのシリーズでできることは、その後一生使えるぐらいのレベルだと思いますから、この価格帯も決して高くはないですよ。これが定番機種というのはすごいことですよね。

ベース・マガジン 2017年5月号発売中!

bassmag_1705.jpg 本記事はリットーミュージック刊『ベース・マガジン 2017年5月号』の特集記事「プロフェッショナルであるということ──アップデートされたフェンダー定番シリーズのすべて」の一部を転載しています。同特集ではTOKIE、佐藤征史(くるり)、磯部寛之([Alexandros])、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)による“アメリカン・プロフェッショナル・シリーズ”にまつわるインタビュー、ハリウッドに設立されたニュー・オフィスや工場の潜入レポートなどのコンテンツを収録。そのほかにも奏法特集『言葉遊びでリズムがわかる 1拍単位 符割り☆大全集』などを収めた、注目の1冊となっています。ぜひチェックしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Fender / American Professional Precision Bass

価格:¥200,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODスプリット・シングルコイル ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト/ブラック/アンティーク・オリーブ
【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp/
デジマートでこの商品を探す

Fender / American Professional Precision Bass Ⅴ

価格:¥220,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODスプリット・シングルコイル ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト(以上2色はローズウッド指板モデルのみ)、ブラック/アンティーク・オリーブ(以上2色はメイプル指板モデルのみ)
【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp/
デジマートでこの商品を探す

Fender / American Professional Jazz Bass

価格:¥200,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODシングルコイル×2 ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム×2、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト/ブラック/ソニック・グレイ
【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp/
デジマートでこの商品を探す

Fender / American Professional Jazz Bass Ⅴ

価格:¥220,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:メイプル or ローズウッド ●ピックアップ:V-MODシングルコイル×2 ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム×2、トーン ●カラー:3カラー・サンバースト/オリンピック・ホワイト(以上2色はローズウッド指板モデルのみ)、ブラック/ソニック・グレイ(以上2色はメイプル指板モデルのみ)
【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp/
デジマートでこの商品を探す

Fender / American Professional Jazz Bass Fretless

価格:¥200,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:アルダー ●ネック:メイプル ●指板:ローズウッド ●ピックアップ:V-MOD シングルコイル×2 ●ブリッジ:ハイマス・ビンテージ・ブリッジ ●コントロール:ボリューム×2、トーン●カラー:3カラー・サンバースト/ブラック/ソニック・グレイ
【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp/
デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

    人気記事RANKING

    製品レビューREVIEW

    製品ニュースPROUCTS