楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • ジェフ・ベックの使用機材を紹介!

最新映像作『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』に見るジェフ・ベック使用機材まとめ

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016

  • 制作:デジマート・マガジン 写真提供:ヤマハミュージックエンタテインメント 来日公演機材撮影:菊地英二 文:細川真平

60年代にヤードバーズのギタリストとしてデビュー。卓越した演奏技術を武器に、その後はジェフ・ベック・グループ、ベック・ボガート&アピス、ソロなど、さまざまなプロジェクトで活躍し、半世紀にわたり世界のロック・シーンの先頭を走り続けてきたジェフ・ベック。そんな彼のデビュー50周年を記念し、2016年8月10日にハリウッド・ボウルで行なわれたライブを収録した最新映像作、『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』が2017年9月27日に日本で先行発売された。この機会に、この数年間で使用されたジェフ・ベックのギター、アンプ、エフェクターといった機材を紹介していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デビュー50周年ライブを収めた最新映像作
ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016

 ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』は、ジェフ・ベックのデビュー50周年を記念して、2016年8月10日にロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行なわれたライブの模様を収めた映像作品だ。ジェフの長く、そして輝かしいキャリアを俯瞰できる内容となっており、バディ・ガイ、ヤン・ハマー、ビリー・ギボンズ(ZZトップ)、スティーヴン・タイラー(エアロスミス)、ベス・ハートという豪華ゲスト陣がそこに花を添えている。

 ゲストを除くバンド・メンバーは、まずはボーカルにジミー・ホール(ex.ウェット・ウィリー)とロージー・ボーンズ。サイド・ギタリストにカーメン・ヴァンデンバーグ。ロージーとカーメン、このふたりの女性は、ライブの前月にリリースされたばかりの最新アルバム『ラウド・ヘイラー』のレコーディングにも参加している。ベーシストにはロンダ・スミス。2010年にジェフのツアー・メンバーに起用された名女性プレイヤーだ。ドラマーのジョナサン・ジョセフは2013年からツアーのバックを務めており、ロンダとのコンビネーションも鉄壁だ。

 取り上げられたナンバーは、ヤードバーズ時代のものから、ジェフ・ベック・グループ、ソロ、そして最新作『ラウド・ヘイラー』からと、多岐にわたっている(さすがにキャリアが長いために、楽曲が取り上げられなかった時代やアルバムもあるのは仕方のないところだろう)。ジェフのギター・プレイは、この50年間、常に進化を続けてきた。ブルースを土台にしながらも、そこに数々のトリッキーな技を重ねていき、指弾きにアーミングとハーモニクスを組み合わせることで、今では前人未到と言っても過言ではない域に達している。それでも、まだ進化し続けるのではないかという予感を抱かせながら……。これまでの歩みを振り返る数々の興味深いセットリストの中で、そんなジェフのギター・プレイの(現時点での)到達点を確認しつつ、それを存分に楽しむことができるのが本作だ。

ライブの最後には、当時亡くなったばかりだったプリンスの代表曲「パープル・レイン」も演奏された ©Gene Kirkland

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016
【DVD】YMBA-10693(¥4,200)
【DVD+2CD】YMBA-10694/6(¥6,700)
Blu-rayYMXA-10697¥5,200
Blu-ray2CDYMXA-10698/700¥7,700
【デラックス・エディション/BD2CD3LPTシャツ】YMXA-10701/7¥18,000

映像作品の特設サイトはコチラ!

サンプル・ムービー

『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』の詳細はこちら!

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』に見る
ジェフ・ベック使用機材

 ここからは『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』の発売を機に、近年のジェフ・ベックの使用ギター、アンプ、エフェクターを紹介しよう。

※ギターとアンプの写真は2017年1〜2月にかけて行なわれた来日公演時に撮影したもので、ハリウッド・ボウルでのライブ時とは異なる部分があります。また、エフェクターは『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』の映像内で確認できたものを掲載しています。

Fender Custom Shop / Jeff Beck Stratocaster

Fender Custom Shop / Jeff Beck Stratocaster

 リバース・ヘッドを持つフェンダーカスタムショップ製ジェフ・ベック・ストラトキャスター。ウィルキンソン製ローラー・ナット、2点支持ブリッジ、シュパーゼル製ロック・ペグ、ジョイント部のヒール・カットなど、ジェフ・ベック・ファンにはお馴染の仕様だ。ここに掲載した写真は、2017年1~2月の来日公演時に撮られたもの。ネックが、それ以前に付いていた1999年にJ.W.ブラックが製作したものから、マスタービルダーのトッド・クラウスが新たに製作したものに換わっており、『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』の時点からすでに進化を見せていることがわかる。

デジマートでこの商品を探す

Fender Custom Shop / Jeff Beck Stratocaster by Todd Krause

Fender Custom Shop / Jeff Beck Stratocaster by Todd Krause(ドロップD)

 フェンダーカスタムショップのマスタービルダー、トッド・クラウスによるジェフ・ベック・ストラト。N3ノイズレス・ピックアップを搭載している点と、ウィルキンソン製ローラー・ナットを装着している点以外は、市販モデルと同じ仕様だ。ジェフはこのギターを、ドロップDチューニング専用として使用しているようだ。

デジマートでこの商品を探す

Fender Custom Shop / Jeff Beck Stratocaster by Todd Krause

Fender Custom Shop / Jeff Beck Stratocaster by Todd Krause(全弦半音下げ)

 本器もトッド・クラウス製作のジェフ・ベック・ストラト。通常のジェフ・ベック・モデルどおり、ホット・ノイズレス・ピックアップが搭載されている。こちらは全弦半音下げで使用されており、ヘッド側面にはそれを示す“FLAT E”というステッカーが貼られている。

デジマートでこの商品を探す

Marshall / 1959SLP & 1960BX

メインのアンプ・ヘッド、Marshall / 1959SLP(右) & 1987X(左)。キャビネットは1960BX

Marshall / 1959SLP(左) & 1987X(右)。スピーカーは客席と逆の方向へ向けられている

 1959は、マーシャルを代表する100Wアンプ・ヘッドのひとつ。60年代後半に登場してから数多くのギタリストたちを魅了し、ロック・サウンドの基礎を作り上げた伝説的名機だ。本機は、そのリイシュー・モデルの1959SLP。

 チェック柄のフレットクロス(サランネット)が目を惹く、現行モデルながらビンテージな雰囲気を持ったキャビネットの1960BX。(改造をしていないとすれば)スピーカーはセレッション製のグリーンバックG12M-25を4本搭載している。1959SLPと1987Xとのコンビネーションは、まさに伝統のブリティッシュ・サウンドを生み出す。

デジマートでこの商品を探す

Marshall / 1987X

Marshall / 1987X

 1987は1959の50Wバージョンで、本機もリイシュー・モデルの1987X。出力が100Wの半分のため、1959SLPよりも歪みやすいのが特徴だ。断言はできないが、ジェフは歪み量の違いで両者を使い分けているのではないだろうか。

デジマートでこの商品を探す

MAGNATONE / Super fifty-Nine Mk II

MAGNATONE / Super fifty-Nine Mk II

 “BECKTONE”と前面プレートに書かれているが、中身はマグナトーン製のSuper fifty-Nine Mk II。ビンテージ・ブリティッシュ・アンプを現代に甦らせた、非常に評価の高いモデルだ。ジェフは2015年からマーシャルと並行して本機を愛用している。サイド・ギタリストのカーメン・ヴァンデンバーグが使用しているのも同モデルだ。

デジマートでこの商品を探す

Snarling Dogs / Super Bawl Whine-O Wah

Snarling Dogs / Super Bawl Whine-O Wah(ワウ)

 ペダル部が足跡の形をしたこのワウは、ジェフのファンにはもうすっかりお馴染だろう。3つのモードが選べるほか、ブースト機能、ボリューム機能なども付いており、幅広いサウンドを作ることができる。

デジマートでこの商品を探す

J.Rockett Audio Designs / Archer

J.Rockett Audio Designs / Archer(オーバードライブ)

 ジェフは長年、KLON製のオーバードライブ、ケンタウルスを使用していたが、それに代わったのがケンタウルスを再現したこのモデル。現在のジェフ・サウンドの要となっていると言っていいだろう。

デジマートでこの商品を探す

BOSS / DD-3

BOSS / DD-3(デジタル・ディレイ)

 世界的に評価の高いBOSSのデジタル・ディレイ。ジェフが使用しているのは、その中でもロングセラー機種であるDD-3のようだが、導入したのは2016年あたりか。ちなみに近年では、strymonのEl Capistan(テープ・エコー・シミュレーター)、MXRのCarbon Copy 、Way HugeのAqua-Puss(ともにアナログ・ディレイ)を使用していたこともある。

デジマートでこの商品を探す

MXR / Flanger

MXR / Flanger(フランジャー)

 エディ・ヴァン・ヘイレンが使用したことでも有名なフランジャーの代表機種。ジェフはBOSSのフランジャー、BF-2を長く使用していたが、最近は本機を使っているようだ(場合によって使い分けている可能性もある)。

デジマートでこの商品を探す

Hughes & Kettner / Tube Rotosphere MKⅡ

Hughes & Kettner / Tube Rotosphere MKⅡ(レスリー・シミュレーター)

 長く愛用しているHughes & Kettnerのレスリー・スピーカー・シミュレーター。常にオンになっているわけではなく、要所要所での使用に限られるが、本機が生み出す揺れたサウンドは、ジェフのプレイにおいて欠かせない隠し味となっている。

デジマートでこの商品を探す

BOSS / OC-3

BOSS / OC-3(オクターバー)

 オクターバーの定番として長く愛されたBOSS製OC-2の後継機種、OC-3。回路がデジタル化されて、和音でも使えるポリフォニック機能を世界で初めて実現した。ジェフはEBS製のベース用オクターバー、 OctaBassを長年愛用していたが、この新機能に惹かれたためか、こちらに鞍替えしている。

デジマートでこの商品を探す

GigRig / Loopy-2

GigRig / Loopy-2(ループ・スイッチャー)

 イギリスのブランド、GigRig製の2ループ・スイッチャー。スイッチング・ノイズと音痩せがないのが特長だ。また、内部DIPスイッチにより、スイッチングするごとにLoop1とLoop2が切り替わるモードが選択できるのも秀逸。こういう部分に一級品を使うところも、プロ中のプロであるジェフらしい。

デジマートでこの商品を探す

Maestro / Ring Modulator RM-1

 マエストロが70年代前半に製造していたビンテージのリング・モジュレーター。金属的なサウンドを生み出し、強くかければ音程感をなくすこともできる、独特にして強烈なエフェクターだ。ジェフは76年のアルバム『ワイアード』以降、このサウンドをスパイスとして、ここぞという場面で活用している。

デジマートでこの商品を探す

VOODOO LAB / Pedal Power 2 Plus

VOODOO LAB / Pedal Power 2 Plus(パワーサプライ)

 ジェフを始めとして、世界中の一流プロ・ギタリストに愛用されているパワーサプライ。8系統が完全にアイソレートされているため、アナログとデジタルのペダルを同時使用してもノイズが発生しない。また、電圧を4~9Vに調整できるなどの多くの実戦的な機能も備えた逸品だ。

デジマートでこの商品を探す

映像作『ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート』が
低価格になって再発売!

 ジェフ・ベックにとてつもなく大きな影響を与えたギタリストが、レス・ポールだ。レスは2009年8月に惜しくも亡くなったが、翌2010年6月9、10日(9日はレスの誕生日)にジェフは、レスが亡くなるまで出演を続けたニューヨークのイリディウム・ジャズ・クラブでトリビュート・コンサートを行なった。

 ライブにはブライアン・セッツァーや、ジェフとの交流も深いイメルダ・メイ、ゲイリー・US・ボンド、トロンボーン・ショーティがゲスト出演。150人ほどの客席の中には、生前のデヴィッド・ボウイやザック・ワイルドらの姿もあったという。その模様を収めたのが2011年発売の映像作品『ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート』だ。

 この作品が今回、『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』のリリースに合わせて低価格で再発売される。レスのナンバーを始めとした通常とはかなり異なった選曲と演奏スタイルを楽しめる本編はもちろん、ジェフ自らが秘蔵ギターを紹介するボーナス映像なども収録されるなど、見どころたっぷりの内容となっている。

普段では使わないギターを弾きまくるジェフ・ベックを堪能できる(ピック弾きも披露!) ©Mark Weiss

 特にジョン・マクラフリンから譲り受け、『ワイアード』のレコーディングでも使用したストラトキャスターや、ジミー・ペイジからプレゼントされたマカフェリの紹介をするジェフは本当にうれしそう。さらに、グレッチのデュオ・ジェットを手にクリフ・ギャラップのような高速フィンガー・プレイを披露したり、54年製のストラトキャスターを抱え、あこがれだったバディ・ホリーのことを語る映像は非常にレアだ。

ヤードバーズ時代から使用していたエスクワイアと交換して手に入れたセイモア・ダンカン所有のTLタイプ。当時のことを寂しそうに語るジェフ ©ヤマハミュージックエンタテインメント

ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート』の詳細はこちら!

ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート
【DVD】YMBZ-10725(¥2,500)
【Blu-ray】YMXZ-10726(¥3,800)

 ここからは、『ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート』でジェフが使用しているギターを紹介しよう。

Gibson / ES-175

Gibson / ES-175 ©Mark Weiss

  ジャケットにも登場しているギブソンES-175は、1990年製のリイシュー・モデル。この特別なショーのためにギブソン社からレンタルしたもので、ES-295も用意されたがジェフはこちらを選んだという。ES-175は、もともとL-5の廉価版という位置付けだが、ジャズ・ギタリストを中心に非常に愛用者の多いモデルだ。

デジマートでこの商品を探す

Gretsch / 6128 Duo Jet

Gretsch / 6128 Duo Jet ©Mark Weiss

 ジーン・ヴィンセント&ザ・ブルー・キャプスと、その初代ギタリストであるクリフ・ギャラップに捧げたアルバム『クレイジー・レッグス』(1993年)でも使われた、56年製のグレッチ6128デュオ・ジェット。クリフへの深い愛と敬意が感じられる1本だ。ちなみにジェフは、55年製の同モデルも所有している。

デジマートでこの商品を探す

Fender Custom Shop / Telecaster

Fender Custom Shop / Telecaster With Imelda May ©Mark Weiss

 フェンダーカスタムショップ製、51年テレキャスターのリイシュー・モデル。この時期は商標権の問題でヘッドにモデル名が入っておらず、そのために“ノーキャスター”と呼ばれる。『ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート』では「トレイン・ケプト・ア・ローリン」などを本器で演奏している。

デジマートでこの商品を探す

Gibson Custom Shop / Les Paul Standard

Gibson Custom Shop / Les Paul Standard With Brian Setzer ©Mark Weiss

 ギブソンカスタムショップ製の58年レス・ポールのリイシュー・モデル。本器もこの日のためにギブソン社からレンタルしたもので、もともとは同社がマーク・ノップラーのために製作した2本のうちの1本だという。コイル・タップによってリア・ピックアップをシングル化できる機能を持つ。このショーでレス・ポールを使用したのは、当然のことながら、故レス・ポールに捧げる意味があってのことだろう。

デジマートでこの商品を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016

価格:¥4,200 (税別)

【スペック】
●価格:6,700円(DVD+2CD)、5,200円(Blu-ray)、7,700円(Blu-ray+2CD)、18,000円(デラックス・エディション/Blu-ray+2CD+3LP+Tシャツ/日本のみ完全生産限定盤)
【問い合わせ】
ヤマハミュージックエンタテインメント http://www.ymm.co.jp/feature2/JeffBeck/
デジマートでこの商品を探す

ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート

価格:¥2,500 (税別)

【スペック】
●価格:3,800円(Blu-ray)
【問い合わせ】
ヤマハミュージックエンタテインメント http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GVYMBZ-10725
デジマートでこの商品を探す

ジェフ・ベック的機材

デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS