楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • 楽器プレイヤーが楽しめる新感覚音楽SNS

10〜20代女性に人気の音楽アプリnanaを、デジマート地下実験室 室長が使ってみた

nana

2018年現在、スマホひとつで全国のミュージシャンとつながれるツールがあることをご存知だろうか? “音楽”に特化したSNS=nanaは、スマホで録音した自分の音源を手軽にアップできるのに加え、オンライン上の他ユーザーの音源にオーバーダビングしてひとつの楽曲を作り上げていく、画期的なアプリだ。今回、そんなミュージシャンならば絶対楽しめるアプリに、デジマート地下実験室でお馴染みの井戸沼室長が出張チャレンジ! nanaの基本的な使い方から応用編、さらには現在アプリ上で実施されている、村石雅行氏による特別企画音源との“コラボ”も含め、お伝えしていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギター好きがゆる〜く楽しめる!
新しいコミュニケーション・ツール「nana」

 nanaってご存知ですか? 自分の歌や演奏をスマホで録音〜投稿して、いろいろな人とのコミュニケーションを楽しむアプリです。例えば、自分の演奏に誰かが“拍手”してくれたり、コメントをしてくれたり、歌やほかの楽器を重ねてコラボしてくれたりします。もちろん、コメントやコラボは受身だけではなく、自分から仕掛けていくこともできます。そして、nanaの良いところは録音からその後のコミュニケーションまでを“ゆる〜く楽しめるところ”です。

 まず、録音〜投稿がものすごく簡単です。詳しくは後述しますが、スマホひとつで簡単にできます。それから、投稿と言っても難しい演奏をアップする必要はありません。むしろ、その逆のほうが楽しめそうです。例えば、あなたが暇に任せて適当な有名曲のコードをジャラジャラ弾いて、投稿したとします。その手の演奏を大手動画サイトなどに投稿すると、視聴者からけっこう手厳しくやり込められますよね。ところが、nana では自分のゆるーい演奏に合わせて誰かが歌ってくれたりするんですよ! しかもnanaユーザーは世界に500万人もいますので、自分の周りにはいないタイプの人とつながるなんてことが普通にあります。

 最近はバンドをやるのも大変だということで、気軽なセッションが流行っていますよね? でも、それでも出かけて行って、順番を待って、人前で弾くのはハードルが高いという人も少なくないはず。nanaは、もっともっと気軽に、自由にセッション(コラボ)ができて、SNS的なコミュニケーションも楽しめるツールだと思ってもらえば間違いないでしょう!

《nanaの基本的な使い方》
超楽チンな録音〜投稿!

 nanaの使い方を説明します。実は使い方というほどのこともなくて、“nanaをダウンロードして、触ればわかる。以上”という感じなのですが、一応もう少し丁寧に説明します。まずは、スマホにnanaアプリをダウンロード&インストールし、アカウント登録をします。

◎nanaをダウンロード!
iOS】【Android

 nanaを起動すると、ホームやマイページといったアイコンの中に、ひときわ大きなマイク型の“録音”というアイコンがあるので、それをタップします。すると、上部に“いますぐ録音開始”と表示されるので、それをタップすると誰が見ても録音モードだとわかる大きなマイクのイラストと、入力レベルを示すインジケーターが現われます。その状態で、適当な場所にスマホを置き、レベル確認を行ないます。

ホーム画面の左下にあるマイクのマークが録音ボタン。これをタップすると……

録音準備画面に移るので、“いますぐ録音開始”部分をタップしよう

すると、大きなマイクとRECブース風画面が表示される。マイクのすぐ下にあるフェーダーは、画面下部のインジケーターに対応するゲイン・コントロール

 nanaでは、基本的にスマホの内蔵マイクをそのまま使いますので、アコギを弾くならギターとスマホの距離、エレキを弾くならアンプとスマホの距離を適当に取って、楽器を鳴らしてインジケーターの動きを見ます。入力オーバーなら(インジケーターが赤色まで振り切れたら)レベル調整のコントロール(ひとつしかないので、すぐにわかります)を下げ、適正値にしてください。準備はこれで終わり。スマホを適当に置いて、入力レベルをざっくり合わせて、終了です。あとは赤くて丸い録音ボタンを押すだけ!

アンプを使って録音する場合は、アンプ(スピーカー)にスマホのマイク部分に向けて固定。アンプとスマホとの距離、それと住環境によってはアンプ自体の音量にも気をつけよう!

アコギを録音する場合は、スマホのマイク部分に、アコギのサウンドホールを向けて演奏しよう

 ちなみにnanaでは、録音できる時間は1分半までに制限されています。これが絶妙で良いんですよ! だいたい、歌モノなら1回目のサビまでって感じです。集中力が途切れず、演奏しやすい長さです(聴きやすい、コラボしやすい長さでもあります)。演奏は、気に入ったものが録れるまで、何回でもリテイクOK。気に入った演奏ができたら、演奏後にnana上でエコーやコーラスなどのエフェクトをかけることができますので(それも簡単です)、お好みでどうぞ! あとは、曲のタイトルや視聴者へ向けたコメントを入力して、投稿するだけです。簡単ですよね?

録音を停止すると、プレイバック&音源編集画面に移行。この段で、音源のボリューム(オケとのバランス調整)や内蔵エフェクトの有無を決定する

内蔵エフェクトは、先の画面のエフェクト・アイコンを2度タップすることで、掛かり具合などを細かく調整することができる

 エレキをよりクリーンな音で録りたい人は、オーディオ・インターフェイスを使ってギターとスマホをつないでください。ただし、そのままではライン感丸出しの音になりますから、ぜひ好みのエフェクターやシミュレーターも使いましょう。注意事項としては、nanaはあなたがいくら良い音で録っても、その後にコラボして重ねる人が音質を気にしないタイプだったらアウトですから、“好みの音を追求するのはOK! ただし、あまりノイズなどを気にし過ぎるのは不毛”だと覚えておきましょう。シビアになり過ぎず、気軽に楽しんでください!

音にこだわるユーザーは、オーディオ・インターフェイスを使うのが吉。オーディオ・インターフェイスは、スマホ(Lightningやmicro USB端子)に対応したものを選ぶのがオススメだ

ギター・マガジン2018年2月号、佐々木秀尚氏のセッティング例

室長がゆる〜くバッキングを弾いてみた
安室奈美恵「Finally」(ロック・バージョン)

安室奈美恵「How do you feel now?」(アコースティック・バージョン)

《nanaの一歩進んだ楽しみ方》
選曲やキャプション、投稿の仕方を工夫しよう!

 さて現状、nanaでは“歌いたい”という方が多いようで、素敵なギターの伴奏をつけられる人は、あっという間に人気者になる可能性があります。その一方で、どんなに良い演奏をしても、誰からも声がかからないこともあり得ます。必勝法のようなものはないのですが、例えばnanaでの人気曲、知名度の高い曲を投稿すると、反応が良いようです。“ホーム”の“見つける”ページには、その時々の人気の曲やトレンドワードが紹介されていますので、投稿やコメント欄のタグ付けの参考にすると良いでしょう。あとは、nanaに投稿したことをTwitterなど、ほかのSNSを使って拡散するのも良い方法です。

ホームの“見つける”タブには、その時々のトレンドワードや人気の曲、また開催中のイベント情報などが掲出されている

例えば人気の曲をタップすると、その時に投稿数の多い楽曲に参加しているユーザーの投稿を一覧で見ることができる

 また、投稿する際には、同じ曲でも異なるキーでいくつか投稿する、ロック・バージョン、ボサノバ・バージョンを作るなど、“歌いたい人が喜ぶことをやる”と良いようです。あとは王道ですが、ほかの人の歌や演奏もしっかり聴いて拍手やコメントをすることも大事です。それから、自分が元となる伴奏を投稿するだけでなく、積極的にほかの人の演奏にコラボしていくこともフォロワーさんを増やすには良いようです。

 コラボの仕方も実に簡単! ホーム画面では、ロック、ポップ、ボーカロイド、アニメ、フォークなど、さまざまなジャンルごとにオススメ曲や人気曲を提示してくれますし、曲名から好きな曲を検索することもできます。同じ曲をたくさんの人が歌ったり、弾いたりしていますから、それを聴いていき“これだ!”という人がいたら、大きなマイクの“コラボ”アイコンをクリックするだけ。そこからの録音の仕方は、前述の通りです。

ほかのユーザーの楽曲ページに移ると、左下のマイク・マークが録音ボタンではなく、“コラボ・ボタン”に変化する

 どんな方法をとるにせよ“フォロワーを増やすためにガツガツやる”というのは、ほかのSNSでもそうですが、なんとなく相手に伝わってしまいますよね。自分が十分に楽しんで、相手も楽しませてあげたいと思っていると、自然にそれが伝わるのではないでしょうか? とりあえずやれることをやって、反応を待つ──待つのもnanaの楽しみくらいに思っておくのが良いと思います!

室長がnanaユーザーと(勝手に)コラボしてみた
石川さゆり「津軽海峡・冬景色」

スーパー・ドラマー村石雅行さんとセッションできる!

 nanaでは現在、楽器演奏者向けに、スーパー・ドラマーの村石雅行さんの演奏とコラボできる企画を実施しています。村石さんがドラムを叩いている曲を5曲用意、しかもその5曲はそれぞれギタリスト向けにギター・パートが入っていないオケを、ベーシスト向けにはベースが入っていないオケが用意されています(そのほかのパターンもあり)。そこに自分の演奏を入れてコラボ音源を作成し、投稿するという企画です。

村石さんの参加する楽曲は5曲で、それぞれギターやベース、ボーカルなどのマイナスワン音源がアップされている

 村石さんと言えば、松任谷由実、椎名林檎、ももいろクローバーZなど多数のアーティストを支えた名ドラマーで、日本人でテレビやラジオを観たり聴いたりしたことがある人なら誰でもその音は耳にしているはずというくらいの人です。私も村石さんがかつて在籍していたKENSOというバンドでのプレイに憧れていたので、この企画に参加しないわけにはいきませんでした。というわけで「GO AROUND」という曲にギターを入れてみたので、ぜひ聴いてみてください。

室長が村石さんとバーチャル・セッションしてみた
村石雅行「GO AROUND」

 そして、聴くだけではなく、ぜひみなさん自身も演奏して投稿してみてください! nanaを歌い手さんだけのものにしておく手はありませんよ。メチャメチャに弾き倒すも良し、リラックスして気楽に弾くのもまた良しです! 皆さんの好きなやり方で、nanaを楽しんじゃってください!

nanaユーザーとコミュニケーションが取れて、“ありがとう、ギター”と満足気な室長

◎nanaをダウンロード!
iOS】【Android

ギター・マガジン×nana
「音楽SNS nana 勝手にギター・コンテスト」開催中!

 現在、上記の村石雅行さんとの共演企画と関連して、nanaとギター・マガジンがコラボしたコンテストを実施中! 村石雅行さんの楽曲(「GO AROUND」「GRINNING SHUFFLE」「I WILL BE WITH YOU」「TELL ME」「TIME IN TIME」)に、ギター演奏でコラボした参加者から“ギター・マガジン賞 グランプリ”を1名様、“ギター・マガジン賞 準グランプリ”を2名様、「GO AROUND」の参加者から“井戸沼室長賞”を1名様、「TIME IN TIME」の参加者から“佐々木秀尚賞”を1名様を選出させていただき、4月19日発売の「ギター・マガジン 2018年5月号」にてお名前を発表。さらに下記プレゼントをお贈りさせていただきます。
 なお投稿の際は、キャプションにハッシュタグ「#nanaGM」を入力するのをお忘れなく! 締め切りは、3月13日(火)まで。たくさんの投稿お待ちしております!

◎楽曲は以下の5曲から選曲!
http://nana-music.com/playlists/1935098/

ギター・マガジン賞 グランプリ 1名様
ギター・マガジン1年分+グランプリ受賞者のコメントをギタマガ本誌に掲載!

※画像のギタマガは、すべて2017年刊行のものです。実際は2018年5月号から2018年4月号までをお送りさせていただきます

ギター・マガジン賞 準グランプリ 2名様
ギタマガ特製Tシャツ

※実際のデザインとは異なる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ

井戸沼室長賞 1名様
デジマート地下実験室 特製Tシャツ

※実際のデザインとは異なる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ

佐々木秀尚賞 1名様
nanaタオル+ピックなど

◎nanaをダウンロード!
iOS】【Android

本記事の関連記事が、ギター・マガジン2018年2月号にも掲載されています!

 本記事に関連した特集「プロ・ギタリスト直伝 nanaの楽しみ方」が、リットーミュージック刊ギター・マガジン2018年2月号に掲載されています。同記事は、TRIXなどで活躍する実力派ギタリスト佐々木秀尚氏によるnanaの使い方解説と、村石雅行氏楽曲の解説を掲載しています。そちらも併せてご笑覧ください!

◎佐々木秀尚氏の投稿楽曲はコチラ!

井戸沼室長とコラボして(させて)いただいた方々の音源はコチラ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

スマホ用オーディオ・インターフェイス

デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS