楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • トモ藤田がNAMM 2018でエリック・ジョンソン・シグネチャーを弾き倒す!

【Fender/NAMM2018】Eric Johnson Stratocaster Thinlineを弾く!

Fender/Eric Johnson Stratocaster Thinline

このエントリーをはてなブックマークに追加

 稀代のストラト使いであり、絶品なトーンとプレイで多くのギタリストたちから支持を得るエリック・ジョンソン。このたびのNAMM 2018で発表された彼の新たなシグネチャー「Eric Johnson Stratocaster Thinline」は、なんとセミ・ホロー構造&fホールを有するストラトキャスターだった。アルダー・ボディの採用から、1957年スタイルのソフトVシェイプを採用したメイプル・ネック、ストリング・ガイドを廃したヘッド・デザインなどは先代シグネチャーとも共通するが、そこにセミ・ホロー構造が加わることで、果たしてどんなサウンドになるのか? そんなギタリストたちの疑問に応えるべく、ここでもトモ藤田による演奏で、そのトーンをチェックしてみた。

Eric Johnson Signature Stratocaster Thinline(Vintage White)

Eric Johnson Signature Stratocaster Thinline(2-Color Sunburst)

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Fender / Eric Johnson Signature Stratocaster Thinline

【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS