楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【Mesa/Boogie/Triple Crown TC-100】3チャンネル/6モード真空管アンプの100Wモデル!

Mesa/Boogie / Triple Crown TC-100

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dual Rectifierに次ぐMESA/Boogieの“もうひとつの側面”として高い評価を得た、3チャンネル仕様で50W出力の「Triple Crown TC-50」。そこから、さらに出力と機能面を推し進めた100Wモデルが登場した。

 「Triple Crown TC-100」は、4本のパワー管(EL34)とアウトプット・トランス、そしてMulti-Soakパワー・アッテネーターを追加。より完成度の高いアンプに仕上がっている。基本コンセプトやプリアンプの構造はTC-50と同じで、チャンネル1はMARKアンプのクリーン・サウンド、チャンネル2はクラシック・ロック・クランチ、チャンネル3は強力なハイ・ゲイン・サウンド。そして、やはりTC-50と同じく各チャンネルごとにノーマル・モードとドライブ・モードが選択できるが、さらに各チャンネルごとにMulti-Soakパワー・アッテネーターを装備。プレイ・スタイルや環境に応じて、パワー/ヘッドルーム/サチュレーションの量が選択できる。出力は、100Wから50W、20W、7W、3Wまで下げることが可能で、3Wおよび7Wでは最大のアッテネーションと、厚くコンプレッション感のあるパワー・セクションのディストーションを生み出す。20Wおよび50Wでは、ライブ会場にて最適かつ現実的なアッテネーションを提供しつつ、高い音量で演奏することで“濃い音”を作り出す。

 なお、自宅レコーディングなどにも便利なキャブクローンD.Iキャビネット・シミュレーターや、バイアス調整なしでパワー管を交換できるバイアス・セレクト・スイッチ、そして便利なMIDI機能などは、TC-50からそのまま継承。また、付属のフット・スイッチにて、チャンネル切り替えや各チャンネルごとに独立したオール・チューブ・スプリング・リバーブのオン/オフ、FXループのオン/オフ、ソロ・レベルのコントロール(全チャンネル共通)も可能となっている。サイズはTC-50と同じで、重量は5kg違うのみ。ヘッドとラック・マウント(5U)の2タイプから選べるというのも嬉しい。

Triple Crown TC-100(Head)

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Mesa/Boogie / Triple Crown TC-100

価格:オープン

【スペック】
●真空管:All-Tube(4xEL-34 Power Tubes / 6x12AX7 & 1x12AT7 Preamp Tubes)●サイズ:Head=57.8(W)×26.4(D)×24.5(H)cm, Rackmount(5U)=48.3(W)×24.2(D)×19.1(H)cm●重量:Head=20.9kg, Rackmount=16.4kg●外装:STANDARD FINISH(Black Taurus Vinyl with Black Taurus/Black Carbon Vinyl Split-Front Panel)●付属品:3×3 / 6ボタン・フットスイッチ(チャンネル 1, 2, 3, Reverb, FX Loop, Solo), スリップ・カバー
【問い合わせ】
キョーリツコーポレーション TEL:052-847-5300 http://mesaboogie.jp
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS