楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載

【Fender/NAMM2018】NAMM show 2018閉幕〜フェンダーが示した音楽ライフのあり方

Fender

2018年1月24日〜27日までの4日間にわたり、米アナハイムで行なわれた世界最大規模の楽器見本市、NAMM show 2018をフェンダー・ブースからリアルタイムにレポートしてきましたが、いかがでしたでしょうか? 例年以上にさまざまな製品の発表があったフェンダーですが、ここでリリースされた製品が市場に並ぶのは来月から春にかけて。引き続きデジマートでフェンダーの製品動向もチェックしてください。レポート連載の最後に、今回企画をナビゲートしてくれたトモ藤田さんにメッセージをいただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NAMM show 2018レポートを終えて

 ボクがナビゲートしたデジマートのNAMM2018フェンダー・ブース・レポート、いかがでしたか?

 フェンダーのブースでは、たくさんの革新的な製品と(懐かしい顔の)プロ・ギタリスト仲間やインスタのファンにも出会い、時折セッションをしたりしながら、とても楽しくレポートをさせていただきました。今回、ジミー・ヴォーンにもお会いできたし、エリック・ジョンソンとは朝食をご一緒したり、インタビューやライブも体験させてもらいました。そして日本からもMIYAVIさんのような世界的に活躍されている方も来られ、たくさんお話ができて楽しかったです。

 NAMMショーは基本的にトレードショーなので一般のお客さんは入れませんが、ミュージシャンであれば遊びに来られるチャンスはたくさんあります。日本からもぜひこの世界最大規模の“楽器のお祭り”に注目して、一度は足を運んでほしいです。みんなで楽器を楽しみ、世界中のミュージシャンと交流する機会でもあります。

 このNAMMで発表されたフェンダー・アメリカン・オリジナルはもちろん、新たなシグネチャー・モデルなども次第に楽器店に並ぶと思いますので、皆さんもぜひお楽しみに! それではまたライブやレッスンでお会いしましょう。

Tomo Fujita

NAMM show 2018 Fender Booth Photo Gallery

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Fender / NAMM show 2018 New Model

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

トモ藤田
ともふじた●世界で活躍する日本人ギタリスト、ギター・インストラクター。米バークリー音楽大学ギター科助教授。バークリーでの授業は、毎年受講希望者が殺到し、オープン数時間で満員になるほどの人気ぶりである。教え子には、世界的ミュージシャンであるJonh Mayer、Eric Krasno(Soulive)など多数。日本人向けに個人レッスン・通信レッスン、そして世界中の生徒に向けたSkypeレッスンも行なっており、そのGrooveにこだわる独自のレッスンは、世界中から高い評価を受けている。そしてその経験から生み出された『演奏能力開発エクササイズ』『耳と感性でギターが弾ける本』『生きたグルーヴでギターが弾ける本』などの教則商品は、総発行部数15万5千部を超える大ロングセラー商品となっている。ブルースをルーツとしたグルーブ溢れる即興演奏を得意とし、各地でライブを行なうなど、プレイヤーとしても世界で活躍中。FacebookやTwitter、YouTubeなどでも積極的に情報を発信中。
オフィシャルInstagram

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS