楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載

宮地楽器 ららぽーと立川立飛店【2018ギター工房放浪記。】

宮地楽器 ららぽーと立川立飛店

このエントリーをはてなブックマークに追加

ららぽーとへお買い物のついでに! 総合楽器店のリペア・ルーム

 多摩地区有数のターミナル駅、JR立川駅から多摩モノレールに乗り換え、立川北駅から2駅。立飛駅に直結した“三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛”の開業と同時にオープンしたのが、この宮地楽器 ららぽーと立川立飛店である。立川駅南口にあったサウンドパル立川店の移転に伴い、管楽器・弦楽器・ピアノ部門、楽譜&アクセサリーと音楽教室を含めた“音楽の総合店”として新たなスタートを切った形だ。特徴は、リペア・ルームの中がよく見えるように、大きなガラス窓が設けられている点だという。さっそく、ギター・リペア担当の中村省吾さんに話を聞いた。

「以前の店舗ではリペア作業がお客さんからあえて見えるようにしていて、“何やってるんですか?”とか“ちょっと聞いていいですか?”といった具合に、気軽に会話できるというのを特色にしていたんですよ。そこは残したいというのがあったので、こちらでも専用リペア・ルームをガラス窓にして、何をやっているかわかるようにしたんです。楽器に興味がある方やお子様方には作業を見て楽しんでいただけますし、声をかけやすいようになっています。たこ焼きとかそば打ちみたいなイメージで(笑)。ギターのリペアは前店舗でも手がけていたので、その機能はここにそのまま移動しています」

 ショッピングモールの店舗には珍しく、塗装以外は何でもできるため、なるべく店内で作業を完結させているという。良心的な価格設定も魅力だ。

「お値打ち価格な設定にしているのは、気軽に頼んでいただきたいというのと、モールの特性上、ご家族といらっしゃった時に、ついでに持って来やすい金額ということもあります(笑)。“カミさんが、ららぽーと行くんだったら俺のギターも持って行こうかな”みたいな。そういったメニューも増やしていますし、あまり敷居が高くない感じにしたいですね。軽音部の高校生とか、学生さんも多いですし、もちろんプロのお客さんもいらっしゃるので、プロのレベルに見合ったスペシャルな調整もできますよ」

 ギター健康診断的なイベントも行なっており、もちろん見積もりは無料。打ち合わせや丁寧な説明を経て、納得のうえで作業に入るので、特に弾き心地の面で気になることがあったら気軽に相談すべきだ。ただし、ギターを持ち込む際の意外な注意点もある。

「張ってあった古い弦を取って、ボディをキレイにして持って来られる方がたまにいらっしゃるんですけど、ボロボロでも弦は張ってあったほうがいいので、なるべくそのままの状態で持って来てもらえると嬉しいですね。どういう状態で悪くなっているのか見たいのと、弦が切れやすい場合も、どこで切れているかによって原因の見立てが違ってくるんです。ビビリなどもそうですね」

 なお、こちらにはギターだけでなく管楽器専門のリペアマンも在籍しており、それぞれに専門の技術者がいるというのは大きなメリットと言える。管楽器担当の小関さんにも話を聞いてみた。

「管楽器って誰でも音が出せるわけではないので、そもそも壊れているかどうか判断できない人が多いんです。だから、まずはお持ちいただければというのと、あとはぶつけたり落としたりして物理的に壊れてしまった場合。どちらも、ほぼ100%ここで直せます。他の楽器に比べると調整が狂いやすいものなので、特に最初のうちは取り扱いがよくわからないと、正常な状態が1週間くらいしか保てないこともあります。なので初心者の方こそマメに持って来ていただきたいですね。ご自身の上達と音楽ライフを楽しむためにも、定期的に点検するのが一番だと思います」

 他にも、バイオリンなどの弦楽器やアンプ、エフェクターといった周辺機材など、何でも相談できる(ただしDTM関係はメーカー対応)。多摩方面の方は、困ったらまずはこちらへ!

Shop Data

宮地楽器 ららぽーと立川立飛店

〒190-0015
東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛 3階 30500
042-540-6636
https://www.miyajimusic.com/lalaport_tachihi/

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS