楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 真空管アンプ・ヘッドのポテンシャルを引き出す便利な1台

UNIVERSAL AUDIO / OX AMP TOP BOX

UNIVERSAL AUDIO / OX AMP TOP BOX

  • 解説・文・試奏・動画撮影&編集:Godspeed/青木征洋
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギター・アンプ界に久しぶりの革命が起きました。UNIVERSAL AUDIO(以下:UA)のOX AMP TOP BOX(以下:OX)は、ギター・トーンにおける究極の課題を解決します。

UNIVERSAL AUDIO / OX AMP TOP BOX

アンプ・ヘッドとスピーカー・キャビネットというふたつの課題

 特にシミュレーター全盛の現代において、良いエレキ・ギターの音を得るために鍵となるポイントはふたつあります。それは「アンプ・ヘッド」と「スピーカー・キャビネット」です。このふたつの質を高めるために、これまでアナログとデジタル両方の領域でさまざまな研究がなされてきましたが、UAはこれらに対してOX(オックス)という非常にユニークな解答を導き出しました。

 OXは、簡単に言うと“ロード・ボックスとキャビネット・シミュレーターがひとつになった機材”です。なぜこれが上記の問題を解決してくれるのでしょうか?

リアクティブ・ロード・ボックス(アナログ部)

 ロード・ボックスという機材が誕生して久しいですが、その多くはクオリティに問題を抱えていました。大きな原因は、「スピーカー・ユニットのインピーダンスがアンプの出力に応じて揺れ動く」という挙動を再現できていなかったことにあることが、あとにわかってきました。そこで、アンプの出力に反応(React)するリアクティブ・ロード・ボックスが発明されました。UAは、長きにわたるスタジオ機材開発で得たアナログ技術やノウハウを惜しみなく投入し、よりスピーカーの挙動に近いロードを生み出すことに成功しました。それがOXに入っている“リアクティブ・ロード”です。

 マスター・ボリュームの付いていない古い100Wチューブ・アンプなどは、最も良い音を鳴らすためには人体に害を及ぼす大きな音量を出さなければなりませんでしたが、OXではパワー管のドライブがもたらすリッチなハーモニクスとコンプレッション感を小さな音量で制御することができます。クリーン・トーンの印象が強いFenderのDeluxe Reverbなども、ボリュームを上げ、OXを使えばキレイに歪みます。

マスター・ボリュームの付いていない100Wアンプ・ヘッドでも、OXを使用すれば自宅でも使える音量でプレイが可能!

クリーン・トーンが支持を得ているフェンダー・アンプも、ボリュームを上げ、OXをつなげば適切な音量でキレイに歪ませることができる

 これはアナログ・アンプをデジタルで再現するのではなく、「アナログ・アンプの一番良いところをアナログで引き出す」というアプローチです。真空管アンプの特性は極めてノンリニアで、モデリングでの再現が困難だという技術的な問題以上に、真空管アンプのトーンがギタリストのモチベーションやエモーションと密接につながっているという事実をUAが尊重していることが伺えます。

ダイナミック・スピーカー・モデリング(デジタル部)

 現在のキャビネット・シミュレーターの主流は、IR(Impulse Response)を用いた手法であることは間違いありません。多くのギター・プロセッサーがIRを採用しています。IRでは、ある特定の音量やコンディションでオペレートされたパワー・アンプ、キャビネット、マイクロフォン、部屋の特性を測定したデータがあり、これらを利用することによって実際にマイクを立てて収録した音が再現できると考えられていました。しかし、スピーカー・ユニットやキャビネット、マイクロフォンは極めてノンリニアでダイナミックな特性を持ち、単一のIRですべてを捉えることは技術的に不可能であることをUAは理解していました。

 そこでUAが出した答えが「ダイナミック・スピーカー・モデリング」です。キャビネットの響き、スピーカーの構造、コーン紙の材質、熱の伝導、経年劣化に留まらず、キャビネットを鳴らしているスタジオのルーム・アンビエンスまで、ギター・キャビネットに関連するあらゆる要素を隅々までモデリングし尽くしたUAは、IRでは到達しえないリアリティを持ったキャビネット・シミュレーターを生み出しました。

ソフトウェア・アプリケーションにはリアリティ溢れるキャビネット・シミュレーターを搭載。スピーカーの劣化具合やマイクの種類まで選択可能

 さらに、マイキング選びを簡略化するために、OXではマイク・ポジションについてON AXISとOFF AXISの2種類のみが選択可能となっています。無数にあるIRから必要な音を探すのは途方もない作業ですが、OXであれば最初から良い音が出るとわかっている安心感があり、迷うことなく正解にたどり着くことができます。

信頼と実績のエフェクト群

 OXのさらに恐ろしいポイントは、上記のキャビネット・シミュレーターの出口にUAD譲りのハイクオリティなエフェクト群(EQ、コンプレッサー、ディレイ、リバーブ)が付いていることです。UADというのは世界で最も本格的なアナログ・エミュレーションとして知られるプラグイン・エフェクト群で、出口にこのUADクオリティのエフェクトが入っているということは、スタジオでミックスしたものとほぼ等しいアルバム・クオリティの音がOXからライン・アウトできるということです。

同じくソフトウェア・アプリケーションにはハイクオリティなエフェクト(EQ、コンプレッサー、ディレイ、リバーブ)も搭載しており、レコーディングなどでの音作りが本機で完結できてしまう

 OXがあれば、今まで自宅で鳴らせなかったチューブ・アンプも真価を発揮しますし、新たにアンプ・ヘッドを買いそろえていくキッカケにもなるかもしれません。アナログとデジタルの融合を掲げ、それぞれの分野でのトップ・クラスの実績を持つUAがもたらしたギター・トーンの新たなソリューション、OX AMP TOP BOX。ぜひ、そのクオリティを体感してみてください。

OXを使ったデモ曲「Breakup」をSoundcoludにアップ中!

 Godspeed/青木征洋氏が動画内のイントロで弾いているデモ曲「Breakup」をSoundcloudにアップ中(ダウンロード可能)! じっくりそのサウンドに耳を傾けてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

UNIVERSAL AUDIO / OX AMP TOP BOX

価格:¥148,000 (税別)

【スペック】
●コントロール:リグ、ルーム、スピーカー・ボリューム、ライン・アウト、ヘッドフォン ●入出力端子:インプット、スピーカー・アウト、ライン・アウト1-2(ステレオ1系統)、ステレオ・ヘッドフォン・アウト、デジタル・アウト ●外形寸法:381.25 × 112.94(ゴム足含む = 138.44)× 204.5(ノブ/ジャック含む = 229.58)mm ●重量:6.4 kg
【問い合わせ】
フックアップ TEL:03-6240-1213 http://hookup.co.jp/products/universal-audio/ox
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

Godspeed/青木征洋(ゴッドスピード/あおき・まさひろ)
株式会社ViViX代表取締役。東京大学工学部卒。プロデューサー、作編曲家、ギタリスト。 2008年に株式会社カプコンに入社し、「戦国BASARAシリーズ」や「ロックマンXover」の音楽制作を担当。2014年に同社を退社した後は「ストリートファイターV」の作曲を担当するなど、ゲーム・コンポーザーとしてグローバルに存在をアピール。また、TVアニメ「メイドインアビス」のOP主題歌の作曲を担当するなど、ゲーム以外のフィールドでの活動も広がりを見せている。 プロデューサーとして、株式会社ViViXの前身となったギタリスト専門レーベルViViXを2004年に設立。 2005年にギター・インストの流布を目的とした“G5 Project”を開始。 4thアルバム『G5 2013』は、オリコンCDアルバム・デイリー・チャート8位にランクイン。
ViViX Webサイト

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS