楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • アコースティック・ギター・マガジン 2018年6月号 Vol.76

【1分動画】GENZLER / ACOUSTIC ARRAY PRO featuring 有田純弘

GENZLER / ACOUSTIC ARRAY PRO

このエントリーをはてなブックマークに追加

GENZLER / ACOUSTIC ARRAY PRO

GENZLER / ACOUSTIC ARRAY PRO

リア・パネルには、1/4"フォーンや、3系統のXLRダイレクト・アウトプット端子が並ぶ。

 米国のアンプ・メーカー、GENZ BENZの創立者であるジェフ・ゲンツラーが新たに立ち上げたブランドが、アコースティック楽器用に設計したコンボ・アンプ。10インチ・ウーファーの手前に2.5インチ・ツィーターを縦に4本並べた独特な設計のキャビネットは、高音域の水平方向の拡散性に優れ、しかもバッフル面が少し上を向いているので、モニター環境を考えた場合にアンプとプレイヤーとの位置関係がより自由になるというメリットがある。また、アンプ全体をスタンドにマウントすることもできる。ヘッド部分は入力からイコライザー、リバーブおよびコーラスのエフェクト・レベルまで、まったく同じ機能を持ったチャンネルが2系統用意されているので、2本の楽器を持ち替えたり、ピエゾ・ピックアップとマイクを混ぜたりと、柔軟な使い方が可能。それぞれのチャンネル単独と両方のミックスという、3系統のダイレクト出力も備えた高機能なアンプである。

Arita's impression

リバーブやコーラスも趣味が良い音。懐の深さを感じるプロフェッショナルな仕様ですね

 見た目がゴツいのでエレキ向きなのかと思いましたが、ナチュラルな音ですね。アメリカでは大きなステージやバーでのライブで、メインのPAにつなぐことなくアンプの音を直接聴かせるという使い方をよくするので、これくらいのサイズのアンプに需要があるんでしょうね。リバーブやコーラスも趣味が良い音です。ミニPAに近い感じのカチッとした気持ちの良いタイトな音で、トーンも微妙な調節が可能です。ダイレクト出力も3系統あって、懐の深さを感じるプロフェッショナルな仕様ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

GENZLER / ACOUSTIC ARRAY PRO

価格:オープン

【スペック】
●フロント・パネル:マイク・インプット、インスト・インプット、プリアンプ・ボリューム、フェイズ、コンター、イコライザー(ロウ、ミッド・ゲイン/ミッド・フリークエンシー、ハイ)、リバーブ、コーラス、リバーブ・タイム、コーラス・レート、マスター・ボリューム ●リア・パネル:パワー、スピーカー、AUXインプット、エフェクト・ループ、ヘッドフォン、インターナル・エフェクト・チャンネル、XLRダイレクト・アウトプット×3 ●寸法:425(H)x400(W)x349.2(D)mm ●重量:12.24kg
【問い合わせ】
イースペック TEL:06-6636-0372 http://genzler.jpn.org/aa_pro.html
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

有田純弘(ありた・よしひろ)
1957年生まれ。84年に渡米し、翌年、U.S.ナショナル・バンジョー・チャンピオンシップにて優勝。一時期はボストンを拠点にジャズ、ブルーグラス、民族音楽などさまざまなジャンルで活躍、さらにはベラ・フレック、デヴィット・グリスマンを始めとした数々のビッグ・ネームと共演を果たした。92年にソロ・アルバム『Whale Dance』(Strictly Country Records:SCR-28)を発表。現在はギター、マンドリン、バンジョーなどあらゆる弦楽器を操るマルチ弦楽器プレイセッションに参加。洗足音楽大学ジャズコース講師を務める傍ら、鬼怒無月や竹中俊二とのトリオ“FRET LAND”などで精力的な活動を展開している。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS