楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【moog / Subsequent 37】Sub 37を進化させたアナログ・シンセサイザー

moog / Subsequent 37

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Moog Musicは、Sub 37 Tribute Editionのデザインをベースにしたパラフォニック・アナログ・シンセサイザー「Subsequent 37」を2018年7月下旬より発売する。

 Sub 37 Tribute Editionの全コントロールと機能を搭載しながら、ミキサー・セクションは、Sub 37 Tribute Editionの2倍のヘッドルームを備えるほか、さらにミキサー部の柔軟化によってラダー・フィルターでのゲイン・ステージングは再構成され、ハーモニック・サチュレーションとアナログ・コンプレッションが向上。加えてマルチ・ドライブ回路も再調整され、Sub 37に比べてワイド・レンジ化が図られている。また、鍵盤部には37鍵アフター・タッチ搭載の鍵盤が採用されたほか、高性能ヘッドフォン・アンプの装備などが施されている。

 なお、製品にはWindowsおよびMacプラットフォーム用のDAWプラグイン、またはスタンド・アローンで機能する無償のソフトウェア・エディターが付属する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

moog / Subsequent 37

価格:¥200,000 (税別)

【スペック】
●サウンド・エンジン:アナログ ●同時発音数:1(モノフォニック)または2(パラフォニック)(選択可能) ●鍵盤:37鍵セミ・ウェイテッド(ベロシティ、アフタータッチ付) ●LCD:128×64 ピクセル、バックライト(白色)付 ●コントロール機能:ピッチ・ベンド、モジュレーション・ホイール、アフター・タッチ、ベロシティ ●音源:バリアブル・ウェイブシェイプ・オシレーター×2、サブ・オシレーター(矩形波)×1、アナログ方式ノイズ・ジェネレーター×1、外部音声入力/フィルター・フィードバック×1 ●オシレーター・キャリブレーション・レンジ:22Hz~6.8kHz(MIDIノート:18~116(オシレーターのオクターブ設定が8’の場合)) ●グライド(ポルタメント)機能:切替式(オシレーター1、2、両方)、タイプ:LCR(リニア・コンスタント・レイト)、LCT(リニア・コンスタント・タイム)、EXP(エクスポネンシャル)、ゲート機能、レガート機能 ●フィルター:20Hz~20kHz Moog ラダー・フィルター、フィルター・スロープ:6、12、18、24dB/Oct、マルチ・ドライブ機能 ●トランスポーズ:上下2 オクターブ ●アルペジエイター/シーケンサー:パターン:アップ、ダウン、ランダム、ラッチ機能、バック/フォース機能、インバート機能、レンジ:上下2 オクターブ、MIDI シンク機能、シーケンサー:64 ノート、タイ、レスト ● ソース(モジュレーション元):LFO(三角波、矩形波、鋸歯状波、ランプ波、サンプル&ホールド)、フィルター ●プログラマブル・ソース:アンプEG、コンスタント・オン、サイン波LFO、ノイズLFO、オシレーター1 ピッチ、オシレーター2 ピッチ、シーケンサー・ノート、シーケンサー・ベロシティ、シーケンサー・モジュレーションLFO パネル機能:Hi/Low レンジ:0.01Hz~1kHz、MIDI シンク、キーボード・リセット ●エンベロープ:DAHDSR(ディレイ、アタック、ホールド、ディケイ、サスティン、リリース)エンベロープ、マルチ・トリガー機能、リセット機能、ループ機能、MIDI シンク、ラッチ機能、EG ディレイ、ホールド機能、ベロシティ・アマウント、キーボード・トラック機能 ●外部オーディオ入力:1/4"TS ●オーディオ出力:1/4"TS、1/4"TRS ヘッドフォン ●プリセット:256 音色(16 バンク×16 プリセット) ●MIDI I/O:DIN In/Out、およびMIDI over USB ●CV/GATE 入力:フィルターCV、ピッチCV、ボリュームCV、キーボード・ゲート ●電源:110VAC-240VAC(ユニバーサル電源)、コネクター:IEC ●外形寸法:680(W)×375(D)×172(H)mm ●重量:約9.98kg
【問い合わせ】
(株)コルグお客様相談窓口 TEL:0570-666-569 http://www.korg-kid.com/moog/
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS