楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • “完全ワイヤレス”を実現したKATANAシリーズの革新的小型アンプ

亀本寛貴(GLIM SPANKY)meets BOSS KATANA-AIR

BOSS / KATANA-AIR

  • 制作:デジマート・マガジン 文:山本彦太郎 写真撮影:西槇太一 動画撮影・編集:熊谷和樹 音声:嵩井翔平

2018年1月に発表され、瞬く間にギタリストたちの注目を集めた革新的ワイヤレス・アンプ、BOSS KATANA-AIR。その革新性は、何よりも本機が“完全ワイヤレス”という点に宿る。これまで自宅でギターを弾くときは、シールドはもちろん、エフェクター、アンプ、電源ケーブル、場合によって音楽プレーヤーなどを用意する必要があり、“弾く前に”いくつもの工程を踏んでいた。しかし、このKATANA-AIRを導入すれば、上述の機材と、それらを準備する行為から“完全に”解き放たれることができるのだ。今回は、そんな音楽生活を一新させるワイヤレス・アンプを亀本寛貴(GLIM SPANKY)に試奏してもらい、その実力に迫った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

亀本寛貴(GLIM SPANKY)× BOSS KATANA-AIR

about BOSS KATANA-AIR
“完全ワイヤレス”を実現した小型アンプ

“完全ワイヤレス・アンプ”たる所以

 KATANA-AIR最大のポイントである“完全ワイヤレス”というコンセプト。これは単に付属トランスミッター(WL-T)を介したギターのワイヤレス化だけを指しているのではなく、電池駆動が可能な点や、モバイル機器とBluetooth接続して音色をエディットしたり、音楽の再生ができることなどを含めて“ケーブルレス”であるということ。つまり、自宅で(もしくは出先などでも)手軽にギターを演奏し、音楽を楽しむためのシステムすべてを“無線化”できるのだ。

BOSS / KATANA-AIR

背面にはAUXイン、DC電源端子、USB(Type-B/2.0)端子を備える。USB端子をPCにつなげれば、KATANA-AIRの音を録音することができる

コントロール類は天面に集約されている。アンプ・タイプのセレクト・ノブやボリューム、3バンドEQ、エフェクトを始め、Bluetooth接続ボタンやヘッドフォン/RECアウトなども装備

デジマートでこの商品を探す

 ギターの演奏という点でやはり注目なのは付属トランスミッター(WL-T)と本体のワイヤレス技術だが、超低レイテンシーでタッチやレスポンスにも違和感はなし。本体のドックに接続すれば、周囲の電波状況(2.4Ghz帯)を確認し自動で最も安定して繋がるように設定してくれるので、ワイヤレス・ビギナーでも迷うことなく扱えるわけだ。WL-Tはドックから充電することができるうえ、一回の充電で12時間の使用が可能。さらにKATANA-AIRは、一定時間演奏を行なわないと自動的にスタンバイ状態に移行してくれるのだが、ふたたびギターを手に取るとWL-Tに内蔵されたセンターが振動を検知、即座に接続を再開してくれる。省エネかつ、いちいちアンプ本体まで電源操作に戻らなくても良いというわけだ。

トランスミッターのWL-Tは、スペア用に単体での販売もされている

WL-TはKATANA-AIRのドックに接続して充電することができる。充電状態や接続状態は、BATTERYインジケーターの色によって表示される

高品位かつ多彩なアンプ&エフェクト

BOSS TONE STUDIOのエディット画面。アンプのセッティングやエフェクトの細かい設定、アンプ〜エフェクトのルーティングなども調整可能だ

 本体内には、KATANAシリーズで定評のあるハイゲイン・スタック・アンプ[BROWN]を始めとする5種のアンプ・タイプと、各3タイプがアサインできるBST/MOD、DELAY/FX、REVERBといったエフェクトを内蔵。アンプやエフェクトの設定を各3つメモリできる【CH A/B】ボタンもあり、好みの音色を簡単に呼び出すことが可能だ。さらに、スマートフォンやタブレットなどをBluetooth接続し、iOS/Android対応のモバイル・アプリBOSS TONE STUDIO(BTS)を使用すれば、50種類以上のエフェクトの選択や接続順なども含めた詳細な設定、パッチの管理などもできる。BTSにはチューナー機能もあり、すべての操作を手元で完了できるのも“完全ワイヤレス”の所以だ。

◎BOSS TONE STUDIOアプリをダウンロード!
iOS][Android

クリアかつワイドレンジなBluetoothスピーカー

 KATANA-AIRには、7.5cmスピーカーを2基搭載し、30W(電池使用時は20W)で駆動するステレオ・オーディオ・アンプ/スピーカーとしての一面もある。モバイル機器などとBluetooth接続し、音楽ファイルや動画のストリーミング再生などを高品位なサウンドで楽しめるのはもちろん、バッキング・トラックを流しての練習なども可能。音楽鑑賞から音楽制作までを、ケーブル類にわずらわされることなく気軽に楽しめるのが、KATANA-AIRという新提案だ。

デジマートでこの商品を探す

Kamemoto's Impressions
亀本寛貴(GLIM SPANKY)が語る、KATANA-AIRのポテンシャル

“面倒だな”って思う点を全部解決してくれる


 これまで僕は、家でソファなどに座ってギターを弾くといったことを、ほとんどしてこなかったんです。それはやっぱり、アンプの電源を取ったりシールドをつないだり、クリーン・トーンだと物足りないから歪みや空間系のエフェクターを用意したりっていう、ギターを弾く前の準備が面倒だったからですね。その“面倒だな”って思う点を全部解決してくれるのが、まずKATANA-AIRのすごいところだと思いました。

 僕はライブでもワイヤレスを使ったことはないんですが、実際にKATANA-AIRを試してみて、タッチやレスポンスも有線で弾いているのと同じ感覚で違和感はなかったです。音も良くて気持ち良く弾けましたね。【AMP TYPE】では、[CRUNCH]がシンプルで扱いやすく、GAINをそれほど上げずに単音を弾いても充分なサステインがあるし、コードも潰れないのが良かったです。[LEAD]は[CRUNCH]と似たキャラクターなんですが、より単音が太くて、まさにリード向きですね。ハイゲイン・スタック・アンプ的な[BROWN]は暴れる感じ、ザクザクっと噛みつく感じがあって、ハードロックに向いていると思いました。あと普段は、どクリーンなトーンはあまり使わず、クランチからギターのボリュームを下げてクリーンを作るようにしているんですが、今回はいつもはあまりやらないカッティング・プレイで[CLEAN]が使えるなと思い、オート・ワウをかけて演奏してみました。

 エフェクトもかかりが良いですし、ツマミひとつで直感的に調整できる。しかもどの位置でもちゃんと成立した音になるのは素晴らしいなと思いました。エフェクトの微調整はモバイル・アプリのBOSS TONE STUDIOで行ないましたが、この使い心地も良かったです。ディレイのTIMEなどを数値で入力することもできますし、気に入った音色をメモリしておいて、すぐ呼び出せるというのは良いですね。僕らの世代は特に、スマホは常に持ち歩いていますし、これならチューナーも入っているから手元で全部済むというのは便利ですよ。

 Bluetoothスピーカーとしては、非常にクリアでワイドレンジ。デモ動画のバッキング・トラックを再生してみても、違和感なく聴くことができました。そのうえで【AMP TYPE】やエフェクトなどが心地よくギターの音を鳴らしてくれるというのが驚きでしたね。やっぱりエレキ・ギターって、それだけで弾いていても練習にならないし、アンプなども含めて楽器だと思うんです。それが非常にやりやすくなるし、もしかしたら高価なエフェクターやアンプを買い揃えるより、良い音を出すギタリストになる近道かもしれないですね。

Other Wireless Products
BOSSのワイヤレス製品

WL-50

BOSS / WL-50

 幅72mm×奥行き121mm×高さ56mmという、ほぼBOSSコンパクト・シリーズと同サイズのワイヤレス・レシーバー。そのサイズはもちろん、パラレル・コードにより他エフェクターへの電力供給も可能なため、エフェクター・ボードへの組み込みに最適な1台だ。伝送範囲20mのトランスミッターはWL-Tが付属しており、WL-50のドックで充電(3時間の充電で12時間の連続使用が可能)とチャンネルの自動設定ができるので、ワイヤレス・ビギナーでも手軽に扱える。シールド使用時の音質変化を再現したケーブル・トーン・シミュレーション(OFF/SHORT/LONG)も、こだわり派には興味深い機能だ。 [この商品をデジマートで探す]

デジマートでこの商品を探す

WL-20/WL-20L

BOSS / WL-20(写真上)、WL-20L(写真下)

 幅87mm×奥行き22mm×高さ36mm、43gという小型軽量なトランスミッターWL-Tと、ほぼ同サイズのレシーバーのセットという、驚くほど小型かつイージー・オペレートなワイヤレス・システム。伝送範囲は15mと充分なうえ、両者を10秒間接続するだけで自動的に最適な設定にしてくれるという簡便さも、ワイヤレス導入を考えている人にはアピールするポイントだろう。3mのシールド使用時の自然な音質変化を模したケーブル・トーン・シミュレーションを搭載したWL-20は通常のパッシブ・エレキ・ギター向け。同機能がないWL-20Lは、プリアンプを内蔵したエレアコや、ショルダー・キーボードやローランドのエアロフォンなど出力がライン・レベルの楽器に最適だ。 [この商品をデジマートで探す]

デジマートでこの商品を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

BOSS / KATANA-AIR

価格:オープン

【スペック】
●定格出力:30W(15W+15W/ACアダプター使用時)、20W(10W+10W/アルカリ乾電池使用時) ●規定入力レベル:INPUT:-10dBu(1MΩ)、AUX IN:-10dBu ●スピーカー:7.5cm(3インチ)×2 ●コントロール:POWERボタン、Bluetoothボタン、MASTERつまみ〈AMPLIFIER〉AMP TYPEつまみ、GAINつまみ、VOLUMEつまみ〈EQUALIZER〉BASSつまみ、MIDDLEつまみ、TREBLEつまみ〈MULTI EFFECT〉BST/MODつまみ、BST/MODボタン、DELAY/FXつまみ、DELAY/FXボタン、TAPボタン、REVERBつまみ、REVERBボタン〈TONE SETTING〉CH Aボタン、CH Bボタン、PANELボタン ●インジケーター:POWER、Bluetooth、Guitar Wireless、PANEL、CH A、CH B、BST/MOD、DELAY/FX、REVERB、TAP ●接続端子:INPUT端子(標準タイプ)、AUX IN端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、PHONES/REC OUT端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、TRANSMITTER IN端子(ステレオ標準タイプ)、USB端子(USB Bタイプ)、DC IN端子 ●電源:ACアダプター(DC13V)、アルカリ電池(単3形)×8、充電式ニッケル水素電池(単3形)×8 ●消費電力:680mA ●連続使用時の電池の寿命:アルカリ電池:約7時間、充電式ニッケル水素電池:約10時間(容量2,500mAh使用時) ※電池容量や使用状態によって異なります。 ●外形寸法:350(幅)×144(奥行)×181(高さ)mm ●質量:2.2kg(電池を除く) ●付属品:取扱説明書、安全上のご注意チラシ、トランスミッター、ACアダプター、電源コード、2P-3P変換器、保証書、ローランド ユーザー登録カード【トランスミッター(WL-T)】●規定入力レベル:INPUT:-10dBu(1MΩ) ●コントロール:POWERボタン ●インジケーター:BATTERY ●接続端子:入力端子(ステレオ標準タイプ)、DC IN 5V端子(USBマイクロBタイプ) ●電源:充電式リチウム・イオン電池、DC IN 5V端子より取得 ●消費電流:47mA ●電池による連続使用時間:約12時間 ●外形寸法:87(幅)×22(奥行)×36(高さ)mm ●質量:43g ※0dBu=0.775Vrms
【問い合わせ】
ローランドお客様相談センター TEL:050-3101-2555 https://www.boss.info/jp/
デジマートでこの商品を探す

BOSS / WL-50

価格:オープン

【スペック】
《レシーバー》●無線通信フォーマット:ボス独自方式によるデジタル・オーディオ ●無線キャリア周波数:2.4GHz ●最大同時使用チャンネル数:14(使用場所の状況により変動) ●伝送範囲:見通し20m(使用場所の状況により変動) ●レイテンシー:2.3ms ●ダイナミックレンジ:110dB以上 ●周波数特性:20Hz~20kHz ●規定入力レベル:-10dBu ●入力インピーダンス:1MΩ ●規定出力レベル:-10dBu ●出力インピーダンス:1kΩ ●推奨負荷インピーダンス:10kΩ以上 ●コントロール:CABLE TONEスイッチ(OFF/SHORT/LONG) ●インジケーター:POWERインジケーター(バッテリー・チェック兼用)、RECEIVEインジケーター ●接続端子:INPUT端子(標準タイプ)、OUTPUT端子(標準タイプ)、TRANSMITTER端子(TRS標準タイプ)、DC IN端子、DC OUT端子 ●電源:アルカリ電池(単3形)×2、ACアダプター(別売) ●消費電流:ワイヤレス動作時=60mA、トランスミッター充電時=320mA ●連続使用時の電池の寿命(使用状態によって異なる):アルカリ電池=約10時間 ●外形寸法:72(幅)×121(奥行)×56(高さ)mm ●質量(乾電池含む):220g ●付属品:取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、トランスミッター、ゴム足×4、アルカリ電池(単3形×2本、本体に接続済み)、保証書、ローランド ユーザー登録カード ※トランスミッター(WL-T)の充電にはACアダプター(PSA-100S)が必要。 ●別売品:ACアダプター(PSA-100S)、パラレルDCコード(PCS-20A) ※0dBu=0.775Vrms 《トランスミッター(WL-T)》 ●規定入力レベル:-10dBu(1MΩ) ●インジケーター:BATTERY ●接続端子:入力端子(TRS標準タイプ)、DC IN 5V端子(USBマイクロBタイプ) ●電源:充電式リチウム・イオン電池、DC IN 5V端子より取得 ●消費電流:350mA ●電池の充電時間:約3時間 ●連続使用時間:約12時間 ●外形寸法:87(幅)×22(奥行)×36(高さ)mm ●質量:43g ※0dBu=0.775Vrms
【問い合わせ】
ローランドお客様相談センター TEL:050-3101-2555 https://www.boss.info/jp/
デジマートでこの商品を探す

BOSS / WL-20/WL-20L

価格:オープン

【スペック】
《レシーバー》●無線通信フォーマット:ボス独自方式によるデジタル・オーディオ ●無線キャリア周波数:2.4GHz ●最大同時使用チャンネル数:14(使用場所の状況により変動) ●伝送範囲:見通し15m(使用場所の状況により変動) ●レイテンシー:2.3ms ●ダイナミック・レンジ:110dB以上 ●周波数特性:20Hz~20kHz ●規定出力レベル:-10dBu ●出力インピーダンス:1kΩ ●推奨負荷インピーダンス:10kΩ以上 ●インジケーター:POWERインジケーター(バッテリー・チェック兼用)、RECEIVEインジケーター ●接続端子:出力端子(TRS標準タイプ)、TRANSMITTER端子(TRS標準タイプ)、DC IN 5V端子(USBマイクロBタイプ) ●電源:充電式リチウム・イオン電池(DC IN 5V端子より取得) ●消費電流:ワイヤレス動作時=60mA、充電時=500mA ●電池の充電時間:レシーバーのみの充電=約3時間、トランスミッターと同時充電=約4時間 ●電池による連続使用時間:約10時間 ●外形寸法:87(幅)×25(奥行)×38(高さ)mm ●質量:60g ●付属品:取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、トランスミッター、充電用マイクロUSBケーブル(*1)、保証書、ローランド ユーザー登録カード *1:充電には市販のUSB ACアダプター(5V/0.5A以上)が必要。 ※0dBu=0.775Vrms 《トランスミッター(WL-T)》●規定入力レベル:-10dBu(1MΩ) ●インジケーター:BATTERY ●接続端子:入力端子(TRS標準タイプ)、DC IN 5V端子(USBマイクロBタイプ) ●電源:充電式リチウム・イオン電池(DC IN 5V端子より取得) ●消費電流:350mA ●電池の充電時間:トランスミッターのみの充電=約3時間、レシーバーと同時充電=約4時間 ●連続使用時間:約12時間 ●外形寸法:87(幅)×22(奥行)×36(高さ)mm ●質量:43g ※0dBu=0.775Vrms
【問い合わせ】
ローランドお客様相談センター TEL:050-3101-2555 https://www.boss.info/jp/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

亀本寛貴
かめもとひろき●1990年8月24日生まれ。高校在学中に松尾レミ(vo,g)らが結成したGLIM SPANKYに加入。2010年に上京を果たし、2014年に1stミニ・アルバム『焦燥』をリリースする。圧倒的な存在感を示す松尾のボーカル、ブルージィかつ往年のロック・フィールを感じさせる亀本のギター・プレイが大きな話題を呼ぶ。順調にリリースを重ねながらライブ動員も増やしていき、2018年5月には初の日本武道館公演を成功させる。最新作は、2018年5月に発売した4thシングル『All Of Us』。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS