楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • いつでもどこでも使える電動ワインダー付きオート・チューナー

Roadie / Roadie 2

Roadie / Roadie 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターやウクレレなどに対応する
画期的な自動チューニング・マシンが登場

 200万台以上の大ヒット商品となった、スマートフォンで音を検出し、アプリと連動することでチューニングを可能にした電動ワインダー、Roadie。今回はその後継機であるRoadie 2をご紹介します。Roadie 2は振動センサーを搭載したストリング・ワインダー+オート・チューナー構造で、自動でペグを巻き上げる画期的なチューニング・システムを搭載。小型ながら充電池とディスプレイも内蔵しており、場所を問わず、例えまわりが騒がしい状況でも簡単にチューニングができてしまう優れもの。今回はどのくらい簡単に使用できるのか、さまざまな楽器で実際に試してみて、その実力をチェックしていきたいと思います。

Roadie / Roadie 2

 Roadie 2は、エレキ・ギター、アコースティック・ギター、12弦ギター、7弦ギター、ウクレレ、マンドリン、バンジョーなど、あらゆる弦楽器をサポートしています。使い方は、まず使用する楽器とチューニングのプリセットを本体で選択し、楽器のペグにワインダーを装着します。そして1本ずつ弦を弾くだけで(アンプから音を出さずに生音でOKです)、自動でチューニングをしてくれます。

内蔵ディスプレイに楽器やチューニングのプリセットが表示される

 そして同時にラインナップしているRoadie Bassは、Roadie 2の機能に加えて、さらにベース(4〜6弦にも対応)もチューニングできるようにモーター部が2倍に強化され、低音を拾いやすく設計されています。チューニング方式はRoadie 2とRoadie Bass共通で、レギュラー・チューニング、ドロップ・チューニング、オープン・チューニング、変則チューニングなど、ありとあらゆるものがプリセットされているので、どんなプレイヤーも重宝するでしょう。

Roadie / Roadie Bass

アプリと連動することで
お気に入りのチューニングをプリセット可能!

 実際に試してみましたが、とにかく簡単にチューニングができることに驚きました。チューニングが合うとビープ音で知らせてくれるのも親切な設計になっています。チェック時にはあえて各弦のチューニングをバラバラにしたギターを使ってみましたが、だるんと緩んでいたペグも一瞬で巻き上がり、正しい音になりました。

 Roadie 2とRoadie Bassは、無償の専用iOS/Androidアプリ(Roadie Tuner)とBluetooth接続で連動することができ、レギュラー・チューニング、ドロップ・チューニング、オープン・チューニング、変則チューニングはもちろんのこと、420〜460の間でHzを変更したり、カポ使用時に合わせてチューニングの設定ができるのですが、自身のカスタム設定もプリセットすることが可能です。例えば、ギターの6弦から1弦までを自分の考えた変則チューニングでアプリにプリセットし、それをRoadie本体で呼び出せば、もちろんそのとおりに自動でチューニングができます。特にアコギのプレイヤーは曲に合わせて特殊なチューニングをする機会もあると思うので、プリセットを一度作っておけば、とても便利になります。
アプリのマニュアルはこちらから!

アプリを起動し、Instrumentsという項目を選択すると、対応している楽器の種類が表示される。たとえばエレキ・ギターを選択すると……

このように6、7、12弦が表示される。それぞれにレギュラーからダウン・チューニングまで多くのチューニングがプリセットされているので、使用するものだけをRoadie 2に保存しておくことが可能

もちろんイチからチューニングを考案して、それをプリセットすることもできる。まずは弦を1本ずつ追加していこう

それぞれの弦に対する音を選んでいく

6本のセットが完了。このように簡単にチューニングを保存でき、いつでもアプリ/Roadie 2で呼び出すことができる

 ペグを回すパワー感も十分ありますし、電源もUSB充電だったり、アプリとの連動もバッチリということもあって、そのハイテクぶりに驚きを隠せませんでした。対応している楽器やチューニング方法の多さも十分な印象です。なんと言っても、簡単にチューニングができるという一番の目的がしっかりしているので、世界中でヒット商品になるのも頷ける結果でした。個人的には12弦ギターをチューニングする際にかなり重宝することがわかり、チューニングの時間短縮と精度の安心感がありました。ぜひ一度、試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Roadie / Roadie 2

価格:オープン

【スペック】
●対応する弦のゲージ:最大75(0.075インチ) ●ワインダーの回転速度:最大60RPM ●重量:約90g ●外形寸法:約86.4mm × 76.2mm × 25.4mm ●測定可能範囲:43.65Hz ~ 698.46Hz ●動作環境:0 ℃ ~ 40 ℃ ●ディスプレイ位置:トップ ●内蔵充電池:リチウム・ポリマー電池 500mAh(フル充電で約1ヶ月使用可能、バッテリー残量表示) ●スタンド・アローン動作、モバイル・アプリはオプション(無償) ●付属品:本体、充電用USB-Cケーブル、日本語説明書 *Bluetoothは国内技適取得済([R]018-170360)
【問い合わせ】
フックアップ TEL:03-6240-1213 https://hookup.co.jp/
デジマートでこの商品を探す

Roadie / Roadie Bass

価格:オープン

【スペック】
●対応する弦のゲージ:最大140 ●ワインダーの回転速度:最大40RPM ●重量:約170g ●外形寸法:約91.4mm × 78.7mm × 30.5mm ●測定可能範囲:27.5Hz ~ 880Hz ●動作環境:0 ℃ ~ 40 ℃ ●ディスプレイ位置:サイド ●内蔵充電池:リチウム・イオン電池 500mAh(フル充電で約1ヶ月使用可能、バッテリー残量表示) ●スタンド・アローン動作、モバイル・アプリはオプション(無償) ●付属品:本体、充電用USB-Cケーブル、日本語説明書 *Bluetoothは国内技適取得済([R]018-170360)
【問い合わせ】
フックアップ TEL:03-6240-1213 https://hookup.co.jp/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS