楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【Mikio Fujioka Preset Rig Pack】藤岡幹大氏のKEMPERリグ、デジマートで100本限定発売

ViViX/Mikio Fujioka Preset Rig Pack

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Godspeed/青木征洋氏の音楽レーベルViViXは、藤岡幹大氏のKEMPER Profiling Amplifier(以下、KEMPER)用プロファイリング・データ(= KEMPERリグ)のUSBメモリ版を、デジマート・セレクトショップで100本限定にて発売を開始した。

 おかげさまで完売いたしました。誠にありがとうございました。本商品のダウンロード版は、下記ViViXのサイトにて2018年11月30日まで購入可能です。
 http://www.vivix.info/
 引き続きよろしくお願いいたします。

Mikio Fujioka Preset Rig Packの制作について
by ViViX 青木征洋

 KEMPERをシンプルに説明すると「アンプを鳴らしてマイクで収音した時の音色を記憶する(プロファイリングする)機械」です。KEMPERが登場したことで、あらゆるアンプ、キャビネット、マイクの音をわずか5kg程度のデジタル機材に入れて持ち運ぶことが出来るようになりました。

 KEMPERには、アンプの音色のほかにコンプ、EQ、リバーブ、ディレイ、モジュレーションなどのエフェクトをまとめてリグという概念で1つの設定で保存や読み出しが行なえます。ViViXでは、こうしたKEMPERの特性を活かし、アンプやギタリストをフィーチャーしたリグ・ライブラリの制作、販売を2015年から行ってきました。

 Mikio Fujioka Preset Rig Packの制作は、多岐にわたり活躍されていた藤岡氏に一通りのスタイルに対応できるよう、自身のアンプサウンドを持ち歩いて使っていただきたいと提案したのが発端で、それを商品化することで藤岡氏を目指す全てのギタリストが彼の哲学やアイデアを肌で感じられるようになれば、ある種新しい教則コンテンツにもなるという狙いもありました。

プロファイリング

 第1回のプロファイリングは2017年10月16日にサウンドスタジオノア高田馬場にて行なわれました。瑞々しいクリーンや7弦で使うことを重視したヘヴィな歪みのトーン、また「アランホールズワージーな音で!」というオーダーで作った中域に特徴のあるリードトーンを2時間ほど収録し、この日のプロファイリングを終えました。持ち帰ったデータを藤岡氏と私でそれぞれテストし、「これでも問題なく使えるレベルではあるけどもっと使い勝手を良くできるし音も良くしたいよね」という話になり、次の第2回のプロファイリングが行われることになりました。

 第2回は2017年12月29日にサウンドスタジオノア初台にて行われました。第1回の反省を活かし、新しく入手したリボンマイク等も活用しつつこの日収録したリグは、汎用性、クオリティ共に第一回を上回るものになり数としても十分なバリエーションが得られました。

 この日の収録を終え解散する前にロックギターの大事な要素であるブラウン・サウンドが足りていないという話になったため、ブラウン・サウンドのリグの追加収録は2018年に持ち越されることになりましたが、非常に残念なことにその機会が訪れることはありませんでした。

 最終的な細かいEQや空間系の付与といった微調整は私の判断で行いましたが、一部リード・トーンは藤岡氏の教え子でもあるギタリストの岡聡志氏に協力を依頼しています。

ViViX代表 青木征洋氏からのメッセージ

 残念ながら藤岡氏自身にこのリグ・パックを使い倒していただくという当初のコンセプトは叶いませんでしたが、フォロワーのみなさまに藤岡氏のアイデア、哲学を届けたい……そしてご協力頂いた藤岡家に少しでも恩返しをしたいという想いから、デジマートの協力を得てこのチャリティー企画が実現しました。Kemperユーザーの方はぜひ触れてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

ViViX / Mikio Fujioka Preset Rig Pack for the KEMPER Profiling Amplifier(USBメモリ版)【完売御礼】

価格:¥3,000 (税別)

【発売日】
2018/9/3
【スペック】
箱のサイズ:61 x 30 x 15 mm

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS