楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【Fender/LIMITED EDITION JIMMY PAGE TELECASTER】ジミー・ペイジのテレ復刻!

Fender Custom Shop / LIMITED EDITION JIMMY PAGE TELECASTER SET

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェンダーより、三大ロック・ギタリストの一人に数えられる伝説的ロック・ギタリスト、ジミー・ペイジのシグネチャー・モデルの製作が発表された。レッド・ツェッペリンの結成50周年を記念したもので、来年1月に開催されるWinter NAMM 2019にて正式に披露される予定だ。

 今回のコラボレーションでは、ジミーがヤードバーズやレッド・ツェッペリンで使用していた、“ミラー”と“ドラゴン”のデザインで有名な1959年製のテレキャスターを復刻。そのサウンドは、アルバム『レッド・ツェッペリン I』(1969年)のほか、多くのヒット曲で聴くことができる。2019年にはシグネチャー・モデル4機種を発売する予定で、2機種はフェンダーのレギュラー・ラインから、残りの2機種はフェンダーカスタムショップから「LIMITED EDITION JIMMY PAGE TELECASTER SET」として発売される。

 ジミーのテレキャスターは、もともとは1966年にジェフ・ベックからヤードバーズ加入の話を持ちかけられた際に譲り受けたもので、初めて受け取ったときはオリジナルのホワイト・ブロンド・フィニッシュだったとのこと。ジミーは1967年2月に8枚の丸いミラーを貼り付け、ヤードバーズ最後期のごく短期間のみ使用している。1967年半ばにはミラーを取り外し、塗装もすべて剥して、ドラゴンのデザインを手作業でペイント。1968年10月にレッド・ツェッペリンが結成されると、このドラゴン・テレキャスターはメイン・ギターとしてステージとスタジオで1969年まで愛用され続けた。ちなみにジミーがツアーから戻ってきたとき、友人が勝手に塗装を剥し、ドラゴン・ペイントの上にさらなるペイントを重ねていたことを発見。そのペイントによって配線は破損してしまったが、ジミーはネックのみ取り外し、所有していたチョコレート色のストリングベンダー付きテレキャスターに取り付けたそう。

 なお、「LIMITED EDITION JIMMY PAGE TELECASTER SET」は、フェンダーカスタムショップのマスタービルダーとして名高いポール・ウォーラーが製作を手掛けている。8か月におよぶ製作過程の中で、ジミーは何度もフェンダーカスタムショップを訪れ、ポールとの密なコミュニケーションを経て、細部に至るまでオリジナルを忠実に再現。“ミラー”と“ドラゴン”は各50本のみ製作され、ヘッド・ストック裏のサインやハンド・ペイントされたドラゴンのディテールは、ジミー本人が直接手掛けた仕上げになっている。また、フェンダーのレギュラー・ラインから発売される2機種は、ジミーが直々に施したサインとペイント・ワークではないが、オリジナルに限りなく近い仕様で、ジミーの徹底したこだわりが詰まっている。製品のビジュアルなど続報に期待したい。

▲フェンダーカスタムショップにて、マスタービルダーのポール・ウォーラーとジミー・ペイジ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Fender Custom Shop / LIMITED EDITION JIMMY PAGE TELECASTER SET

【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS