楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • サウンド&レコーディング・マガジン for ビギナーズ

音楽制作ツール購入ガイド【マイク&モニター編】

マイク&モニター

マイクやモニター機器を使えば高音質で作業できるらしいけど、どんな製品を選べばいいのか分からない……。そんな人に向けて、ここではマイクとモニター・スピーカー/ヘッドフォンの基礎知識と製品を紹介! ぜひ購入の指針にしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクの種類

 歌の録音にパソコンの内蔵マイクを使っている人も見られますが、録り音の音質や汎用性を考えると、マイク+オーディオI/Oで作業するのがオススメ。マイクは構造によっていろいろな種類がありますが、よく使われているのは“ムービング・コイル型のダイナミック・マイク”と“コンデンサー・マイク”です。

ダイナミック・マイク

 中域がしっかりとした音質で、大きな音が入ってもひずみにくい(割れにくい)ため、歌からギター・アンプ、打楽器、管楽器まで幅広いソースに使えます。また、別途電源を必要としません。

コンデンサー・マイク

 収音の要である“ダイアフラム”というパーツに電圧をかけると動作します。使用の際は、オーディオI/Oのファンタム電源(48V)をオンにしましょう。低域~高域をフラットに収められるのが特徴で、声や生楽器の音をリアルにとらえます。

 壁などからの不要な反射音を軽減する“リフレクション・フィルター”や、ノイズの原因になる強い息をカットするための“ポップ・ガード”を併用し、より質の高い音をゲットしましょう!

ASTON MICROPHONES / Aston Origin

 英国のブランドASTON MICROPHONESが手掛けるコンデンサー・マイクAston Origin。特徴的な波形メッシュ・ヘッドの中に厳選されたカプセルを搭載し、高品位なサウンドを実現。ボディは優れた堅牢性を誇るタンブル加工が施されている。メッシュ・ヘッド部は、ポップ・フィルターの機能も兼ねているので、セッティングの手間を軽減してくれるのも特徴だ。

 また、スタンド・アダプターを内蔵し、マイク・スタンドにそのままセッティング可能となっている。指向特性は単一指向性で、ボーカルはもちろん、アコースティック・ギターやドラムなど、幅広い楽器のレコーディングに対応する。

価格:オープン・プライス(市場予想価格/43,000 円前後)
問)ローランドお客様相談センター 050-3101-2555 www.roland.co.jp

デジマートでこの商品を探す

SE ELECTRONICS / V7

 V7は、アルミニウム・ボイス・コイルを採用したダイナミック・マイクロフォン。革新的なカスタム仕様のアルミニウムを使ったボイス・コイルを採用することで、カラッとオープンなサウンドを実現。ボーカルでも楽器でも自然なサウンドを収録できるため、レコーディング後の音作りも容易になる。また、ハンドリング・ノイズやフロアからの振動を極限まで抑える内蔵ショック・マウントを搭載。さらに、シャープなスーパー・カーディオイド指向性を持ち、ステージ上でほかの楽器の干渉を最小限に抑えられるのでハウリングすることなく十分なゲインを稼ぐことが可能だ。

価格:13,800円
問)フックアップ 03-6240-1213 https://hookup.co.jp

デジマートでこの商品を探す

SHURE
PGA58 / SM57 / SM58 / KSM32

多様な用途やシーンに対応する SHUREのマイクロフォン・シリーズ

価格:オープン・プライス(市場予想価格/PGA58:7,100円前後、SM57:11,800円前後、SM58:12,800円前後、
KSM32:63,000 円前後)
問)
完実電気 050-3388-6838 https://kanjitsu.com/product-brand/shure/

デジマートでこの商品を探す

 PGA58は、リード・ボーカル、コーラスのパフォーマンスに最適なプロ品質のダイナミック・マイク。独自のカートリッジ・デザインで、ボーカル・パフォーマンスの周波数帯域におけるナチュラルでクリアなサウンドを収音、カーディオイド指向特性で音声をクリアに捉え、不要なノイズを遮断するのが特徴だ。

 SM57は、楽器とボーカル両方の収音において卓越した性能を発揮する楽器用マイク。効果的なカーディオイド・ピックアップ・パターンは主音源を分離し、周囲の不要な雑音を最小限にカットする。

 SM58は、ライブやレコーディングでのボーカル収音のために生まれた、プロ仕様の単一指向性ダイナミック・マイク。際立つ中音域、低音域のロールオフにより、ボーカル用に最適化された周波数特性が特徴だ。

 KSM32は中価格帯ながらハイエンド機に引けを取らないクオリティを誇るカーディオイド・コンデンサー・マイク。エンボス加工のダイアフラムによりバランスの良い高域および低域、密度の濃い中域を実現。元の音源を開放感のある自然なサウンドで再現する広い周波数特性を備えている。オールマイティに使用できるが特にボーカルやギターに強い存在感を与えることことができる1本。

BLUE
Baby Bottle SL / Bluebird SL / Spark SL / Blackout Spark SL

各モデルに特徴的なキャラクターを備えたBLUEのエッセンシャル・シリーズ

価格:オープン・プライス(市場予想価格/Baby Bottle SL:39,800円前後、Bluebird SL:29,800円前後、Spark SL:19,800
円前後、Blackout Spark SL:22,800円前後)
問)エムアイセブンジャパン www.mi7.co.jp

デジマートでこの商品を探す

 個性的なマイク・ブランドBLUEが送り出す、各モデルに特徴的なキャラクターを備えたエッセンシャル・シリーズ。

 BLUE Baby Bottle SLは、ノスタルジックな温かみのあるサウンドを再現し、幅広い用途に対応可能な優れた周波数特性を持つ高出力コンデンサー・マイク。ミッド・レンジを豊かに表現し、滑らかなトップ・エンド、ニュートラルなボトムという音響特性を持つ。

 Bluebird SLは、原音を忠実にとらえ、パフォーマンスのディテールすべてを自然な臨場感で再現、伸びのよい高域、滑らかな中域がボーカルやインストゥルメントに最適なコンデンサー・マイクだ。

 Spark SLは、同社が誇る高品位なスタジオ・サウンドをホーム・スタジオで実現するために作られた、幅広い用途に対応する利便性の高いコンデンサー・マイク。透明なサウンドでボーカル、ギター、ドラム、ピアノなどをディテールまで鮮やかに表現する。

 Blackout Spark SLは、ゲーム実況プレイヤー、YouTuber、ミュージシャンのためにデザインされた特別モデル。Spark SLをベースに、マイク本体、ショック・マウント、そしてパッケージにいたるまでマット・ブラック・カラーを施しているのが特徴となっている。

BLUE
Encore 300 / 200 / 100 / 100i

BLUEの技術を余すところなく投入したライブ/スタジオ向けダイナミック・マイク

価格:オープン・プライス(市場予想価格/Encore 300:19,800円前後、Encore 200:14,800円前後、Encore 100:9,800円
前後、Encore 100i:7,400円前後)
問)エムアイセブンジャパン www.mi7.co.jp

デジマートでこの商品を探す

 Encoreシリーズは、BLUEが長年培ってきたスタジオ用コンデンサー・マイクの開発技術を余すところなく投入したライブ/スタジオ向けダイナミック・マイクだ。

 Encore 300は、シリーズ最上位に位置するフラッグシップ・モデル。BLUEコンデンサー・カプセルと独自のファンタム電源回路をマッチングさせることで、スタジオ・マイクと同等のディテール表現と、パワフルなサウンド・パフォーマンスを実現した。

 Encore200は、独自の出力トランスフォーマーとActive Dynamicファンタム電源回路を搭載。高出力、安定したトーン・コンシステンシー、そして低ノイズを実現するファンタム・パワード・ダイナミック・カプセルおよびアウトプット・トランスデューサーを搭載する。

 Encore 100はAriaダイナミック・カプセルを搭載し、バランスの取れたハイ・エンドと精密なディテール表現、卓越した透明感を誇るモデル。ライブからスタジオ/ブロードキャスト・ユースまで、幅広く使用可能だ。

 Encore 100Iは、特にインストゥルメントのマイキングに適した、タイトな指向特性を持つカスタム・ダイアフラムを搭載したモデル。ドラムやアンプなどの大音量を収音するのに最適だ。

SE ELECTRONICS / X1S Studio Bundle

 X1Sは、ホーム・レコーディングに適したマイクX1の電子回路や仕様を見直し、サウンド・クオリティを向上させたモデル。X1同様、手製のコンデンサー・カプセルを搭載し、-10dB/-20dBの切り替えが可能なパッド・スイッチは広いダイナミック・レンジを提供、幅広いソースへの対応を可能にした。

 X1S Studio Bundleは、本機にIsolation Pack(ショック・マウント+ポップ・シールド)、3mマイク・シールドがセットになったVacal Packに加え、リフレクション・フィルターRF-Xをバンドルしたセットだ。レコーディング仕様のマイク周りを一式そろえたい向きにオススメ。

価格:37,000 円
問)フックアップ 03-6240-1213 https://hookup.co.jp

デジマートでこの商品を探す

IK MULTIMEDIA / iRig Acoustic Stage

 iRig Acoustic Stageは、アコースティック・ギターのライン出力やレコーディングが手軽に行なえるマイクロフォン/インターフェース。通常、アコースティック・ギターの録音はスタジオやホールなどで行うものだが、本機を使用すれば、周囲の環境に左右されず、適切なマイク・ポジションで音をとらえることができる。

 コンパクトなMEMSマイクロフォンと、DSPプリアンプ・ユニットで構成されており、ピックアップ接続では欠落しがちな空気感を伴った音をパソコンやモバイル機器に接続しDAWやレコーディング・アプリで録音を行ったり、ライブ会場のPAにてプレイ可能だ。

価格:オープン・プライス(市場予想価格/13,500 円前後)
問)IK Multimedia www.ikmultimedia.com

デジマートでこの商品を探す

ROSWELL PRO AUDIO / Mini K47

 Mini K47は、優れたディテール表現、美しい中域、不必要に誇張されない高域をもたらす34mmカプセルを備えたコンデンサー・マイクロフォン。カプセルのポテンシャルを生かすべく設計された回路により、とらえた音に余分なものを加えず、クリーンで透明感のある音質を実現。

 バランスの良いカプセルと高品質なポリプロピレン・シングル・コンデンサーの採用により、ボーカルをレコーディングする際のシビランス(歯擦音)やリップ・ノイズを低減し、エレキ・ギターやアコースティック・ギターのレコーディングでは重量感が際立ったサウンドを得られるだろう。

価格:オープン・プライス(市場予想価格/38,000 円前後)
問)オタリテック 03-6457-6021 www.otaritec.co.jp

デジマートでこの商品を探す

モニター・スピーカー選びのポイント

 

 楽器の音やミックスを脚色せずに再生する音楽制作用のスピーカー。低域を鳴らすスピーカー・ユニットである“ウーファー”と高域用の“ツィーター”の2つを備えたものが2ウェイ(イラスト)、中域用の“スコーカー”を加えたものは3ウェイと呼ばれます。“◯インチ”というサイズはウーファーの口径(直径)を表しており、1インチ=2.54cmなので、例えば5インチだと12.7cmとなります。

 これにエンクロージャー(ボディ)の幅も加わるため、設置スペースを考えて選びましょう。従来は、スピーカーを鳴らすためのパワー・アンプを別途必要とする“パッシブ・スピーカー”が主流でしたが、昨今はアンプ内蔵の“アクティブ・スピーカー”(パワード・モニター)を使う人も多いです。スピーカー・ユニット、エンクロージャー、アンプといった構成要素のマッチングが図られている上、単体で鳴らせるため使いやすいでしょう。

JBL PROFESSIONAL / 305P MKII

 パワード・スタジオ・モニター305P MKIIは、クラスを超える優れた音質で評価の高いLSR 3Seriesの後継モデルだ。ドライバーに改良を施し、再現性能が大幅に向上した。低域ドライバーは正確なピストン運動により、原音を極めて忠実に再現。高域ドライバーは立ち上がりの鋭い音や微細な音の変化もより正確に再現できるようになった。

 また、同社の独自技術である“イメージ・コントロール・ウェーブ・ガイド”を搭載し、スピーカーの外側に伸びるほどの広いステレオ音場を再生できるのも特徴だ。これにより、スピーカーの軸外でも音質やバランスを正確に見極めることができるだろう。

価格:オープン・プライス(市場予想価格/16,000 円前後<1本>)
問)ヒビノプロオーディオセールス Div. 03-5783-3110 http://proaudiosales.hibino.co.jp

デジマートでこの商品を探す

BEHRINGER
Nekkst K5 / K6

 5インチ・ウーファーを搭載するNekkst K5と、6.5インチ・ウーファーを搭載するNekkstK6は、1つのスピーカーに2つのアンプを搭載し、別々の動力からなるドライバーによって出力するトゥルー・バイアンプ方式を採用した2ウェイ・モニター・スピーカー。

 さまざまな環境による音響条件に適応するため、背面パネルには、3つのEQスイッチを備えている。また、部屋の属性の補正、あるいは専用サブウーファーNEKKST K10Sとのマッチングを図るためのスイッチ、ウーファーとツィーターの両方をオーバーロードから保護する独立のリミッターも搭載している。

価格:オープン・プライス(市場予想価格/Nekkst K5:14,800円前後<1本>、Nekkst K6:17,800円前後<1本>)
問)エレクトリ www.electori.co.jp

デジマートでこの商品を探す

AVANTONE / CLA-10

価格:オープン・プライス(市場予想価格/80,000円前後)
問)M.I.D. www.miyaji.co.jp/MID/

デジマートでこの商品を探す

スタジオの新たな定番を目指したナチュラル・サウンドのモニター

 ミックスの王様と称され、グラミー賞にも輝いたアメリカのエンジニア、クリス・ロード・アルジの監修のもとに開発された2ウェイ・パッシブ・ニア・フィールド・モニター、CLA-10。スタジオの定番機材となるべく設計された、その色付けのないサウンドは、レコーディング/ミキシングのリファレンス・モニターとして活躍するポテンシャルを持つ。

 キャビネットはMDFボード製で、背面に搭載されるコネクターにはハイグレードなパーツを採用。AV10-MHFツイーター・ユニットは、最適なパフォーマンス・カーブを得るために、困難な開発プロセスの末に完成したもの。さらに、AV10-MLFウーファー・ユニットには継ぎ目のないプレス成型によるコーンが採用されており、これによって製造プロセスにおける、より高いレベルでの品質管理が可能となった。出荷される全ロットに対して同じ品質を保てるように、すべて自社内で生産されているのも特徴と言えるだろう。

 “過去30年間、スタジオ・モニターの象徴だったスピーカーを忠実に再現した製品”と位置付けられており、サウンド、性能、剛性、重量などの面を、しっかりと再現しながら、よりハイグレードな仕上がりととなっている。

FLUID AUDIO / F4

価格:オープン・プライス(市場予想価格/20,000 円前後)
問)ローランド お客様相談センター 050-3101-2555 www.roland.co.jp

デジマートでこの商品を探す

 コンパクトながらクラスAB級15W×2出力のアンプを搭載したモニター・スピーカー。4インチのペーパー・コーン・ウーファーがダイナミックな低音を再生し、1インチのシルク・ドーム・ツイーターがフラットなレスポンスと音の広がりを提供する。TRSフォーン(バランス/アンバランス)、RCA(アンバランス)と豊富な入力端子を備え、フロントのミニ・ジャックにはスマートフォンやタブレットも接続可能。フェーダー型のボリューム・コントローラーも特徴的だ。カラー・バリエーションは2色。室内のインテリアに合わせてブラックとホワイトからチョイス可能。

PRESONUS / Eris E3.5

価格:オープン・プライス(市場予想価格/14,000 円前後)
問)エムアイセブンジャパン www.mi7.co.jp

デジマートでこの商品を探す

 2ウェイ仕様のニア・フィールド・アクティブ・モニター。高域および低域のコントロール・ノブによって音響の調整が行えることが特徴。ヘッドフォンやイヤフォンを接続するステレオ・ミニ端子も搭載しており、音が気になる深夜の作業にも使い勝手がよい。フロント・パネルにボリューム・ノブを備え、スピーカーとヘッドフォンのレベル調整を行う。内蔵パワー・アンプは25Wで正確な出音を維持、コンパクトながら期待以上の大音量を提供する。3タイプのオーディオ入力で、DJミキサー、オーディオI/O、スマートフォンなど、あらゆるソースを鳴らすことが可能だ。

YAMAHA
HS8(W) / HS7(W) / HS5(W) / HS8S(W)

価格:オープン・プライス(市場予想価格/HS8(W):36,000円前後<1本>、HS7(W):24,000円前後<1本>、
HS5(W):15,000 円前後<1本>、HS8S:46,000円前後)
問)ヤマハ プロオーディオ・インフォメーションセンター 0570-050-808(ナビダイヤル)、03-5488-5447 https://jp.yamaha.com/products/proaudio/

デジマートでこの商品を探す

プロの現場で愛されるYAMAHA のモニター
その歴史を現代に受け継ぐHS シリーズ

 プロの現場で愛用されるYAMAHAのニア・フィールド・モニター。その歴史はNS-10MシリーズからMSPシリーズへと受け継がれ、このHSシリーズに結実している。HSシリーズでは、磁力線のフローを制御/均一化する磁気回路設計を施した新開発のトランスデューサーを採用し、また音響部品の再選定/最適化を併せて行うことで再生能力の向上が図られている。パワー・アンプ部には、高域と低域のそれぞれの帯域を専用パワー・アンプで増幅するバイ・アンプ方式を採用。各モデルに最適化されたアンプ・ユニットは常に高品位で音質変化の少ない均一なサウンドを提供する。

 各モデルとも1インチ・ドーム・ツイーターを採用、ウーファーのサイズによって3つのタイプから選べ、8インチ・ウーファーを搭載したHS8、6.5インチ・ウーファーを搭載したHS7、5インチ・ウーファーを搭載したHS5がラインナップ。HS8W(白)のみ受注生産となるが、いずれのモデルも黒と白のカラー・バリエーションが用意されている。また、型番に“I”の付いた吊設置対応モデルもラインナップ。超低域を22Hzに拡張し正確に再現する8インチ・サブウーファーHS8Sとの組み合わせもお勧めだ。

GENELEC / 8010A

 8010Aは、非常にコンパクトなボディで持ち運びにも便利な2ウェイ・アクティブ・ニア・フィールド・モニター。世界中の放送局やレコーディング・スタジオ、ポストプロダクション・スタジオで使用されているほか、ホテルの客室、中継車、小規模スタジオなどでも快適に使用できる。3インチ・ウーファーと3/4インチ・ツイーターのコンビネーションに、バランスXLR入力、クラスDパワー・アンプを2基搭載。またGenelec ISS(Intelligent Signal Sensing)回路も内蔵されており、システムの停止を自動検出し、省電力スタンバイ・モードに切り替えることが可能となっている。

価格:オープン・プライス(市場予想価格/ダーク・グレー:39,000円前後<1本>、ホワイト:41,000円前後<1本>)
問)ジェネレックジャパン 03-6441-0591 www.genelec.jp

デジマートでこの商品を探す

IK MULTIMEDIA / iLoud Micro Monitor

価格:オープン・プライス(市場予想価格/37,000 円前後)
問)IK Multimedia www.ikmultimedia.com

デジマートでこの商品を探す

 iLoud Micro Monitorは、限られたスペースの環境でスタジオ・クオリティのモニタリングを実現してくれる世界最小クラスのパワード・モニター。カスタム・メイドの複合素材によるしっかりとした材質の3インチ・ウーファー、3/4インチのシルク・ドーム・ツィーターを備えている。DSPを内蔵しており、3つのEQスイッチで音質を調整可能。90(W)×180(H)×135(D)mmという小さい筐体ながら明りょうなサウンドを提供する。Bluetooth接続も可能だ。完全限定生産のWhite Special Editionも用意されている。

PRIMACOUSTIC / London Room Kit

価格:29,500 円~
問)エレクトリ www.electori.co.jp

デジマートでこの商品を探す

 London Room Kitは、ホーム・シアターやプライベート・スタジオ向けにデザインされた吸音パネル・セット。部屋のサイズに適したキットが用意されており、必要なパネルおよび取付金具のパッケージを選択可能だ。化学的な樹脂加工により結合された高密度グラス・ウールのパネルは、100Hzまでの低域を吸収する。また、狭い空間で起こりやすいフラッター・エコーや音の反響も吸収可能だ。吸収力に優れるため、少ないパネル数でも確実に吸音する。パネルが耳の高さにくるように取り付けるとより効果的だ。ブラック、グレー、ベージュの3色が用意されている。

モニター・ヘッドフォンの選び方

 色付けせずにクリアな音を再生する音楽制作用のヘッドフォン。レコーディングに用いると演奏のニュアンスなどがとらえやすく、ミックスではエフェクトによる微細な音色変化や全体のバランスが見やすくなります。DJ用や音楽鑑賞用のヘッドフォンもありますが、いずれもベースやドラムが強調されて聴こえるようにチューニングされているモデルもあるので、音楽制作にはモニター・ヘッドフォンを使うのがオススメです。

 ハウジング(耳を覆う部分)がドライバー(発音部)を閉じている“密閉型”と、ハウジングに穴を設けた“オープン型”の2種類が代表的で、密閉型は力強く明りょうなサウンド、オープン型はスピーカーのように空気感のある音質を特徴としています。

SHURE
SRH840 / SRH440

価格:オープン・プライス(市場予想価格/SRH840:19,800円前後、SRH440:9,980円前後)
問)完実電気 050-3388-6838 https://kanjitsu.com/product-brand/shure/

デジマートでこの商品を探す

 SRH840は、プロのエンジニアやミュージシャン用にデザインされたリファレンス・スタジオ・ヘッドフォン。正確に調整された周波数特性により、豊かな低音域、クリアな中音域、幅のある高音域を再現。また、人間工学的なフィット感をもたらすパッド付きのワイドなヘッドバンドにより、快適性を長期間保持する。さらに、密閉型サーカム・オーラル・デザインにより優れた装着感が得られるほか、バックグラウンド・ノイズを低減する。SRH840の性能を引き継ぎながら、ハイ・コストパフォーマンスを実現したSRH440も用意されている。こちらはビギナーにオススメだ。

YAMAHA
HPH-MT8 / HPH-MT7(W) / HPH-MT5(W)

価格:(市場予想価格/HPH-MT8:25,000円前後、HPH-MT7(W):20,000円前後、HPH-MT5(W):15,000円前後)
問)ヤマハ プロオーディオ・インフォメーションセンター 0570-050-808(ナビダイヤル)、03-5488-5447 https://jp.yamaha.com/products/proaudio/

デジマートでこの商品を探す

YAMAHA モニター・スピーカーの設計理論を受け継いだヘッドフォン

 “原音に忠実であること”“音色や音像定位の微細な変化を正確に再現できること”。プロの現場で愛されるYAMAHAモニター・スピーカーが掲げる設計理論。NS-10MシリーズからMSPシリーズ、HSシリーズに至るまで一貫して持ち続けている哲学と言ってもよいその考え方をヘッドフォンに凝縮したのがMTシリーズだ。高品位で確かなモニタリングを可能とする再生能力、長時間の作業でも疲労の少ない装着感と作業に集中できる遮音性、そして過酷な現場にも耐え得る高い耐久性を実現している。

 45mmカスタム・ドライバーとアルミ・ダイキャスト・アームを搭載したHPH-MT8はシリーズ最上位モデル。全帯域で高い分解能を備えレコーディングやミキシングの現場に最適。40mmカスタム・ドライバーとアルミ・ダイキャスト・アームを搭載したHPH-MT7は、レコーディングやミキシング以外にも、高い音圧レベルと耐久性を確保しているためライブ時のモニタリングにも適する。上位モデルのコンセプトを踏襲した40mmカスタム・ドライバー搭載のHPH-MT5は、バランスのとれたサウンドとシリーズ最軽量設計が特徴だ。HPH-MT7とHPH-MT5はホワイト・モデルも用意されている。

音楽制作ツール購入ガイド・目次

 ├ 曲作りの中心となる存在=DAW
 ├ オーディオI/Oはなぜ必要?
 ├ マイクとモニターの基礎知識
 ├ 多種多様なMIDIコントローラーたち
 ├ タブレット&スマホを使った音楽制作

さらに詳しい解説は音楽制作ツール購入ガイド
『サンレコ for ビギナーズ 2019』PDF版をチェック!

SFB2019-cover.jpg 

【PDF版ダウンロード(無償)はこちらから】

 『サンレコ for ビギナーズ 2019』とは、これから音楽制作をスタートしたい!という人たちに向けた、音響機材購入ガイド・ブックです。音楽制作に欠かせないDAWソフトからモニタリングに必要なスピーカーやヘッドフォン、マイクやギターなどのレコーディングに使うオーディオ・インターフェース、MIDIの打ち込みに便利なMIDIコントローラーなど、さまざまな機材の特徴と製品カタログを掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

マイク

デジマートでこの商品を探す

モニター・スピーカー

デジマートでこの商品を探す

ヘッドフォン

デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS