楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【YAMAHA/sonogenic SHS-500】 弾けなくても演奏を楽しめるJAM機能搭載のショルダー・キーボード

YAMAHA / sonogenic SHS-500

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは、ショルダー・キーボードsonogenic「SHS-500」を3月5日より発売する。

 SHS-500は、「鍵盤楽器を演奏したことがない人でもすぐに楽しさを実感できる」をコンセプトに開発されたコンパクトなショルダー・キーボード。鍵盤部には「HQ(High Quality) Mini」鍵盤を採用している。加えてスピーカー内蔵ながら本体質量は約1.5kgと軽量で、かつ電池駆動に対応しており、場所を選ばず演奏が行なえる。

 無料アプリ「Chord Tracker(※)」との連動による「JAM機能」を使用することで、スマート・デバイスに保存している楽曲のコード進行に即した音が自動的に鍵盤に割り当てられ、 セッションを楽しめる。USBケーブルで楽器とスマート・デバイスを接続することにより、演奏したデータをスマート・デバイス内に保存可能。本体には音色を30種類内蔵すると共に、リバーブなどのエフェクトのコントロール・ノブ、ピッチ・ベンド・ホイール、モジュレーション・ホイール、MIDI端子なども装備しており、演奏や音楽制作に対応するインターフェースが備えられている。また、Bluetooth MIDIによるワイヤレス接続も可能。ボディ・カラーはブラックとレッドの2タイプから選べる。

※「Chord Tracker」: スマート・デバイス内のオーディオ・データのコード進行を自動解析・表示する無料アプリ。iOSのみ対応。5月以降にAndroid版リリース予定。

It's your turn to be the star!: Yamaha sonogenic

Play along with your favorite song!: SHS-500 Video manual

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

YAMAHA / sonogenic SHS-500

価格:オープン

【発売日】
2019/3/5
【スペック】
●鍵盤数:37鍵 ●音源方式:AWMステレオ・サンプリング ●最大同時発音数:48音 ●プリセット音色数:30種類 ●エフェクト DSP9:タイプ、マスターEQ:4タイプ ●USBオーディオ・インターフェース:44.1kHz、16bit、ステレオ ●JAM機能ファンクション(5モード) ●電源:PA-130B(またはヤマハ推奨の同等品)、単3電池(アルカリ電池/マンガン電池/充電式ニッケル水素電池)×6(別売) ●付属品:電源アダプター、ストラップ、MIDI変換ケーブル、取扱説明書、保証書、製品ユーザー登録のご案内 ●幅:821×高さ:65×奥行:121(mm)、質量:1.5kg(乾電池除く)
【問い合わせ】
ヤマハ株式会社 https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/keyboards/shs/shs-500/index.html
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS