楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 2EQを搭載し、使い勝手を向上させたTS系オーバードライブ

KarDiaN / C10H12N2O(セロトニン)

KarDiaN / C10H12N2O(セロトニン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のハンドメイド・ブランド、KarDiaNの新作!
使い勝手に優れたTS系オーバードライブ

 現代のエレクトリック・ギター・サウンドにおいて必要不可欠となったエフェクター。音色を変化させるためのツールとして多種多様な製品が市場にあふれている。中でも「歪み」を作り出すペダルに関して言えば、毎週のように新しい製品が登場していく。そしてオーバードライブ、ディストーション、ファズといった「異なるテイストを持つ歪みペダル」を複数そろえることが当たり前となった今、特にギタリストであれば新しい製品はもれなくチェックしていることだろう。

 ことオーバードライブに関しては、世界各国のローカル・ブランド、そしてナショナル・ブランドからも大量のモデルが発表されている。そして、そのほとんどのペダル・ブランドが目指すサウンドのひとつがチューブ・スクリーマー、通称TS系のサウンドだろう。

 日本で生まれたこのペダルに敬意を払い、そのサウンドを継承したKarDiaNのニュー・モデルであるC10H12N2O(セロトニン)も、TSのサウンドを色濃く反映したペダルだと言える。

KarDiaN / C10H12N2O

ギター自体が持つ基本の音色をキープできるため
ほかのペダルやアンプとの相性が◎

 まず音を出してみて、TSの個性である「歪んでいながらも芯の音はしっかりと存在する質感」をベースにしていることがわかる。開発者は歪む前のクリーン・サウンドが重要だと考えているのだろう。すべてのツマミをセンター位置にしてサウンド・チェックをしているが、すでにこのポイントでセロトニンの音色が完成しているところに注目したい。

 DRIVEツマミは時計の12時以降で自然に歪み量が増していくが、倍音の伸び方はアンプのドライブ・サウンドのようだ。ツマミを下げた場合もアンプのゲインを操作しているような印象で、もちろんロー・ゲイン・セッティングでも使える。

 EQは「実音のまわりをコーティングした歪み」を調整するような印象。前記したように、エフェクトをオンにしてもギター自体が持っている基本の音色がキープされているので、後段のエフェクターやアンプとのマッチングを取るためにEQを使うというのが本機を使いこなすポイントかもしれない。BASSツマミは迫力感、TREBLEツマミは音色の基本的な明るさやヌケ感を調整してくれる。

丁寧に組み込まれた内部。オペアンプを2つ使用しているのもポイントだ

 高品質なパーツ群を要所に配置することで音色のチューニングを行なっているが、それらは補助的な役割で、あくまで回路でサウンドを作り出しているという印象が強い。TSの個性であるミッド・レンジはそのままに、KarDiaN独自の味付けを加えているのだ。特徴的な錆加工が施されたフィニッシュはブランドの代名詞であり、ここでもペダルの存在感をアピールしている。

 いわゆるコピー・モデル/クローン系とは違い、「TSが好きだから、もっと使いやすいようにアレンジしたペダルだ」と感じた。回路のコピーではなく、音色の傾向をサンプリングして自己流に仕上げたという意味でも、KarDiaNブランドの新しい挑戦となったであろう「セロトニン」を、ぜひ多くのプレイヤーにチェックしてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

KarDiaN / C10H12N2O

価格:¥32,000 (税別)

【スペック】
●コントロール:ボリューム、ゲイン、ベース、トレブル ●入出力端子:インプット、アウトプット ●電源:9V電池、9Vアダプター ●外形寸法:72(W)× 121(D)× 55(H)mm ●重量:288g
【問い合わせ】
キョーリツコーポレーション TEL:03-5614-2081 http://kardian.net/pedals/c10h12n2o/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

村田善行(むらた・よしゆき)
ある時は楽器店に勤務し、またある時は楽器メーカーに勤務している。その傍らデジマートや専門誌にてライター業や製品デモンストレーションを行なう職業不明のファズマニア。国産〜海外製、ビンテージ〜ニュー・モデルを問わず、ギター、エフェクト、アンプに関する圧倒的な知識と経験に基づいた楽器・機材レビューの的確さは当代随一との評価が高い。覆面ネームにて機材の試奏レポ/製品レビュー多数。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS