楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース
  • リバース・ボディ・ストラトキャスター“シアトル”が限定100本で登場!

【Fender × Guitar Magazine/Stratocaster “Seattle”】コラボ・モデル第3弾!

Fender / Stratocaster “Seattle”

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年に、ギター・マガジン創刊35周年を記念して誕生したテレキャスター“Manhattan”、日本を代表するロック・バンドRADWIMPSの野田洋次郎とともに2017年に作り上げたテレマスター“ACE”──それらに続くFenderとのスペシャル・コラボ・ギター“Seatle”(シアトル)が登場!

 ひと目見て脳裏に浮かぶのは、リバース・ボディのストラトを手に数多くの名演を奏でた不世出のレフティ・ギタリストだろう。その姿にあこがれたプレイヤーは世界中を見渡しても星の数ほど存在している。そこで今回は、左利き用のボディを使用しながら“右利き用”に細部をチューンナップした1本に仕上がっている。

 まずはコントロール部に注目してほしい。演奏性を考慮し、右腕に当たってしまうトーン・ツマミを取りはずした、マスター・ボリューム&マスター・トーンというシンプルな仕様となっている。加えてピックアップやアームの位置も右利き用と同じレイアウトに変更。従来のストラトキャスターと同様のトーンや弾き心地を実現しているのもこだわりのポイントだ。

 また、ピックアップには素晴らしいトーンを生み出すカスタムショップ製Fat50sを搭載し、ボリューム&トーンのサーキットはUSA製と、ワンランク上のサウンドを創出するためのこだわりのパーツを選定した。指板には今や貴重材となったローズウッドを採用。ラージヘッドと精悍なブラック・ボディと相まって、見た目にも大きな存在感を放つ1本に仕上がっている。

▲ネック・プレートにはスペシャル・コラボレート・モデルの証である特別なシリアル・ナンバーを刻印している

▲抱えた時にロゴが正面に来るようにデザインしたリバース・ラージヘッドも本器の大きなアクセントとなっている。また6弦の位置が従来よりも遠くなるためテンションが稼ぎやすく、ドロップ・チューンニングにしても素晴らしい響きを創出してくれるだろう

▲ピックアップには低音のレスポンスが強化され、1950年代のシングルコイル・サウンドを響かせるカスタムショップ製Fat50sを採用。1ランク上の豊潤なサウンドを響かせてくれるだろう。加えて従来の右利き用と同じピックアップ・レイアウト&アーム位置なのもポイントだ

▲演奏性を考え、右腕に当たるトーン・ツマミを排除したマスター・ボリューム&トーンという特別仕様。ポットの配線材はUS製を使用。サウンド面に関して細部にまでこだわった

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Fender / Stratocaster “Seattle”

価格:¥136,080 (税込)

【スペック】
■ボディ:アルダー ■ネック:メイプル ■指板:ローズウッド ■ピックアップ:Custom Shop Pickup Fat 50s×3 ■フレット:21 ■コントロール:マスター・ボリューム、マスター・トーン、5ウェイ・ピックアップ・セレクター ■ブリッジ:シンクロナイズド・トレモロ ■カラー:ブラック ■付属:ソフトケース(ギグバッグ) ■日本製
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS