楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • Martin Club Japan設立30周年企画、2DAYS開催の豪華ライブ・イベント

マーティン・ギターによるグッド・ミュージックをお届けするスペシャル・イベントが開催!

Martin / New Models

今回のMartin Timesは、2019年4月6日(土)と7日(日)に恵比寿ガーデンホールにて開催されるMartin Club Japanの2DAYSライブ・イベント、J-WAVE主催『MARTIN ACOUSTIC LIVE FES Rebirth Tour 2019 SOUNDHOLE UNIVERSE~It's a Beautiful Day~』の見どころを紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Martin-Rebirth-Tour_800px90px.jpg

※4月3日(水)に竹内アンナ、中シゲヲ(ザ・サーフコースターズ)、尾崎裕哉、おおはた雄一、斎藤誠の動画コメントをアップしました!

ゆるやかな雰囲気を満喫!
マーティン・ギター・ファンのためのスペシャル・イベント

 J-WAVE主催『MARTIN ACOUSTIC LIVE FES Rebirth Tour 2019 SOUNDHOLE UNIVERSE~It's a Beautiful Day~』が、恵比寿ガーデンホールにて4月6日(土)と7日(日)の2DAYSで開催される。本イベントはMartin Club Japanの設立30周年企画として、両日ともにマーティン・ギターを愛する豪華なゲスト・ミュージシャンを迎えたスペシャル・アコースティック・ライブがくり広げられる、まさにマーティン・ギターの祭典だ。

昨年のライブの様子。出演者によるセッションもあるかも!?

昨年のRebirth TourでのMartin Guitar Showの様子

今年のNAMM SHOWで発表されたMODERN DELUXEシリーズのD-18

 また、会場ロビーでは両日ともに11時〜17時の間、ビンテージ・ライクなルックスと現代的な技術が融合したMODERN DELUXEシリーズを始めとする2019年NAMM SHOWにて発表されたニュー・モデルや、数多くのマーティン・ギターが展示される「Martin Guitar Show」も開催(なんとこのスペースは入場無料!)。もちろん試奏も可能で、自分に合うギターをチェックできるチャンス! 今後のMartin Timesでは、今回展示される予定のMODERN DELUXEシリーズ4本を斎藤誠氏が試奏予定なので、ひと足お先にそのサウンドを体験したい方は必見だ。さらにマーティン・グッズを購入できたり、参加アーティストによるトークショーも予定しているので、ぜひ会場に足を運んで実際にマーティン・ギターの魅力に触れてみよう。

 ここからは出演者を紹介する。

4月6日(土)

ナビゲーター:レイチェル・チャン(DJ)
ホスト・アーティスト:斎藤誠

竹内アンナ

 1998年4月25日生まれ。アメリカ・ロサンゼルス出身、日本・京都在住。中学1年生でギターを弾き始める。愛器はジョン・メイヤー・モデルのOMJM John Mayer。アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイ・スタイルと、透明感のある歌声が各所で話題になり、2018年3月アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に弱冠19歳で出演した。ジョン・メイヤーやエド・シーランからも影響を受け、スタイリッシュなコード・ワークのカッティングや、ルーパーを駆使した演奏も得意とする。曾田茂一や恒岡章(Hi-STANDARD)といった豪華メンバーがレコーディングに参加した2nd EP『at TWO』が発売中。

YouTube

中シゲヲ(ザ・サーフコースターズ)

 1970年生まれ、神奈川県横須賀市出身。インストゥルメンタル・ロック・バンド、ザ・サーフコースターズのギタリストとして95年にデビュー。バンド活動のほかに映画やCMなどの音楽も手がけているほか、これまでに桑田佳祐、加山雄三、寺内タケシ、ディック・デイル、ベンチャーズなどと共演。中シゲヲと言えば和製ベンチャーズのようなゴキゲンなサーフ・ナンバーを奏でるギタリストだと連想するだろうが、実はどんなジャンルにも対応できる幅の広いプレイ・スタイルが持ち味。アコギを使ってどのようなサウンドを聴かせてくれるのか必見だ。また、今回もイベント・ホストを務める斎藤誠とは、桑田佳祐を支える同じバンド・メンバーという間柄。今回はふたりによるスペシャル・セッションも観られるかもしれない! 最新作はソロ・アルバム『NIPPONエレキ・ビート!! 第1集』。

YouTube

馬場俊英

 1967年3月20日生まれ、埼玉県出身。96年にメジャー・デビューし、これまでに18枚のアルバムをリリース。ストーリー性の高い歌詞と、そこに登場する人物像を生き生きと描写し、メッセージを投げかける楽曲は幅広い世代に支持を得ており、07年には「第58回NHK紅白歌合戦」に出場。毎年数多くのツアーを行ないながら、多くの人の心に響く名曲を生み出し続けている。優しい歌声とマーティン・ギターのサウンドが絡み合ったハーモニーは唯一無二。全曲が豪華アーティストとの共作/共演によるコラボレーション・アルバムステップ・バイ・ステップ』が好評発売中。今年の夏には、ホール・ツアー「馬場俊英 LIVE TOUR 2019 ~ 落書きとマスターピース」が開催される。

YouTube

高野寛

 1964年生まれのシンガー・ソング・ライター、ギタリスト、プロデューサー。88年、高橋幸宏のプロデュースでデビュー。代表曲はトッド・ラングレンのプロデュースによる「虹の都へ」、「ベステンダンク」。昨秋、デビュー30周年を記念したベスト盤『Spectra 〜30th All Time & Collaboration Best〜』を発売した。ソロ活動のほかに、細野晴臣のプロジェクト・バンドである東京シャイネスのサポートを始め、忌野清志郎、中村一義、坂本龍一、クラムボン、SUPER BUTTER DOGなど、数々のアーティストのプロデュースやレコーディングを経験しており、日本のミュージック・シーンをリードしてきたキーマンのひとり。サウンド・プロデューサーならではのマーティン・ギターの鳴らし方に注目してほしい。

YouTube

小倉博和

 1960年生まれ、香川県出身。ギタリスト&アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。94年、桑田佳祐のソロ・アルバム『孤独の太陽』を全編にわたりサポートする。サザンオールスターズ、福山雅治、大貫妙子、槇原敬之を始め、参加したレコーディング&ライブは数知れず。佐橋佳幸とのギター・デュオ、山弦としても活動。ソロ・アルバムを2枚リリースしており、特に2016年の『Summer Guitars』では、エリック・クラプトンの使用で知られる、世界で7本しかない1939年製の000-42を使用しており、極上のアコースティック・サウンドを聴かせてくれる。斎藤誠、中シゲヲとは桑田佳祐をサポートしてきた関係で、この組み合わせが観られるのも本イベントならではだろう。

YouTube

鈴木茂

 1951年生まれ、東京都出身。1969年に大滝詠一、細野晴臣、松本隆を擁する伝説的ロック・バンド「はっぴいえんど」に加入。3枚のアルバムを発表しバンドは解散。それと同時に単身ロサンゼルスへ渡り、ソロ・アルバム『BAND WAGON』を完成させる。ティン・パン・アレーのメンバーとしても数多くのセッション活動を重ね、ソロとしても7枚のアルバムを発表する傍ら、スタジオ・ワーク、ライブ・サポート、アレンジャー、プロデューサーとしても活躍中。一般的に「鈴木茂=マーティン」のイメージがない方も多いと思うのだが、実はD-28や000-45を所有しているマーティン・フォロワーなのだ。スライド/カッティング・マスターがアコギでどのような音色を奏でてくれるのか、今から楽しみである。

YouTube

4月7日(日)

ナビゲーター:レイチェル・チャン(DJ)
ホスト・アーティスト:斎藤誠

Rei

 兵庫県伊丹市出身。卓越したギター・プレイとボーカル・スキルを持つシンガー・ソング・ライター/ギタリスト。幼少期をニューヨークで過ごし、4歳よりクラシック・ギターを始め、5歳でブルースに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。ジョニー・ウィンター、ロバート・ジョンソン、ザ・フーを始め、ベックやハイエイタス・カイヨーテといったポップ、ネオ・ソウルからも影響を受け、それらを昇華したプレイ・スタイルが世界中で注目されている。フィンガー・ピッキングとサム・ピックを用いたアコギ捌きは全ギタリスト必見だろう。2019年2月からは全国10箇所で「Rei Release Tour “Rei of Light”」を開催。最新作は昨年リリースした1stアルバム『REI』。

YouTube

尾崎裕哉

 1989年生まれ、東京都出身。バイリンガル、コンテンポラリー・シンガー・ソング・ライター。最も敬愛するアーティストはジョン・メイヤー。父親(尾崎豊)が遺した音源をくり返し聴き続け歌唱力を磨き、ギターとソングライティングを習得。ライブ・パフォーマンスの経験を重ねながら、バークリー音楽大学の短期プログラムへ参加し、音楽スキルをレベルアップ。愛用しているマーティン・ギターはOM-28Eや000-18Eなどで、優しく力強い歌とともに表現力豊かな演奏に注目が集まる。劇場版アニメ『交響詩編エウレカセブン ハイエボリューション1』の主題歌「Glory Days」を収録した2nd EP『SEIZE THE DAY』が発売中。

YouTube

おおはた雄一

 1975年生まれ、茨城県出身。ブルースやフォークをルーツに持ち、類い希なるギター・スキルを武器に04年デビュー。08年にはジェシー・ハリスをプロデューサーに迎え、ニューヨークのミュージシャンと録音したアルバム『Music From The Magic Shop』を発表し話題となる。ソロのほかに、芳垣安洋と伊賀航とのトリオや、坂本美雨とのユニット「おお雨」、福岡晃子(ex.チャットモンチー)とのユニット「くもゆき」などでも活動。そのほか、映画『ちょき』の劇伴・主題歌、舞台の音楽制作、CM音楽、ナレーションなど、多岐にわたり活躍中。柔らかい歌声とフィンガー・スタイルで奏でるブルース・ギターのアンサンブルを、ぜひとも生で聴いてほしい。最新作は『ギターとピアノで奏でる、13のやすらぎソング。〜ビートルズから始まる、名曲セレクション〜』。

YouTube

曽我部恵一

 サニーデイ・サービスのボーカル&ギター。1995年『若者たち』でアルバム・デビュー。90年代を代表するバンドの1つとして、今なおリスナーのみならず多くのミュージシャンにも影響を与えている。7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出し、00年に惜しまれつつも解散するも、08年7月に奇跡の再結成を遂げた。同時にソロ活動も行なっており、遠藤賢司を彷彿とさせる燃えたぎるコード・ストロークとエネルギッシュな歌声は唯一無二の存在感を誇る。05年頃からマーティン・ギターを手に取り、特に000-28を愛用しているそうで、その相性は抜群。彼がどのようにマーティン・ギターを鳴らすのか、ギタリストのみならず全プレイヤー必見のステージとなることだろう。2018年、ソロ作『ヘブン』を急遽リリース。

YouTube

吉川忠英

 1947年生まれ、東京都出身。1972年、和楽器を取り入れたフォーク・ロック・グループ、EASTのメンバーとして全米デビューを果たす。帰国後アルバム・デビューし、ギタリスト、アレンジャー、プロデューサーとしての活動を開始。アコースティック・ギターの第一人者として、中島みゆき、松任谷由実、大滝詠一など、おもにニュー・ミュージック系のアーティストを中心に数多くのレコーディングやコンサートに参加している。70年代から常に第一線で活躍し続け、日本の音楽シーンを語るうえでは欠かせない重要人物だ。過去には自身のモデルを発売するなど、マーティン・ギターのことを知り尽くした名手。レジェンドの貴重な演奏を、ぜひその目に焼き付けてほしい。自然志向のリラクシング・アルバム『リラックス&スロー〜ナチュラル・スタイル』が発売中。

YouTube

斎藤誠

 1958年生まれ、東京都出身。80年、青山学院在学中より音楽活動をスタート。83年にデビュー・アルバム『LA-LA-LU』をリリースし、以来シンガー・ソング・ライターとして、シングル15枚、ベスト盤含むアルバム13枚をリリース。最新作はシングル「It's A Beautiful Day」。現在はサザンオールスターズ、桑田佳祐のサポート・ギタリストとしても活動している。また、マーティン社とのコラボレーション・イベント「Rebirth Tour」 への参加や、デジマート・マガジンの連載「Martin Times」にも出演するなど、マーティン・ギターのスペシャリストと呼べるギタリストだ。今回イベントのホストも務める彼が、豪華な出演者たちとどのようなセッションをくり広げてくれるのか、大きな見どころのひとつ。

YouTube

 以上、20代から70代まで、日本の音楽の歴史を築いてきた12名のアーティストが出演する。ここまで幅広く日本のミュージック・シーンをひとつなぎに体験できるイベントは、なかなかないのではないだろうか。この機会に、ぜひともマーティン・ギターのサウンドとともに極上の音楽/演奏を楽しんでほしい。

イベント情報

■日時:4月6日(土)、7日(日)
【1部】11:00〜17:00(入場無料)
※参加アーティストによるトークショーも実施される予定。お楽しみに!!!
【2部】Open:15:00 Start:18:00(自由席・整理番号入場)
■会場:恵比寿ガーデンホール
〒153-0062 東京都目黒区三田1−13−2(☎:03-5424-0111)
■料金:【1日チケット】¥4,200(税込)
【2日間チケット】¥7,800(税込)
※一般チケットは各プレイガイドにて発売中!
■問い合わせ:Martin Club Japan事務局(☎:03-5911-3611)

※1部のMartin Guitar Showで「デジマート・マガジンを見て来ました!」とスタッフに言うと、Darcoのアコースティック弦をプレゼント(両日ともに11:00〜17:00のみの交換となります)!

Martin-Rebirth-Tour_800px90px.jpgのサムネイル画像

Martin Times〜It's a Beautiful Day バックナンバーはこちらから!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS