楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • スリム・ボディに本格サウンドを搭載

Casio Privia PX-S3000 デジタル・ピアノ Reviewed by 佐藤 航

Casio / PX-S3000

このエントリーをはてなブックマークに追加

Casio Privia PX-S3000

美しく豊かなグランド・ピアノの音源を搭載したスリムなデジタル・ピアノ

Casio Privia PX-S3000 / 価格:オープン・プライス(市場予想価格:税別79,800円前後)

デジマートでこの商品を探す

 カシオのデジタル・ピアノPriviaシリーズの最新モデル。同社ならではの高密度実装技術により、スピーカーを搭載しながら奥行232mmというデジタル・ピアノとして世界最小※のスリム・ボディを実現している(※ハンマーアクション付きの88鍵盤、スピーカー内蔵の電子ピアノとして。2019年1月25日時点、カシオ調べ)。操作パネルには、LEDによるグラフィカルなタッチセンサーを採用、演奏の邪魔をしないシンプルでスマートなデザインが魅力だ。

 音源には、美しく豊かなグランド・ピアノの音と響きを追求した“マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源”を搭載。打鍵の強弱に応じて音量・音色が滑らかに変化し、繊細な演奏表現が可能となっている。また、グランド・ピアノのようなハンマーの自重によるアクション機構を大幅に小型化した新開発のスマートスケーリングハンマーアクション鍵盤を装備。自然なタッチ感でピアノ・サウンドを楽しめる。サウンドモード(ホールシミュレーター/リバーブ/サラウンド)といった、音に広がりを与えるエフェクトも充実している。

 さらにエレクトリック・ピアノ、オルガンをはじめとする多彩な音色を700種内蔵。幅広いジャンルの自動伴奏が可能な200リズムを内蔵するほか、レイヤー/スプリット機能やアルペジエーター機能を装備し、さまざまな演奏スタイルに対応する。Bluetoothオーディオによるオーディオ再生機能を使って、既存曲に合わせて演奏するといった楽しみ方もできる。専用アプリ“Chordana Play for Piano”を使えば、スマートフォン/タブレットを接続してPX-S3000をコントロール※することが可能(※別売りのUSBケーブルやアダプターが必要)。

LEDタッチセンサーを採用した操作パネルにより、突起のないフラットでスタイリッシュなデザインを実現

演奏表現の幅を広げるピッチベンド・ホイールと、デジタル・エフェクトなどをアサインできるノブを2つ搭載

8W出力のスピーカーからは、コンパクトなボディ・サイズを感じさせない豊かな音場のサウンドをアウトプットする

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Casio / PX-S3000

価格:オープン

【スペック】
●鍵盤:88鍵スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤、タッチレスポンス(5種類、オフ)、88鍵デジタルスケーリング、ハンマーレスポンス、キーオフレスポンス ●音源:マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR、最大同時発音数192、音色数700、レイヤー/スプリット ●アコースティックシミュレーター:ストリングレゾナンス、ダンパーレゾナンス、キーアクションノイズ、ダンパーノイズ(すべて4種類、オフ)●デジタル・エフェクト:サウンドモード(ホールシミュレーター×4、リバーブ×8、サラウンド×2)、コーラス×12、ブリリアンス、DSP(一部の音色に組込み済み+プリセット100種)●その他機能:曲再生機能、MIDIレコーダー、オーディオレコーダー、自動伴奏機能、ミュージックプリセット、アルペジエーター、App接続(Chordana Play for Piano)、Bluetooth Audio、レッスン機能、パートオン/オフ(パート選択:右手/左手)、デュエット機能、オクターブシフト(±2)、メトロノーム機能 ●入出力端子:ヘッドフォン×2、ペダル(ダンパー、3本ペダルユニット)、エクスプレッション/アサイナブル、ライン出力×2(L/MONO、R)、オーディオ入力、USB TO HOST(MIDI通信可能)、USBメモリー ●スピーカー:16cm×8cm×2、8W+8W出力 ●電源:ACアダプター、電池駆動(単三アルカリ×6、連続動作時間 約2時間)●外形寸法:1,322(W)×232(D)×102(H)mm ●重量:11.4kg
【問い合わせ】
カシオ計算機 お客様相談室 TEL:03-5334-4909 https://casio.jp/emi/products/pxs3000/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

佐藤 航(さとう・わたる)
2010年よりソロ・プロジェクト“Gecko”として活動を開始。現在はメランコリックな世界観のピアノ・ソロ楽曲を生み出し、ミニマル・ポストクラシカルの新鋭として活動。バンド編成“Gecko&Tokage Parade”ではジャズ・フュージョン界の新星として注目を浴び、Motion Blue yokohama等での単独公演を成功させている。2018年7月に2ndピアノ・ソロ・アルバム『Innocence』を全国リリース、同年9月には“Gecko with Strings”としてピアノ、バイオリン、チェロから成るトリオ編成の活動も開始した。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS