楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 最先端モデリング技術を搭載した超軽量設計アンプ

VOX / VX15 GT

VOX / VX15 GT

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリーンからハイゲインまで
10種類のアンプ・モデルが楽しめる最先端モデリング・アンプ

 伝統的なブリティッシュ・アンプ・ブランドのVOXから、最新テクノロジーを搭載したモデリング・アンプVX15 GTが登場! 超軽量設計で、さまざまな場所での活躍が期待できるVXシリーズの最新モデルです。

VOX / VX15 GT(Front)

 VX15 GTは往年の名機AC30を始め、クリーン系、ブリティッシュ系、ハイゲイン系までのアンプ・モデリングが10種類と、アコースティック・ギター用のLINE入力を用意し、合計11種類のアンプ・モデルが搭載されています。アンプ・モデルの変更はツマミを回していくだけの簡単操作なので、ギターを片手に任意のサウンドにアクセスできるのはうれしいところ。エフェクターは8種類搭載で、モジュレーション系(コーラス/フランジャー/フェイザー/トレモロ)と、ディレイ/リバーブ(アナログ・ディレイ/テープ・エコー/スプリング・リバーブ/ホール・リバーブ)の2系統を同時に扱うことができます。

VOX / VX15 GT(Control)

 ギターを直で挿して音を出してみましたが、立ち上がりが良く、輪郭のハッキリしたサウンドという印象。最大15W出力なので、自宅での練習時やカフェでのライブなど、小規模なスペースなら十分な音量です。マンションだと15Wをフルに鳴らすのは厳しいかもしれませんので、その場合はパワー・レベル・ツマミで出力を下げましょう。また、最高峰のサウンド・クオリティを誇るモデリング・テクノロジー「VET」を採用することにより、各アンプの個性がより一層力強くなったように感じました。

自宅/スタジオ練習、小規模ライブにまで使える
3.8kgの超軽量設計

 本体は3.8kgという超軽量設計で、ABS製密閉ボディ、バスレフ構造になっているのが特長です。大音量で演奏しても本体の余計な振動や共振/共鳴は感じられなかったので、素直なアンプ・サンドが楽しめるでしょう。

 ギター1本分の重量とほぼ変わらない超軽量のアンプから、驚きのサウンドが飛び出してきました。各アンプ・モデルはより洗練され、サウンドのバランスも良いので自宅の練習機として使うだけではもったいないくらいです。特に操作が簡単で、ツマミを少し触るだけでサウンドが激変していくのがおもしろいところです。クリーン・サウンドからハイゲインまで十分に楽しめるアンプだと思います。ぜひ一度お試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

VOX / VX15 GT

価格:¥17,000 (税別)

【スペック】
●アンプ・モデル数:11(10+LINE) ●エフェクト数:8 ●プリセット/プログラム数:11 ●ユーザー・プログラム数:2(VFS5使用時は8) ●入出力端子:インプット、ヘッドフォン、AUX、フット・スイッチ ●パワー・アンプ出力:最大15W ●スピーカー:6.5インチ(4Ω) ●外形寸法:354(W)×208(D)×313(H)mm ●重量:3.8kg ●付属品:FS2(フット・スイッチ)、VFS5(フット・スイッチ)
【問い合わせ】
コルグお客様相談窓口 TEL:0570-666-569 https://www.voxamps.com/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS