楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • 最新モデルの展示を始め、アーティストによるトークやライブなど盛りだくさんのイベント!

FENDER CUSTOM SHOPのイベント、FENDER CUSTOM SHOP EXPERIENCEが開催決定!

FENDER CUSTOM SHOP

6月15日(土)に「FENDER CUSTOM SHOP EXPERIENCE」が原宿・表参道エリアで開催決定。FENDER CUSTOM SHOP製の最新ギター約200本の展示に加え、アーティストが所有するFENDER CUSTOM SHOP製の実器コレクションを間近で見られる展示会場(ラフォーレミュージアム原宿)と、アーティストによるトークやライブが行なわれるステージ会場(表参道ヒルズ スペース オー)の2会場に分かれている。ここではイベントの詳細を解説しよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

190517_fender_010.jpg

5/29(水)追記
岸谷香と春畑道哉(TUBE)が展示会場のトーク・イベントに出演決定!
J(LUNA SEA)の実器展示やイベント限定グッズの販売も!

 今回、展示会場の特設ステージに岸谷香と春畑道哉の出演が決定。自身が所有しているFENDER CUSTOM SHOP製のギターを持参し、そのギターとの出会いやエピソード、お気に入りのポイントなど、自身の音楽やギターについてを語る。また、新たにエンドース契約が発表された J(LUNA SEA)のプレシジョン・ベースの展示が決定しているほか、展示会場のタイム・スケジュールも発表された。

 ここでしか買うことのできないFENDER CUSTOM SHOPのTシャツ、オリジナル・タンブラー、トートバッグといったスペシャル・グッズも限定販売。さらに来場者は会場に並ぶ約200本の最新ギターの中から、気に入ったギターをオンラインで試奏予約することができる。予約された方にはその場でオリジナル・ピックをプレゼント(詳しくは当日に会場でお問い合わせください)!

一流プロ・ギタリストのこだわりに触れられるチャンス!
FENDER CUSTOM SHOPが贈るスペシャル・イベント

 FENDER CUSTOM SHOP EXPERIENCEのステージ会場(表参道ヒルズ スペース オー)には、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、新藤晴一(ポルノグラフィティ)、長岡亮介(ペトロールズ)の出演が決定しており、アメリカ本国から来日するカスタムショップのシニアマスタービルダーであるトッド・クラウスとジョン・クルーズに、彼ら自身の思い描く「最高の1本」をカスタム・オーダーするというトーク・イベントが予定されている。

昨年のイベントの様子。今回は最新モデル約200本に加え、アーティストが所有するFENDER CUSTOM SHOP製の実器コレクションの展示も予定されている

 また、ラフォーレミュージアム原宿で行なわれる展示会場ではFENDER CUSTOM SHOP製の最新ギターに加え、ステージ会場にも出演するINORAN(LUNA SEA)、Ken(L'Arc〜en〜Ciel)、斎藤宏介、新藤晴一を始め、岸谷香、Char、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、春畑道哉(TUBE)、水野良樹(いきものがかり)、MIYAVI、山内総一郎(フジファブリック)といったアーティストが所有している貴重な実器コレクションが登場! 数々のライブやレコーディングで使用され、アーティストの息遣いや歴史が刻み込まれたギター/ベースを間近で見ることができる。

 今回ステージ会場(表参道ヒルズ スペース オー)への出演が決定したINORANとKenは、自身が所有するFENDER CUSTOM SHOP製のギターを手に登壇予定。トーク・セッションでは、ふたりのギターや音楽への想い、こだわりといったさまざまなエピソードを掘り下げるほか、INORAN率いるバンドにKenがスペシャル・ゲストとして参加し、ここでしか見ることのできない贅沢なライブをくり広げる。両者が織り成す圧巻のパフォーマンスと、FENDER CUSTOM SHOP製のギターで奏でる最高峰のサウンドを堪能できる贅沢な時間を存分に堪能しよう。

イベントの詳細はこちら!

2019年6月15日(土)イベント情報

展示会場(ラフォーレミュージアム原宿

 約200本のFENDER CUSTOM SHOP製の最新ギターに加え、アーティストがステージで使用してきた実器コレクションも展示。スペシャル・グッズの販売や、ジョン・クルーズ、トッド・クラウスによるワーク・ショップ、岸谷香と春畑道哉のトーク・イベントも実施予定。

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階

実器展示アーティスト
INORAN(LUNA SEA)、岸谷香、Ken(L'Arc〜en〜Ciel)、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、J(LUNE SEA)、新藤晴一(ポルノグラフィティ)、Char、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、春畑道哉(TUBE)、水野良樹(いきものがかり)、MIYAVI 、山内総一郎(フジファブリック)

【トーク出演アーティスト】
岸谷香、春畑道哉(TUBE)

【ステージ会場スケジュール】
・11:00〜
 開場

・12:00〜
Talk Show| Michiya Haruhata(トーク/30分)
 春畑道哉が自身のFENDER CUSTOM SHOP製ギターと音楽についてのエピソードを語ります。

・14:00〜
Setup Workshop | Todd Krause(トーク/45分)
 シニアマスタービルダーのトッド・クラウスが自身のこだわりのセットアップを披露します。

・15:30〜
Talk Show| Kaori Kishitani(トーク/30分)
 岸谷香が自身のFENDER CUSTOM SHOP製ギターと音楽についてのエピソードを語ります。

・17:30〜
Setup Workshop | John Cruz(トーク/45分)
 シニアマスタービルダーのジョン・クルーズが自身のこだわりのセットアップを披露します。

・19:00〜
Special Photo Session | Todd Krause & John Cruz(トーク/45分)
シニアマスタービルダーのジョン・クルーズとトッド・クラウスと一緒にステージで写真撮影できます。

※展示会場について整理券の配布予定はありませんが、入場者が定員を超えた場合、入場制限がかかる場合があります。

ステージ会場(表参道ヒルズ スペース オー

 アーティストがFENDER CUSTOM SHOPのシニアマスタービルダーに、自身の思い描く「最高の1本」をオーダーするトーク・イベントのほか、フェンダーのエンドーサーであるアーティストによるライブが行なわれます。

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館B3F

出演者
INORAN(LUNA SEA)、Ken(L'Arc〜en〜Ciel)、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、新藤晴一(ポルノグラフィティ)、長岡亮介(ペトロールズ)

ステージ会場スケジュール
・11:40〜
Opening Ceremony
Experience #1 Custom Order | Haruichi Shindo (トーク/45分)
 新藤晴一が⽬指す「最高の1本」を実現するべく、シニアマスタービルダーのトッド・クラウスにオーダーします(※Experience #1は12:00から開始を予定しています)。

・14:30〜
Experience #2 Custom Order | Kosuke Saito(トーク/45分)
 斎藤宏介が⽬指す「最高の1本」を実現するべく、シニアマスタービルダーのジョン・クルーズにオーダーします。

・17:00〜
Experience #3 Custom Order | Ryosuke Nagaoka(トーク/45分)
 長岡亮介が⽬指す「最高の1本」を実現するべく、シニアマスタービルダーのトッド・クラウスにオーダーします。

・20:00〜
Experience #4 The Show | INORAN、Ken(トーク&ライブ/60分)
 INORANとKen、それぞれのFENDER CUSTOM SHOPで奏でる一夜限りのスペシャル・ライブ。

※Opening Ceremonyを含む各イベントの入場時間は、各イベントの開始30分前からを予定しております。
ステージ会場へは整理券(無料)をお持ちの方から優先的に入場となります。
当日は混雑が予想されますので、なるべく事前に整理券をお求めの上、ご来場ください。
また、当日の整理券配布については追ってホームページ上でお知らせします。

190517_fender_010.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 ここからは出演ギタリストと、来日するFENDER CUSTOM SHOPのシニアマスタービルダーを紹介する。

INORAN(LUNA SEA)

 国内にとどまらず、世界に活動の場を広げるLUNA SEAのギタリスト。1997年よりソロ活動を開始。FEEDERのベーシストTAKA HIROSEとの共作「Hide and Seek」(2011年発売)でオリコン・ウィークリー・チャート初登場10位を記録。FAKE?のメンバーとしての活動や、香港ではガンズ・アンド・ローゼズのオープニング・アクトを務めたり、LUNA SEAの河村隆一らと結成したTourbillonでは日本武道館でデビュー・ライブを飾るなど、精力的な音楽活動を展開した。そのほか、2008年には映画やファッションショーでの楽曲提供及びモデル参加など、活動の場を拡げている。2010年にフェンダー社とのエンドースメント契約を締結し、これまでに3本のシグネイチャーを発売している。

Ken(L'Arc〜en〜Ciel)

 L'Arc〜en〜Cielのギタリストとして1994年にデビュー。昨年末にはバンド史上初となるクリスマス・ライブを東京ドームで開催。ストラトキャスターから多種多様な音⾊を響かせている。2002年より活動を始めたSONS OF ALL PUSSYSではボーカル&ギターを担い、2006年からKenとしてソロ名義でもシングル2枚、アルバム2枚、DVDをリリース。近年では、さまざまなバンドの楽曲をプロデュースするなど、多方⾯に活躍の場を広げている。

斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)

 実力派スリーピース・ロック・バンド、UNISON SQUARE GARDENのボーカル&ギター。類い稀なるハイトーン・ボイスと攻撃的なギター・プレイで、東京スカパラダイスオーケストラやSKY-HIとの共演、自主企画「SK's Session」開催など、活躍の場を広げている。バンド結成15周年を迎える2019年7月には、B⾯集ベスト・アルバム『Bee side Sea side 〜B-side Collection Album〜』、トリビュート・アルバム『Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜』のリリースと、結成15周年記念ライブ「プログラム15th」を7月27日(土)大阪・舞洲スポーツアイランド太陽の広場特設会場にて開催する。

新藤晴一(ポルノグラフィティ)

 1999年、ポルノグラフィティのギタリストとして「アポロ」でメジャー・デビュー。 その後「ミュージック・アワー」、「サウダージ」、「アゲハ蝶」、「オー!リバル」などヒット曲をリリース。メジャー・デビュー満20年を迎える今年、10年ぶりとなる東京ドーム・ライブ「20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ‘19〜神vs神〜”」2daysの開催を控える。

長岡亮介

 神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動のほかに楽曲提供、プロデュースなど活動は多岐にわたる。ペトロールズの歌とギター担当。

岸谷香

 1996年プリンセス プリンセスを解散。1997年、ソロ活動をスタートし、2001年に奥居香から岸谷香に改名。2012年には東日本大震災復興支援のため、プリンセス プリンセスを再結成。2014年にソロ活動を本格的にスタートし、ソロ・ベスト・アルバム『The Best and More』を発売。その後ツアーやアルバム・リリースを経て、2017年に50th ANNIVERSARY LIVE を行ない、企画ミニ・アルバム『Dialogue〜涙の理由〜』をリリース。同年夏からKAORI PARADISE 2017「ぶらりひとり旅」で全国22公演ライブ・ツアーを行なった。精力的に音楽活動を続ける中、2018年1月に待望のバンド・サウンドでのミニ・アルバム『Unlock the girls』をリリース。

春畑道哉(TUBE)

 1966年11月5日生まれ。東京都町田市出身。1985年、TUBEのギタリストとして「ベストセラー・サマー」でデビュー。以降「シーズン・イン・ザ・サン」、「SUMMER DREAM」、「あー夏休み」などの“夏ソング”を中心に数々のヒットチューンを連発し、バンドの地位を確立する。1987年からはソロ活動もスタート。1993年のJリーグ開幕に合わせて発表したオフィシャル・テーマ・ソング「J'S THEME(Jのテーマ)」を昨年の25周年の節目に再レコーディング&リアレンジ。2019年3月リリースの最新作『Continue』含め、14枚のアルバム(ミニ・アルバム、ベスト含む)をリリースしている。

ジョン・クルーズ

 フェンダーの最高峰の職人でシニアマスタービルダーのひとり。1987年にフェンダーに入社した彼は、1993年にカスタムショップに招かれ、2003年にマスタービルダーとなった。ジョンのカスタム・ギターに対する情熱は、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの「Number One」レプリカをはじめ、ジェフ・ベックの「Esquire Relic」、イングヴェイ・マルムスティーンの「Play Loud」ストラトキャスター、ジョン・メイヤーの「Limited Edition Black 1 Stratocaster」、ゲイリー・ムーアの1961年製フィエスタ・レッド・ストラトキャスターなど、カスタムショップを代表するさまざまな作品に惜しみなく投入されている。

トッド・クラウス

 フェンダーの最高峰の職人でシニアマスタービルダーのひとり。ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、デヴィッド・ギルモア、ロビー・ロバートソン、ケニー・ウェイン・シェパード、ロビン・トロワー、ロジャー・ウォーターズを始めとする、世界のトップ・アーティストたちの楽器を数多く手がけてきた、カスタムショップを代表するマスタービルダー。トッドが手がけた作品は、いずれも「デザインで最も重要なのはフォルムと機能。サウンドの良さはもちろん、手に取った瞬間に湧き上がってくるフィーリングが重要だ。ロックンロールの楽器である以上、ルックスはこのうえなくカッコ良くあるべきだし、見た者に弾かせたくなるような衝動を与えなくてはいけない」という彼の哲学が反映されており、カスタムショップ作品の中でも独自のポジションを確立している。

190517_fender_010.jpgのサムネイル画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

FENDER CUSTOM SHOP / Guitar & Bass

【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 https://fender.co.jp
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS