楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • プレイアビリティに優れた万能セミアコ

Landscape / SE-01N

Landscape / SE-01N

このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまなタイプの弦が張れる
新タイプのエレアコが登場!

 ライブや宅録など、さまざまな環境下でその真価を発揮する、今までになかった発想とサウンドが詰まったLandscapeのエレアコ、SE-01Nをご紹介していきます。今回はギター本体から直接オーディオ・インターフェースにつなぎ、ライン録りのサウンドでSE-01Nの実力をじっくりと検証していきたいと思います。

 まず木材ですが、ネックはマホガニーとメイプルの3プライ仕様。ボディはマホガニー・バックに加えて、トップはフレイム・メイプルとソリッド・スプルースの組み合わせで、アコースティック・ギターの鳴りを作り込んでいます。特に贅沢に使用されている分厚いスプルース材は、このギターのサウンドの核となる素材と言えるでしょう。

 SE-01Nの一番のポイントは、ブリッジにピエゾ・ピックアップ入りのチューン・オー・マティックを搭載しているところです。これにより、ガット弦、スティール弦、エレキ・ギター弦を好みで張ることができ、さまざまなサウンドを楽しむことが可能です。そして弦高の高さや、オクターブ・チューニングの調整もできるので、ピッチ感の安定したガット・ギター/アコースティック・ギターとして、ライブやレコーディングで重宝すること間違いありません。さらに、1弦から6弦の音を個別に拾うピエゾのおかげで各弦がクリアに聴こえ、細かいニュアンスが出しやすくなったり、ハッキリとした粒立ちで演奏することもできます。

 コントロールはボリューム・ツマミに加え、低音、中音、高音をコントロールする3バンドEQが装備されています。演奏中でも各ツマミに素早くアクセスすることができるので、演奏性がかなり高いと言えるでしょう。さらに指にもフィットする形状/材質なので、安定した操作が可能になります。

 ガット、スティール、エレキ・ギターのサウンドが出せるという、1台3役の今までになかった発想のモデルでした。今回はガット弦を張って試奏してみましたが、かなり生々しいアコースティック・サウンドが録れたと思います。強く弾いたり、弱く弾いたり、指やピックでもプレイしてみましたが、細かいニュアンスが音楽的に出力されて、プレイヤーの思った通りの音色がダイレクトに出てくる印象でした。演奏ジャンルは制限されることなく、どんなジャンルにでも対応できるポテンシャルがあり、バッキング、リードどちらも楽しめることでしょう。ぜひ実際に触っていただき、そのサウンドを体感してほしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Landscape / SE-01N

価格:¥245,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:Solid Spruce curved top covered Flame maple、Mahogany back / Hollow Chamber construction、Original sound hole ●ネック:Mahogany+ Maple 3ply / Set-Neck ●指板:Ebony wood ●フレット数:22Frets / 25.00″ scale ●ペグ:Gotoh SE700/QM. 1:15 Landscape original ●ブリッジ:FISHMAN Tune-O-Matic Powerbridge ●コントロール:Master volume / 3-Band EQ ●付属品:Bag
【問い合わせ】
フックアップ TEL:03-6240-1213 https://hookup.co.jp/products/landscape/se-01-n
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS