楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【Jim Dunlop/Authentic Hendrix '69 Psych Series】ジミヘンの愛機を小型再現!

Jim Dunlop / JHW1 FUZZ FACE

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jim Dunlopより、ジミ・ヘンドリックスに使用された中でも、もっとも象徴的なエフェクターをモチーフとした4モデルがミニ筐体で限定発売される。Authentic Hendrix '69 Psych Seriesは、デザイン・アワードを総なめしているイギリスのデザイナー・グループ“ILOVEDUST(アイラヴダスト)”がアートワークを担当。ミニ筐体ながら、強烈にサイケデリックな存在感を持ったデザインも魅力だ。

 「HHW1 FUZZ FACE」は、2つの異なる味付けのジミヘン・ファズ・サウンドを内蔵。デフォルト・モードでは、ジミがキャリアの後半で使用した攻撃的なシリコン・ベースのクランチ・サウンド。SI/GEスイッチを押すと、初期に使用していた温かく滑らかなゲルマニウム・ベースのファズ・サウンドが得られる。また、デフォルトでバッファード・バイパスになっているため、ワウ・ペダルとの相性も抜群だ。バッファー・スイッチを切り替えてトゥルーバイパスで使用することも可能。

JHW1 FUZZ FACE

 「JHW2 OCTAVIO」は、「OCTAVIO FUZZ」の回路を現代的にアップデート。デフォルト・モードでは非常に攻撃的なシリコンのサウンド。オクターブ・スイッチを押すと、「雨に望めば(One Rainy Wish)」や「紫のけむり(Purple Haze)」などで聴くことのできる、クラシックなオクターブ・アップのファズ・サウンドに切り替わる。

JHW2 OCTAVIO

 バンド・オブ・ジプシーズのアルバムで聴くことのできるコーラスやレズリー・サウンドは、ジミが1969年から1970年にかけて使用していた「UNI-VIBE CHORUS/VIBRATO」によるもので、それをミニ筐体で再現したのが「JHW3 UNI-VIBE」だ。コントロールは、デプス/スピード/レベルに加え、バイブ・スイッチを装備している。

JHW3 UNI-VIBE

 「JHW4 GYPSYS FUZZ」は、1969年から1970年の間にジミが使用した、白ノブを纏った赤い「Fuzz Face Distortion」をベースとしたペダル。攻撃的で食いつきの良い唯一無二のファズ・サウンドを創出する。コントロールは、ファズとアウトプットに加え、トーン・ノブを追加装備し、より柔軟なサウンドメイクを実現している。以上4機種とも専用DC9Vアダプター付属で、発売は2019年秋を予定。

JHW4 GYPSYS FUZZ

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Jim Dunlop / JHW1 FUZZ FACE

価格:オープン

【問い合わせ】
モリダイラ楽器 TEL:03-3862-5041 http://moridaira.jp
デジマートでこの商品を探す

Jim Dunlop / JHW2 OCTAVIO

価格:オープン

【問い合わせ】
モリダイラ楽器 TEL:03-3862-5041 http://moridaira.jp
デジマートでこの商品を探す

Jim Dunlop / JHW3 UNI-VIBE

価格:オープン

【問い合わせ】
モリダイラ楽器 TEL:03-3862-5041 http://moridaira.jp
デジマートでこの商品を探す

Jim Dunlop / JHW4 GYPSYS FUZZ

価格:オープン

【問い合わせ】
モリダイラ楽器 TEL:03-3862-5041 http://moridaira.jp
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS