楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • 唯一無二の高級天然杢に目を奪われる

HISTORY 25周年記念限定モデル3本を宮脇俊郎が徹底試奏!

HISTORY HG-LS/25th HG-SE/25th HG-TE/25th

ブランド設立25周年を迎えたHISTORYが、限定の記念モデルを発表した。天然の高級木材をボディ・トップにあしらった、いずれもスペシャル感溢れるエレキ・ギター3モデル、ベース2モデルで、各12本のみという少数限定生産となっている。今回は、そのなかからエレキ・ギター3モデルを紹介する。試奏者に“教則本、教則DVDのカリスマ”宮脇俊郎氏を迎え、それぞれの特徴、サウンドなどの詳細をみていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

HISTORY 25周年記念限定モデル3本を宮脇俊郎が徹底試奏!

ホンジュラス・マホガニーが豊かなサウンドを生み出す
HISTORY HG-LS/25th

HISTORY HG-LS/25th / 価格:388,800円(税込)

デジマートでこの商品を探す

 今回のアニバーサリー・モデルは、高級感溢れる貴重な木材をトップに使用し、その質感をリアルに伝えるナチュラル仕上げ、高級感溢れるハードウェアで統一されているのが特徴だ。そしてアニバーサリー・モデルのベースとなるHGシリーズは、ビンテージ・スタイルのHSシリーズとは異なり、より現代的な仕様となっている。

 このHG-LS/25thには、ボディ・トップにスポルテッド・メイプル、ボディ・バックおよびネックには貴重なホンジュラス・マホガニーが使用されている。トップのスポルテッド・メイプルは、もちろん天然の木材。そのためわずか12本の生産量であっても1本1本表情が異なり、“世界に1本の、自分だけのギターを所有する喜び”を高めてくれる。ホンジュラス・マホガニーの豊かなサウンドは、LPタイプが好きな方ならご存知の通り、まるで管楽器のように膨らみながら伸びるサステイン、艶やかな中域は、この材によるところが大きい。

 ピックアップには、やや出力を抑えたアルニコ2を採用したオリジナル・モデルを搭載。良質な材の鳴りを活かした自然なサウンドを生み出す。トーン・ノブをプッシュ/プルすることでコイルタップとなり、よりきらびやかなサウンドになる点も見逃せない。そして、ピックアップ・カバーやブリッジ、ノブなどのゴールド・パーツと、色の濃い良質なローズウッド指板に映えるアバロンのポジション・マークが、より一層高級感を高めている。

 コントロール周りの電装パーツは定評のあるU.S.A.製で固められ、サウンド面でも耐久性の面でも安心して使えるものになっている。さらに、HISTORYならではの「弾きやすさの追求」は、このモデルにおいても徹底されている。ヒールレス・ディープ・ジョイント、オーバーフレット・バインディング、そして専任のセットアッパーにより手作業で仕上げられたナットにより、初心者でも弾きやすく、プロの現場でも即戦力となる高い演奏性を実現している。

スポルテッド・メイプル独特の質感と、フレイム状の杢目が両方ともよく出ている

妖艶なアバロン貝のインレイ。通常のLPタイプであればこの貝の艶やかさに負けてしまうが、ゴージャスな25thモデルにはとてもよく合う

通常位置でハムバッカー、ノブを引くとコイルタップとなるトーン・コントロール。宮脇氏も絶賛するサウンド・バリエーションの広さを実現している

Miyawaki's impression

 ナチュラル仕上げのLPタイプというのがとても新鮮ですね! 弾いてみると、ネックの鳴りが“クンッ”と左手に響くんですね。この感じはネック材のチョイス(ホンジュラス・マホガニー)が適切なんだろうと思いました。音の芯が広がっていく感覚で、これならアンプを通した時に音も膨らむだろうなぁというのが最初の印象です。そして、実際にアンプを通してみたら、実に心地良い中域が鳴っていましたね。サステインにともなって、倍音も変化していくような豊かな音、“クォーン”という伸びがたまらないです。

 タップ・スイッチが付いているのもサウンドの幅が広がって良いですし、僕好みのオーバーフレット・バインディングになっているのもありがたいですね。1弦を指板の端まで大きくビブラートをかけても弦落ちすることがありませんし、ギリギリまで攻められる感じです。しっかりとしたネックの握りも、手のひらが大きな僕にとってはしっくりくる、とても良い感触でした。

取り回しの良いディンキー・スタイル・ボディを採用した多機能モデル
HISTORY HG-SE/25th

HISTORY HG-SE/25th / 価格:345,600円(税込)

デジマートでこの商品を探す

 HG-SE/25thは、ボディのトップ材にバックアイ・バールを用いたSTタイプのモデル。杢目の美しさと高級感溢れるゴールド・パーツが相まって、25周年記念モデルにふさわしいルックスとなっている。ボディ・バックはライト・アッシュ、そしてネックにはヘリテイジウッド・ハード・メイプル(湖から引き揚げて乾燥させた本物のビンテージ材)を使用。見た目だけではなく、鳴りの良さにもこだわっていることがわかる。指板はローズウッドだ。

 基本的な仕様は、25周年記念モデルらしくモダンで、現代の音楽シーンにおいて扱いやすいものとなっている。ボディ・シェイプはいわゆるディンキー・スタイルで、ピックアップはネックPU/ミドルPUがアルニコ5マグネットを仕様したオリジナルのシングル・コイル、ブリッジPUはよりパワフルなサウンドを狙ったセラミック・マグネットのオリジナル・ハムバッカーの、いわゆるSSHレイアウト。PUがボディに直付けされている点もポイントだ。

 2点止めのブリッジ、トラディショナルな見た目ながらロック式のペグはともに信頼の高いGOTOH製。精緻に仕上げられたナットやCFS(サークル・フレッティング・システム:フレットを円弧状に打つことで、すべての弦・ポジションにおいてより正確な弦長を実現する技術。HG 25thモデル共通)との相乗効果で、ピッチの安定感は抜群だ。

 250〜350mmRのコンパウンド・ラディアス、ファスト・アクション・ジョイントなど、弾きやすさについても十分に考え抜かれている。電装パーツもHG-LS/25th同様に定評のあるU.S.A.製でまとめられ、外観、音、弾きやすさのすべての面で隙がない仕上がりとなっている。

雄ジカ(Buck)の目(Eye)に似ていることから名付けられたという、バックアイ・バールの杢目。その個性的な仕上がりは、1本1本異なる

ヘッド裏の様子。表から見るとシンプルだが、ペグがロック式になっていることがわかる。リアル・ビンテージ・ウッドであることを示すHeritage Woodの文字にも注目!

ファスト・アクション・ジョイントのプレートに25thの刻印が映える。プレートは1弦側が短く、6弦側が長くなっているのがわかるだろうか? それにより、高域の弾きやすさと十分な低域を確保している

Miyawaki's impression

 これは、なんでもいけるオールマイティなギターですね。アッシュ・バックにバックアイ・バールのトップという組み合わせも、見た目、音の両面でアリだなと感じました。音については、申し分のないSSHのSTサウンドです。ロック系の方に合うのはもちろん、フュージョン系の方にも合うと思います。僕は20代の頃はアーミングを多用していて今は基本的に封印しているのですが、このモデルではアームも試してみたところ、非常にスムースですね。作りの良さがこうしたところにも表れているなと感じました。

 そして、ボディ・トップの肘が当たる部分、コンターのところですね、ここに黒いラインが入っているんですけど、これは塗装じゃなくてエボニーをトップとバックの間に挟むことでできたラインなんです。これによって見た目がグッと引き締まりますよね。塗装で済ませてもよかったのに、ひと手間かけたことで非常に良いアクセントになっています。個人的なお気に入りポイントです!

ボディ・バランスの良さと心地良い生鳴りを満喫
HISTORY HG-TE/25th

HISTORY HG-TE/25th / 価格:324,000円(税込)

デジマートでこの商品を探す

 いわゆるTLタイプのHG-TE/25thは、ボディ・トップに杢目の美しいハート・メイプル(メイプルの芯に近い部分)を使用し、さらにウッディな仕上げを存分に楽しむため、ピックガードや金属製のコントロール・プレートを排したルックスが特徴だ。ボディ・バックにはライト・アッシュ、ネック材にはHG-SE/25th同様リアル・ビンテージ材のヘリテイジウッド・ハード・メイプルを使用し、心地良い生鳴りを満喫できる。本器も指板はローズウッドだ。

 ピックアップには、アルニコ2マグネットのオリジナル・ピックアップを採用。このピックアップが秀逸で、材の鳴りと相まって、TLタイプらしい明るく乾いた音色を生み出す。HG-SE/25th同様のコンパウンド・ラディアス、CFS、カサ付きの22フレット仕様、ファスト・アクション・ジョイント、オースドックスなTLタイプとは異なるコントロールの配置やボディに入れられたコンターなど、随所にモダン・ギターらしい仕上げが見られる。こうしたことの組み合わせにより、正確で安定したピッチや、ほかに類を見ない弾きやすさを実現している。

 電装パーツの選定も、シリーズのほかの機種同様にU.S.A.製をものを使用している点、ネック・グリップの心地良さなどにも触れておきたいが、やはりなんといっても特筆すべきはナットの処理の巧みさ。ロー・コードを弾いた時のピッチの良さや、押さえやすさ、疲れにくさは格別で、プロの道具としてはもちろん、できれば初心者に体感してもらいたい見事な仕上げだ。

豊かな表情を見せるハート・メイプルの杢目。ブリッジの横の部分は右手が当たらないよう加工されている

通常のTLタイプの低音側は17フレット・ジョイントだが、本器は16フレット・ジョイントで、少しボディに深く入っている。ジョイント裏はHG-SE/25th同様、低音側が長いプレートで止められている。このわずかな違いが絶妙なロー・サウンドを生む

本器のボディ裏にはコンターが掘られており、身体へのフィット感の向上、ボディの軽量化に一役買っている

Miyawaki's impression

 これは良いギターですよ! 持った瞬間にボディ・バランス、ネックのグリップ感など、すぐに良いなと感じました。かなり軽量なんですが、この軽さなのにパキパキになり過ぎず、しっかりした中域〜低域があって、弾いていて気持ちが良かったですよ。

 それと、TLタイプなのにこれだけネック・ピックアップが使えるモデルも珍しいと思います。基本的にHISTORYのピックアップはとても素直なので、これも材の選定や組み合わせによるところが大きいのかなと思います。

 とにかく、持った瞬間から良いなと感じ、実際に音をアンプから出してみてもその感覚は変わらなかったですね。個人的に、とても気に入ったギターです。

総評

 今回、25周年記念限定モデルを3本弾かせていただきましたが、どれも魅力的なギターでした。共通しているのは、ウッディでありながらゴージャスさもある外観と、どれも一見トラディショナルに見えながら実は冒険をしていて、それでいて音のまとまりも非常に良いという点です。

 例えばアッシュ・バックにメイプル・トップの組み合わせとか、HG-TE/25thの右手が当たらないようカットされたブリッジだとか、いろいろと新しいことや、ほかではあまり見られないことをやっているんですね。それが単なる冒険ではなく、極めて良いバランスに仕上がっているところが素晴らしいと感じました。それは、音にも表れていますよね。

 それから、ナットやフレットの仕上げは半端なく良いですよ! 正直、スペックに表れているところ以上に、こういったところがポイントなんじゃないかと感じました。見た目が違うのは一目瞭然なのですが、こういうところは見ただけではわからないと思います。

 今回の25周年記念モデルはどれも「本当に良いギター、でも人とは少し違うギターが欲しい」という方に、ぜひお勧めしたいと思います。

関連記事

HISTORY HS-LC&HS-LSを宮脇俊郎が徹底試奏!

feature_history_hs-lc_ls_main.jpg

HISTORY HS-SV&HS-SV/Mを宮脇俊郎が徹底試奏!

feature_history_hs-sv_main.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

HISTORY / HG-LS/25th

価格:¥388,800 (税込)

【スペック】
●ボディ:スポルテッド・メイプル(トップ)、ホンジュラス・マホガニー2P(バック) ●ネック:ホンジュラス・マホガニー1P ●指板:ローズウッド ●スケール:628mm ●フレット:22、CFS(サークル・フレッティング・システム) ●ピックアップ:Original Vintage Humbucker(ネック&ブリッジ) ●コントロール:2ボリューム、2トーン(コイル・タップ)、3ウェイ・トグル・スイッチ ●ブリッジ:GOTOH GE104B ●テイルピース:GOTOH GE101A ●ペグ:GOTOH SD90-SL ●カラー:NAT(ナチュラル)
【問い合わせ】
島村楽器商品開発事業部 TEL:03-3613-4160 https://www.shimamura.co.jp/originalbrand/history/
デジマートでこの商品を探す

HISTORY / HG-SE/25th

価格:¥345,600 (税込)

【スペック】
●ボディ:バックアイ・バール(トップ)、ライト・アッシュ2P(バック) ●ネック:ヘリテイジウッド・ハード・メイプル1P ●指板:ローズウッド ●スケール:648mm ●フレット:22、CFS(サークル・フレッティング・システム) ●ピックアップ:Original Vintage Single Type-S(ネック&ミドル)、Original Modern Humbucker(ブリッジ) ●コントロール:1ボリューム、1ミニ・スイッチ(コイル・タップ)、1トーン、5ウェイ・レバー・スイッチ ●ブリッジ:GOTOH 510TS-BS1 ●ペグ:GOTOH SD91-05M/MGT ●カラー:NAT(ナチュラル)
【問い合わせ】
島村楽器商品開発事業部 TEL:03-3613-4160 https://www.shimamura.co.jp/originalbrand/history/
デジマートでこの商品を探す

HISTORY / HG-TE/25th

価格:¥324,000 (税込)

【スペック】
●ボディ:ハート・メイプル2P(トップ)、ライト・アッシュ2P(バック) ●ネック:ヘリテイジウッド・ハード・メイプル1P ●指板:ローズウッド ●スケール:648mm ●フレット:22、CFS(サークル・フレッティング・システム) ●ピックアップ:Original Vintage Single Type-T(ネック&ブリッジ) ●コントロール:1ボリューム、1トーン、3ウェイ・レバー・スイッチ ●ブリッジ:GOTOH Ti-TC1S(Titanium Saddle) ●ペグ:GOTOH SD91-05M ●カラー:NAT(ナチュラル)
【問い合わせ】
島村楽器商品開発事業部 TEL:03-3613-4160 https://www.shimamura.co.jp/originalbrand/history/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

宮脇俊郎(みやわき・としろう)
1965年生まれ。兵庫県出身。ビートルズで音楽に目覚め、ギターを手にする。東京学芸大学卒業後にギタリストとしての活動をスタートし、1999年より自ら主宰するギター・スクールを立ち上げる。これまでに多数のギター教則本&DVDのほかに「ポピュラー・ピアノ入門」、「なるほどベース理論ゼミナール」など、ギター以外の教則本も制作。近年は台湾、中国北京・蘇州・上海でライブ&セミナー、デモ演奏を開催するなど海外の活動にも力を入れている。2017年7月より、世田谷区下北沢にギター教室を移転。エレキ・ギター、アコースティック・ギター、ベース、音楽理論、ピアノ弾き語りなどのレッスンを実施中。2018年からはオンライン・レッスン「宮脇俊郎オンラインアドリブ塾」を開講している。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS