楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • アッシュ・ボディのSNAPPERに、木肌の魅力を生かした新色が登場!

ESP / SNAPPER-AS DriftWood Series

ESP / SNAPPER-AS DriftWood Series

このエントリーをはてなブックマークに追加

 安定した演奏性を追求し、多彩なカラーリングやシグネチャー・モデルをラインナップするESP SNAPPER。そのサウンド・バリエーションの豊富さから、アマチュア〜プロ・ミュージシャンまで幅広く支持されている人気モデルです。今回、SNAPPERのアッシュ・モデル、SNAPPER-ASに新たなフィニッシュを採用した「DriftWoodシリーズ」が加わりました。そのスペックやサウンドなど、細かいところまでチェックしていきたいと思います。

※動画で試奏しているローズウッド指板は受注生産のオプション扱いとなり、メイプル指板が標準となります。

SNAPPER-AS DriftWood Series(Indigo Purple w/Blue Filler)

デジマートでこの商品を探す

(Indigo Purple w/Blue Filler)

(Black w/Blue Filler)

(Burner Satin)

木のぬくもりを感じる新塗装を採用
演奏性とサウンドへのこだわりが詰まったDriftWoodシリーズ

 「DriftWood」とは“流木”を意味しますが、木の持つ素朴感や温かさ、そして強さを感じさせてくれるような木肌を生かしたフィニッシュがネーミングの由来です。その塗装面は、ボディの鳴りを最大限に生かすため極薄に仕上げられているのがDriftWoodシリーズの特徴ですが、そのほかにも、プレイヤビリティを追求したSNAPPERではお馴染みのESP独自技術が採用されています。

 まずネック・ジョイント部には、チタン削り出しのネック・プレートを5点止めして剛性を高めた「T-5 Ultimate Access」を採用、演奏性の向上とロング・サステインを実現しています。またブリッジ/トレモロ・ユニットには、アーミングの使いやすさに定評があるESPオリジナルの「FLICKER-III」を搭載し、チューニングの安定性にも貢献しています。ちなみにブリッジは、工場出荷時はべた付けですが、フローティング設定も可能となっています。

 ヘッドの加工に採用されている「CTシステム(コントロールド・テンション・システム)」は、ヘッドに適度な角度を付け、リテーナーを使わずよりしっかりした1、2弦の鳴りを得られる仕組みですが、実際に演奏してみると、その効果を十分に体感できるものでした。1、2弦の鳴りがやや明るい印象があり、ほかの弦と同様に音の伸び、減衰の滑らかさがありました。各弦のテンションが均等になっていて、コード・プレイ、ソロ・プレイのどちらでも弾きやすさを感じられます。

 コントロールには、ピックアップ設定を切り替える「ミックス・バリエーション・スイッチ」を搭載しており、“ノーマル・モード”のほかに“スペシャル・モード”が選択可能です。ブリッジ側のハムバッカー・ピックアップをシングルコイルとして稼働させるブリッジ・スプリットを使用すると、より多彩なサウンド・バリエーションが楽しめます。特にスペシャル・モードの3シングル(ネック+ミドル+ブリッジ・スプリット)設定は、音の立ち上がり、抜け・太さともに抜群です。

 さらに、トーン・コントロールに搭載された「キャパシター・セレクト・スイッチ」をプッシュ/プッシュ・アップすることで、2種類の値の異なるキャパシター(プッシュ=0.047μF、プッシュ・アップ=0.01μF)を切り替えることができ、トーンを絞った際の音抜けや音の帯域が変化します。これは、レコーディングなどでほんの少しだけキャラクターを変えたいときや、トーンの効き具合を調整したいときに使える、かなり便利な機能です。

ジョイント部をチタン削り出しのネック・プレートで5点止めすることにより飛躍的に剛性を高めている

ストリング・リテイナーを使用しない「CTシステム」は、ヘッドに適度な角度を付けることで1〜2弦のテンションが適切に保たれる

木目の凹凸が直接手に伝わるDriftWoodシリーズのボディ表面。極薄塗装の美しさも際立っている

トータル・インプレッション

 「T-5 Ultimate Access」のハイ・ポジションの弾きやすさ、ネックとボディの剛性感やサステインの伸びはとても素晴らしいと感じました。また、ヘッドの「CTシステム」とブリッジ「FLICKER-III」の組み合わせにより、チューニングの安定感や、1弦から6弦までバラつきのない音色とテンション感を実感できました。サウンド・バリエーションがとても豊富なので、ライブやレコーディングはもちろん、多彩な音色を求められるバンドのなかでも、本器は十分に威力を発揮するでしょう。そして、木目の魅力を最大限に引き出したDriftWoodシリーズのフィニッシュには、ひとつとして同じものはないので、気に入った1本を見つけるのも本器を選ぶ際の楽しみと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

ESP / SNAPPER-AS DriftWood Series

【スペック】
●ボディ:スワンプ・アッシュ ●ネック:ハード・メイプル ●指板:ハード・メイプル(試奏モデルのローズウッド指板は受注生産) ●ブリッジ:フリッカーⅢ ●フレット数:22 ●ピックアップ:Seymour Duncan STK-S7(フロント&センター)、Seymour Duncan TB-16(リア) ●コントロール:マスター・ボリューム、マスター・トーン(兼キャパシター選択スイッチ)、5ウェイ・ピックアップ・セレクター、ミックス・バリエーション・スイッチ ●ペグ:ゴトーSG360-07 MG-T ●カラー:インディゴ・パープル w/ブルー・フィラー(試奏モデル)、ブラック w/ブルー・フィラー ●オプション:オリジナル・ハードケース
【問い合わせ】
イー・エス・ピー営業本部 TEL:049-274-3810 http://www.espguitars.co.jp
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS