楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【TOKYO EFFECTOR/BOH DISTORTION 龍之栖 -Ryu No Sumika-】完全現場対応ペダル

TOKYO EFFECTOR / BOH DISTORTION 龍之栖 -Ryu No Sumika-

このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフェクター専門店、東京エフェクターが展開するブランド“TOKYO EFFECTOR”より、神バンドのベーシストとしても知られるBOHの理想のサウンドを100%実現したという、完全現場対応型の2chディストーションが発売されることになった。

 「BOH DISTORTION 龍之栖 -Ryu No Sumika-」は、BOHが求める理想のサウンドを実現すべく、長い製作期間をかけてブラッシュアップ。単なるシグネチャー・モデルの枠組みを超えた、プロユースの高品質を誇るモデルに仕上がっている。ブースターを備えたAチャンネルと、単体動作も可能なBチャンネルの2ch構成となっており、どちらのチャンネルもクリーン・レベルとディストーション・レベルを独立してコントロール可能。特にクリーン・サウンドはBOHが求める水準を満たしており、ベースから出力された原音を正確に再生するという。そのサウンドとのミックスのために設計されたディストーションとのコンビネーションが、唯一無二かつ変幻自在なサウンドを生み出す。ディストーションは、歪み量を変えても音程感やピッキング・ニュアンスが損なわれない点が特徴だ。

 Aチャンネルは本機の心臓部で、ディストーション・サウンドはもちろん、常時オンのプリアンプとしても使用可能(実際BOHは、すべての現場でプリアンプとして使用しているとのこと)。そしてAch Boostは、音量が大きくなるわけではなく、ツマミをフルにして使用する前提で、ハーモニクス成分をブーストするという特殊な設計。これにより、フィードバック奏法や超ロング・サステインなどの演奏も実現可能だ。さらに、クリーンとディストーションそれぞれにセンド/リターンを搭載しているため、クリーン・サウンド(原音)のみにコンプレッサーやオクターバーなどをかけたり、ディストーション・サウンド(エフェクト音)のみに空間系エフェクトをかけるといった、通常の直列接続とはまったく異なるアプローチが可能だ(接続は別売のインサーション・ケーブルを使用)。Bチャンネルは、単体での動作が可能な独立したドライブ・チャンネルだが、Aチャンネルのブースト用としての使用も重視されている。この点もBOHならではのニーズによって生まれた特徴で、原音に忠実なクリーン・ブースターとしてはもちろん、良質なドライブ・サウンドを生かして微妙な歪み感を含んだブーストとしても使用できる。

 受注生産品で、予約は9月27日(金)より受付中。順次、生産~出荷されるということで、初回生産分の出荷は10月中旬〜下旬頃を予定している。世界を股にかけて活躍するベーシストが納得したサウンドと機能をぜひ体感してほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

TOKYO EFFECTOR / BOH DISTORTION 龍之栖 -Ryu No Sumika-

価格:¥98,000 (税別)

【発売日】
2019/9/27
【スペック】
●コントロール:Ach=CLEAN LEVEL, DIST LEVEL, TONE, GAIN, Ach BOOST, Achオン/オフ・スイッチ, Ach BOOSTオン/オフ・スイッチ Bch=CLEAN LEVEL, DIST LEVEL, TONE, GAIN, Bchオン/オフ・スイッチ●入出力端子:IN/OUT, Ach CLEAN LOOP, Ach DIST LOOP(Ring=SEND/Tip=RETURN)●電源:9VDCセンター・マイナス●外形寸法:205(W)×108(D)×56(H)mm
【問い合わせ】
東京エフェクター TEL:03-6339-6713 https://tokyo-effector.jp
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS