楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 野外イベントにも最適な高出力のポータブルPAシステム

DJ-Tech / FPX-G12BTE

DJ-Tech / FPX-G12BTE

このエントリーをはてなブックマークに追加

運搬も楽々!
幅広い用途に対応するポータブルPAシステム

 DJ-TechのFPX-G12BTEは、野外/ストリート・ライブを始め、運動会などの学校行事、宣伝活動などの野外イベント、さらには結婚式の余興など、さまざまなシチュエーションで使用できるポータブルPAシステム。本体の出力は80Wあるので、中規模サイズのイベントでも十分な音量が得られるようになっています。2本のマイク入力と、イコライザー、エコー、ステレオのLINE IN/OUTも装備しており、幅広い用途にも対応。また、高い可搬性を実現する格納式キャリング・ハンドルとホイールが本体に装備されているため、運搬がかなり楽に感じると思います。今回はアコースティック・ギターとエレキ・ギターをFPX-G12BTEに接続してサウンド・チェックをしてみました。

DJ-Tech / FPX-G12BTE(Front)

DJ-Tech / FPX-G12BTE(Back)

 まずはドライ・サウンド(ギターを直接スピーカーに挿した状態)を試してみましたが、かなり素直な出音だったと思います。楽器が持つ素の音さえしっかりしていればライブなどでも十分に対応できるサウンドだと感じました。そして、Bluetooth接続でスマホからカラオケ音源を流しギターも同時に弾いてみましたが、カラオケとギターのボリュームが独立しているので、楽にバランスを取ることができます。カラオケ音源の再生や音量調節などはFPX-G12BTE本体/スマホ側のどちらでも操作ができるので、扱いやすい印象でした。

 操作性に関しては、ツマミが最小限に抑えられているのでかなり扱いやすく感じます。機器の扱いに慣れていない方でも十分に操作が可能です。そして、80Wと出力がかなりパワフルなので、余裕を持った音量感が保てるのは素晴らしいです。パワーが足りないとどうしてもフル・ボリュームにしがちで、そうしてしまうと音が割れてしまったり、筐体自体が鳴ってしまったりと音響バランスが崩れますが、FPX-G12BTEは十分ゆとりのあるサウンドが楽しめるでしょう。12インチのウーファー・スピーカーと、1インチのツイーター・スピーカーの分離も心地良く、離れた場所でもキレイに音が混ざって聴こえるのもポイントです。

 また、バッテリー内蔵で最大8時間駆動が可能なので、電源が使えない、もしくは確保するのが大変な野外ではかなり助かることでしょう。ちなみにエレキ・ギターを使用する場合、エフェクターを電池で駆動させたり、充電式のパワーサプライなどを使用すればバッテリー・フリーで演奏ができてしまうので、こちらもオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

DJ-Tech / FPX-G12BTE

【スペック】
●スピーカー:2ウェイ、1インチ・ツイーター+12インチ・ウーファー ●最大出力:80W ●コントロール:Bluetooth/MP3/ライン・イン・ボリューム、ベース、トレブル、エコー、マイク ●入出力端子:マイク・イン×2、USB、ステレオ・ライン入力、ステレオ・ライン出力●内蔵充電バッテリー(鉛蓄電池:18V4.5Ah):最大約8時間の連続駆動可能(充電状況/使用状況により変わります) ●電源仕様:22.5V/2.5A専用ACアダプター付属 ●消費電力:56W ●外形寸法:390(W)× 356(D)× 646(H)mm ●本体重量:14.5kg
【問い合わせ】
フックアップ TEL:03-6240-1213 https://hookup.co.jp/products/dj-tech/fpx
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS