楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • プロが語る愛用のボス・ペダル、この1台。

俺のボス Vol.04 / 仲道良(ircle)

BOSS / JB-2

プロ・ギタリストが愛用するBOSSコンパクト・エフェクターの魅力をアツく語ってもらう連載。第4回目はircleの仲道良。

このエントリーをはてなブックマークに追加

bnr_BOSSLP_201910.png

JB-2
必ずいい音が出るポイントがある。

【セッティング解説】仲道は基本的にBOSSモードを選択し、REMOTE端子でJHSとBOSSを切り替えている。LEVEL、TONEは両方とも12時近辺で、DRIVEはJHSを9時、BOSSを10時に設定し、“右手のニュアンスが残る”程度に歪ませている

※JB-2は通常黒ネジ仕様ですが、写真の個体は銀ネジに交換されています。

 もともとBOSSもJHS Pedalsも大好きなんですよ。で、JB-2の情報が出た時に、“BOSSのBD-2とJHSのAngry Charlieを融合させたペダルなら間違いない”と思って初期ロットを入手しました。でも、ネジだけは銀ネジに交換しましたね。

 普段は2チャンネルのアンプをクリーンとクランチに分けて使っているんですが、このJB-2はよりディストーションさせたい時に踏むことが多いです。BOSSモードはBD-2よりも元気がいい音がする感じがして、個人的には通常のものより扱いやすいですね。新譜の『Cosmic City』で言うと「ただでさえ君が」のソロはこれで録ってます。音をグッと前面に出してくれるので、アンサンブルの中で音の強さを残しつつ、抜けさせたい時に重宝しますね。

 JHSモードはBOSSモードよりもダークな音のイメージで、より攻めたい時に選んでいます。レガートもキレイにつながるし、レスポンスが良いので、パッセージの速いフレーズをしっかり表現できますね。「ばいばい」という曲のイントロのフレーズはJHSモードを使っています。

 あとは、アンプのクリーン・チャンネルでPUをフロントにして、ギター本体のボリュームを少し下げてストロークすることがあって、その時にBOSSモードを使うと、ジャリジャリした良い音がするんですよ。その質感が好きで、ライブでも「瞬」という曲の1番のAメロはそれで弾いています。

 JB-2ってツマミ次第で音色がけっこう変わるのも大きな魅力で。アンプで歪ませる人でも、クリーンの人でもツマミをいじると、“必ずいい音が出るポイントがある”ということが最大の特徴だと思います。

デジマートでこの商品を探す

bnr_BOSSLP_201910.png

ギター・マガジン 2019年12月号 11月13日発売!

GR1911 cover_2_ol.jpg 本記事は、11月13日(水)に発売されるリットーミュージック刊『ギター・マガジン 2019年12月号』にも掲載されます。本号の表紙巻頭はフェンダー・アンプ! 1940年代のビンテージ・アンプから2019年製の現行機種まで、Charによる最新モデルの試奏や、フェンダー・アンプ愛用者のインタビューなどをとおし、その魅力を大特集。そのほか、福山雅治やカネコアヤノ&林宏敏のインタビュー、マニック・ストリート・プリーチャーズのライブ機材なども掲載。ぜひチェックしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

BOSS / JB-2

価格:オープン

【スペック】
●コントロール:MODE、DRIVE、TONE、LEVEL ●入出力端子:インプット、アウトプット、リモート ●電源:9V アダプター、9V電池 ●外形寸法:73(W)×129(D)×59(H)mm ●重量:440g
【問い合わせ】
ローランドお客様相談センター TEL:050-3101-2555 https://www.boss.info/jp/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS