楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 名曲完コピ倶楽部 Vol.2

【名曲完コピ倶楽部】レイ・ハラカミ「OWARI NO KISETSU(終りの季節)」を完コピしてみた

音源モジュール

歴史的名曲のバック・トラックを、電子楽器やソフトウェアなどで完コピする連載「名曲完コピ倶楽部」。今回は音楽ユニット“ナナビット”で活動中のトガワヒカリ氏によるレイ・ハラカミ「OWARI NO KISETSU」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加


緻密で繊細な電子音が美しい
レイ・ハラカミ「OWARI NO KISETSU」を完コピしてみた

 ※音楽SNSアプリ“nana”にアップロードしています。なお、1コーラス分が90秒に収まるようにイントロを一部カットしています。

 ドリーミーなテクノ・トラックを数多く残した故レイ・ハラカミ。DTM用マルチ音源Roland SC-88ProとDTMソフトOpcode EZ Visionを駆使して音を紡ぐその手腕は、半ば伝説と化している。アルバム『[lust]』収録の「OWARI NO KISETSU」は、細野晴臣の名曲『終りの季節』のカバー。原曲の印象とはまったく違う斬新なアレンジと、自身によるボーカルで話題となった。その後、矢野顕子とのユニット“yanokami"のアルバム『yanokami』には矢野の歌唱による同曲が収録されている。

ポイント解説

 ハラカミ氏は2003年にリリースされたアルバム『[lust]』以降、「サンプラーなどの音源には頼らずSC-88Proのみで楽曲を作っていた」とインタビューなどで語っていましたが、今となってはその制作過程を見ることは叶いません……。そこで氏の楽曲をSC-88proだけで再現することは、検証という意味でも価値があるのではないかと思い、代表曲「Owari no kisetsu」の完コピを試みることにしました。

Roland SC-88Pro

デジマートでこの商品を探す

 ハラカミ氏の曲がSC-88proだけでできているなんて信じられない!という声をよく聴きますが、実際SC-88proのプリセットに触れると聴き覚えのあるサウンドが意外と簡単に出せることが分かります。音色はアタック/リリース/カットオフ/レゾナンス/ピッチ・モジュレーションなどが調整でき、コーラス/ディレイ/リバーブに加えて1系統のインサーション・エフェクトが使えるため、外部機材に頼らなくても十分な音作り可能です。

EZ-Visionの代替としてMIDIシーケンサー・ソフトdominoを使用

 では実際に作成したトラックを見てもらいましょう。今回は、たかぼー氏が制作したフリーのMIDIシーケンサー・ソフト「domino」を使用しました。

MIDIシーケンサー・ソフトdominoで打ち込んだ「OWARI NO KISETSU」のトラック画面

 トラック数はそれほど多くありません。実際にはもっと隠れた音があるのかもしれませんが、これくらいで「似てる」感は出せているかと思います。データ容量も35KB程度と大変軽いです。

 この曲の完コピは、全体の音のバランスを確認しながら進めないと難しそうだったので、2小節くらいずつに区切って聴き取り、全パートを打ち込んだら次の小節へ進むという作業を繰り返していきました。この楽曲は途中に変拍子が入ったりしますが、オンビートなので拍がズレたままでもかまわず作業しました。

使用した音色やエフェクトのパラメーター設定

 音源もエフェクトもすべてコンピューターで再現できる最近の制作環境では、DAWのプロジェクト・ファイルを保存すれば簡単にトータル・リコールすることができます。しかし、SC-88Proのようなハードウェア音源がDTMのメインで活躍していた頃は、シーケンサーにプログラム・チェンジ、コントロール・チェンジを打ち込んで音色設定や切り替えを行なうのが一般的でした。ここでは今回使用した音色やエフェクトのパラメーターについて紹介します。

エフェクト:PAN DELAY4

 ハラカミ氏のあの独特のダブ感を与えるディレイとしてPAN DELAY4を使用しました。適度なディレイ・タイムとフィードバック値を設定しています。

PAN DELAYの設定

トラック1:E.Piano1

 曲全体で使用しているエレピの音色です。イントロ部分は、イメージする和音を分解して再構築したところ、割とうまくいったという感触が得られました。ディレイもMIDIで書いています。原曲の音色に近づけるためにエフェクトやエンベロープの設定などを微調整しています。

この曲の象徴するE.Piano1のトラック画面の一部。ベロシティの強弱で擬似的にディレイをシミュレーションしているのが分かる

トラック1:E.Piano1の音色設定

トラック2:Gamlan Gong

 これもハラカミ氏が好んで使っていた音色です。スロー・アタック、そして少し遅れてピッチ・モジュレーション。リバーブとコーラスで広げています。

トラック2:Gamlan Gongの音色設定

トラック3:St.Pizzicato

 ベース的な役割も兼ねる音色です。後述しますが、ベースとしては低音が足りない気がしたので別トラックでサイン波的な音色をオクターブ下で同時に鳴らしています。

トラック3:St.Pizzicatoの音色設定

トラック4:Wurly

 裏打ちのアナログ・シンセのフィルターで作ったような音は、ウーリッツァーの音色でカットオフ&レゾナンスを調整してみました。

トラック4:Wurlyの音色設定

トラック5:Wurly

 エレキ・ギターのような音色を、再びウーリツァーの音色で再現。スロー・アタックにして、インサーション・エフェクトでオーバードライブをかけています。

トラック5:Wurlyの音色設定。インサーション・エフェクトでオーバードライブを設定している

トラック6:CR-78(1)

 ピッチ・ベンドで音程を下げて、さらにローファイ感を出すためカットオフで高域を少しカットしています。

トラック6:CR-78(1)の音色設定

トラック7:CR-78(2)

 SC-88Proはドラムが2系統使えるので、ディレイをかけたいシンバル系の音色をこちらのトラックに集約します。冒頭でトラックをドラム・モード2に切り替えて、ディレイを設定しています。

トラック6:CR-78(2)の音色設定

トラック8:White Noise

 途中で派手に入る残響ですが、ホワイト・ノイズで残響風の効果を出してみました。アタックやリリースを良いあんばいになるように調整してコーラスやリバーブで広げました。

トラック8:White Noiseの音色設定

トラック9:2600 Sine

 ベースのサブ・ハーモニックです。コピーしたトラック3のノートを1オクターブ下げているだけですが効果があります。音量バランスは聴きながら調整しています。

トラック9:2600 Sineの音色設定

録音について

 ちなみに私が使用しているのは、SC-88PROからディスプレイやボタンを省いたSC-88ST PROというモデルです。できあがったトラックは、SC-88ST PROからハンディ・レコーダーZOOM H4nへダイレクトに録音しました。MIDIインターフェイスはMOTU Micro Liteを使用しています。

制作に使用したRoland SC-88ST PRO、MOTU micro lite、ZOOM H4n

 録音したデータはDAWに読み込んでモノラル設定を行ない、レベル・メーターTBProAudio mvMeter 2(フリー・プラグイン)でレベルを確認しながら付属のEQ、サチュレーション、そしてマスタリング用マキシマイザー・プラグインDOTEC-AUDIO DeeMMaxを使って音を決めていきます。

DOTEC-AUDIO DeeMMaxを使って音圧を最終調整した

DOTEC-AUDIO DeeMMax

デジマートでこの商品を探す

 以上でトラックが完成しました。作業してみて、やはりハラカミ氏の音楽のカギは音の配列にあったように思いました。オリジナルどおり再現しようとするなら、とにかく正確に音を聴き取ることに尽きます。完コピにはオリジナルの楽曲制作やリミックスなどとはまた違った楽しみがあると思いますので、みなさんもぜひ挑戦してください。

名曲完コピ倶楽部

第1回 a-ha「テイク・オン・ミー」を完コピしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

音源モジュール

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS