楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • The NAMM Show 2020で発表されたカスタムショップ製品の一部を速報レポート!

【Fender/NAMM2020】Fender Custom Shop Products News

Fender Custom Shop / NAMM Show 2020 New Model

NAMM2020の前日、同会場にてフェンダーカスタムショップのショーケース・イベントが開催された。ここでは展示の一部を紹介していこう。日本に入荷するモデルもあるので要チェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FenderNAMM2020_468x60_v2.png

Vintage Customシリーズ

Time Machineシリーズ

Artist Modelシリーズ

Limited Editionでは70周年記念のブロードキャスターが製作された

Artisanシリーズ

ユーリ・シスコフが製作したCoronation Startocaster。インペリアル・イースター・エッグからインスパイアを受けたそうだ

Masterbuiltシリーズ

同じくMasterbuiltシリーズ

Masterbuilt Prestigeシリーズ

同じくMasterbuilt Prestigeシリーズ

Fender Custom Shop
AAAA Flame Maple Top 1960 Stratocaster NOS Cobalt Blue Trans
by Todd Krause

 「ONE OF A KIND!!!(唯一無二)」という解説が加えられていたこちらは、トッド・クラウスが製作した1本。ボディはコバルト・ブルー・トランスというカラーで、なんと4Aクラスのフレイム・メイプルをボディ・トップに採用している。インパクト大のトラ目のネックにはロースト加工が施されており、太くて甘いサウンドを放出。本器はギタープラネットが落札した。

Fender Custom Shop
AAAA Flame Maple Top 1960 Stratocaster Relic Trans Blue
by Kyle McMillin

 三木楽器が落札したカイル・マクミリンの作品で、60年製のストラトキャスターをもとに製作。ボディ材はアッシュと4Aクラスのメイプル・トップを組み合わせている。カラーはトランス・ブルーという深い青色だ。ネックも3Aクラスのフレイム・メイプルを使用しているとのことで、かなり贅沢な仕様のギターだと言えるだろう。

Fender Custom Shop
Thinline Tele Bass Relic Nocaster Blonde
by Kyle McMillin

 こちらも三木楽器が落札し、カイル・マクミリンが製作したベース。シンライン・テレキャスターを土台にし、ノーキャスター時代のブロンド・カラーを採用した珍しいコンセプトの1本に仕上がっている。ボディは2ピースのアッシュ、ネックは柾目のメイプルという材構成。

Fender Custom Shop
AAAA Quilted Maple Top Stratocaster NOS
Caribbean Blue Stain w/ Cobalt Blue Burst
by Dale Wilson

 4Aクラスの最高級キルテッド・メイプルをボディ・トップに採用したストラトキャスターで、本器はデイル・ウィルソンが製作したもの。カラーはカリビアン・ブルー・サテンとコバルト・ブルー・バーストをミックスしおり、キルテッド・メイプルと相まって、まるで海のような美しいルックスになっている。こちらはイシバシ楽器が落札。

Fender Custom Shop
1962 Jazz Bass Heavey Relic Olympic White Over 3TSB
by Dale Wilson

 オリンピック・ホワイトの下から3トーン・サンバーストが顔を覗かせるマルチ・レイヤー仕様、そしてヘヴィ・レリック加工がシブい62年モデルのジャズ・ベース。本器もデイル・ウィルソンが手掛けたもので、イケベ楽器が落札した。ピックアップにはハンドワウンドのビンテージ・ジャズ・ベース・ピックアップを搭載。

Fender Custom Shop
68 Telecaster Bass Heavy Relic Olive Drab/Pink Paisley
by Vincent Van Trigt

 ヴィンセント・ヴァン・トリグトが製作した本器は、68年のテレキャスター・ベースのスペックをもとにボディには珍しいオリーブ・ドラブ・カラーを採用。そして下地にはピンクのペイズリー柄を施しており、さらにヘヴィ・レリックで貫禄たっぷりに仕上げている。こちらは三木楽器に入荷予定。

Fender Custom Shop
Cocobolo Top PJ Bass NOS Tobacco
by Vincent Van Trigt

 こちらもヴィンセント・ヴァン・トリグトが手掛けたPJベースで、三木楽器が落札した個体。ボディ材は2ピースのセレクト・マホガニーに加え、トップには美しい杢目が印象的なココボロが使われた珍しい仕様となっている。ネックは3Aクラスのバーズ・アイ・メイプルを採用。

Fender Custom Shop
1955 Precision Bass Heavy Relic Nocaster Blonde
by Vincent Van Trigt

 同じくヴィンセント・ヴァン・トリグトの作品で、55年のプレシジョン・ベースを再現。柾目のメイプル・ネックも55年のソフトVシェイプを採用しており、無骨なトーンを生み出す。まるで長年弾き込まれてきたかのようなヘヴィ・レリックは、ビンテージ・ファンも唸る見事な仕上がりだ。本器はイケベ楽器が落札。

Fender Custom Shop
George Harrison “Rocky” Stratocaster

 ソニック・ブルーの61年製ストラトキャスターにサイケデリックなペイントを施したジョージ・ハリスンのRocky。なんと今回、ポール・ウォーラーの製作により全世界100本限定で再現モデルがリリースされることが発表された。フェンダー・ブースではジョージが60年代に傾倒していたインド宗教の要素を盛り込んだセットが組まれており、これにはファンも大喜び。

FenderNAMM2020_468x60_v2.png

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Fender Custom Shop / NAMM Show 2020 New Model

【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://www.fender.co.jp
デジマートでこの商品を探す

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS